ColdFusion では、ColdFusion の開発者により良い開発エクスペリエンスを提供するための様々な言語の機能強化が加えられています。ColdFusion 11 の主な CFML 言語の機能強化には、新しい言語コンストラクト、タグサポートの拡張、スクリプト関数の強化、新しい操作のサポートがあります。

このドキュメントでは、ColdFusion 11 で行われた言語の機能強化と変更の概要について説明します。

タグのスクリプトサポート

タグのスクリプトサポート」を参照してください。

タグのスクリプトサポート

スクリプトのカスタムタグの使用

スクリプトのカスタムタグの使用」を参照してください。

ColdFusion 関数としての Query タグ

QueryExecute」を参照してください。

JSON シリアル化

JSON シリアル化を使用すると、ColdFusion データを JavaScript Object Notation(JSON)表現に変換できます。この機能は ColdFusion 8 で使用できるようになりました。

SerializeJSON」を参照してください。

JSON シリアル化の向上

データ構造のメンバー関数

メンバー関数の使用」を参照してください。

エルビス演算子(?:)のサポート

エルビス演算子」を参照してください。

ArrayEach でコールバック関数に配列インデックスを渡す

現在、ColdFusion では、コールバック関数にオブジェクトを渡すことができます。ColdFusion 11 以降では、コールバック関数に配列のインデックスを渡すことができるようになりました。「ArrayEach」を参照してください。

ListEach のサポート

ListEach という新しい関数が導入されました。 「ListEach」を参照してください。

QueryGetRow のサポート

QueryGetRow という新しい関数が導入されました。 「QueryGetRow」を参照してください。

ビルトイン関数の優先

優等生としてのビルトイン関数」を参照してください。

ColdFusion Splendor での言語の機能強化 - ビルトイン CF 関数の優先へのプロモーション

データベースクエリーのサポート

現在サーバーサイド CFML コードで使用しているのと同じように、クライアントサイド CFML で <cfquery> タグを使用し始めることができます。このリリースでは一部の <cfquery> 機能はサポートされないことに注意してください。

モバイルアプリケーション開発」を参照してください。

cfimport ベースの接頭辞のカスタムタグのスクリプトサポートが追加されました。そのため、スクリプトブロック内で接頭辞ベースのカスタムタグを問題なく使用できるようになりました。

test.cfm
<cfscript>
  cfimport(taglib=" ../importFolder/" prefix="myTags");
  myTags:customTag();
</cfscript>

customTag.cfm
<cfoutput > Output from custom tag </cfoutput>

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー