説明

List オブジェクトのすべての要素を反復処理し、2 番目の引数として渡される UDF 関数を呼び出すことができます。

戻り値

なし

カテゴリ

リスト関数

関数のシンタックス

ListEach(String str, UDFMethod function [, String delim, boolean includeEmptyFields])

パラメータ

パラメータ

説明

str

入力リストオブジェクト。

function

UDF またはクロージャオブジェクト。

delim 使用するリスト区切り文字。デフォルト値はカンマ(,)です。
includeEmptyFields boolean 値。空のフィールドを許可するかどうかを指定します。デフォルトは false です。

例 1

<cfscript>

empArray = ["awdhesh", "kumar", "agrawal"];
listS = "'awdhesh', 'kumar', 'agrawal'";

ArrayEach(empArray, xclosure);
ListEach(listS, xclosure);

function xclosure(empname, index)
{
writeOutput(empName & " at index: " & index);
}
</cfscript>

また、元の配列をクロージャ関数に渡すこともできます。 そのため、次のコードも、有効なコードです。

...
function xclosure(empname, index, empArray)
{
 
}
...

例 2

<cfscript>

cityList = "San Jose,New york, Boston, Las Vegas";

function printCity(String city)
{
writeOutput("<br>Current city: " & city);
}

ListEach(cityList ,printCity);

</cfscript>

  

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー