Adobe Creative Cloud の製品インストーラーはその動作をログファイルに記録します。 インストール時にエラーメッセージが表示される場合は、アドビサポートページを検索して解決策を参照してください。 エラーメッセージが表示されない場合は、ログファイルを確認してインストール中に特定のエラーが発生したかを判断します。

Creative Cloud インストーラーは、製品をダウンロード、抽出、およびインストールしている間に 3 つの異なるログファイルを作成します。

  • dlm log には、ダウンロード時に発生するエラーが記録されます。
  • PDapp log には、インストールの最初の数分間に発生するエラーが記録されます。
  • 主要な製品インストールログには、インストール時に発生するエラーが記録されます。

以下の手順に従って、これらのログファイルごとに、開く方法と読む方法を説明します。

注意:

注意:

開始場所 Creative Cloud インストーラーはインストールの間にダウンロード、抽出、およびインストールの 3 段階のプロセスを繰り返します。 インストーラーでは、ダウンロードするファイルの抽出の際に、製品名の横に「抽出」という語が表示されます。ダウンロードおよびインストールのプロセス中は進捗バーが表示されます。「抽出」と表示される前にエラーが発生する場合は、.dlm ログをチェックして開始します。このログにはダウンロードエラーが記録されます。インストールの終わり近くでエラーが発生する場合は、製品のログファイルをチェックして開始する方法もあります。ただし、この 3 段階のプロセスはインストールプロセス中に複数回繰り返されることもあるため、エラーについて 3 つのログファイルをすべてチェックするのが最も安全です。

サイレントインストールまたは展開インストールのトラブルシューティング (管理者のみ)

サイレントインストールまたは展開インストールに関する問題をトラブルシューティングする場合、インストールが失敗した場合はクライアントマシンに関するインストールログを参照し、パッケージがエラーでビルドされた場合は Creative Cloud Packager ビルドログを参照してください。サイレントインストールの場合、エラーメッセージが記録されるのはこのログファイルのみです。 サイレントインストールまたは展開インストールのトラブルシューティング(管理者のみ)を参照してください。

Creative Suite のインストールのトラブルシューティング

Creative Suite のログを開いて読む手順の詳細については、ログファイルを利用し、インストール問題を解決する | CS を参照してください。

ダウンロードエラーに関する dlm ログの分析

Creative Cloud デスクトップアプリケーションは、インストールファイルをダウンロードしてから抽出とインストールを行います。 ダウンロード中に発生するエラーは dlm.log ファイルに記録されます。

注意:

ダウンロード問題の最もよくある原因は、ダウンロード処理をブロックするファイアウォールまたはプロキシです。 サポート対象のプロキシサーバーとその設定の詳細については、Creative Cloud 製品のプロキシサーバーを参照してください。

  1. dlm.log ファイルに移動します。

    • Windows: \Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Temp\AdobeDownload\
    • Mac OS: /Users/<ユーザー名>/Library/Logs/AdobeDownload/

    注意:

    Mac OS でライブラリフォルダーが表示されない場合は、オプションキーを押したまま、Finder の移動メニューをクリックします。 ライブラリフォルダーはホームフォルダーの下にリストされます。

  2. Notepad (Windows)または TextEdit (Mac OS)を使用してログファイルを開きます。

    注意:

    Mac OS の場合、デフォルトでは、ログファイルはコンソールに開きます。 Command+A キーを押してテキスト全体を選択し、それをテキストエディターにコピー&ペーストしてから作業を進めてください。

    Dlm.log には、インストール動作が順番に記録されています。 ログの各行は日時で始まっており、インストールが行われた日時がわかります。それぞれのインストール動作はビルドバージョン番号で始まっています。 例:

    04/04/16 07:52:59:342 | [INFO] | | | | | | | 692044 | GDE Version is 9.0.0.5 (BuildVersion: 6.0; BuildDate: Wed Aug 05 2015 03:31:05)

    注意:

    dlm.log ファイルが特に長くて読み難い場合は、ファイルを削除し、製品を再インストールして新しい dlm.log ファイルを生成できます。

  3. ファイルの末尾にカーソルを移動し、一度は ERROR について、さらにもう一度 FATAL について、ファイルを後方検索します。

    インストールを試行するたびに、ログファイルの末尾にログ記録が追加されます。 ファイルの末尾から検索を始めて、後方検索することで、まず最新のエラーを見つけて対処できます。

    注意:

    大文字小文字を区別する」を選択し、ERROR または FATAL とすべて大文字で入力して、それぞれの新しいエラーメッセージにすばやく移動します。「error」または「fatal」の他のインスタンスはスキップします。

    ログの各行はデータとタイムスタンプで始まり、これに応答と番号が続きます。この情報のいずれもエラーメッセージの一部ではありません。エラーの解決策を検索するとき、この情報は無視してください。

    ログエントリの例:

    02/13/16 21:50:46:670 | [ERROR] | | | | | | | 11543 | NetDBError error has occurred - 8

    02/13/16 21:50:46:670 | [ERROR] | | | | | | | 11543 | the download job (0) failed to execute. The job state is STOPPED_STATE

    これらの例におけるエラーは、NetDBError error has occurred - 8、および the download job (0) failed to execute。 The job state is STOPPED_STATE.

  4. アドビサポートページを検索して、各エラーメッセージの解決策を見つけてください。検索語には、パスやマシン固有の情報を含めないでください。

    上記のエラーの例については、「NetDBError error has occurred - 8」および「the download job (0) failed to execute.」を検索します。

    次のエラーを無視できます。 製品のインストールを妨げます。

    10/19/15 09:58:33:769 | [ERROR] | | | | | | | 1840 | The windows error code is - 147953

    注意:

    インターネットを検索してエラーの解決策を見つける場合、フォーラムの投稿、ブログなどのユーザーは文書化されていない解決策を投稿する場合があることを忘れないでください。 解決策が成功していることを確認してから手順を実行してください。

    ダウンロードを妨げる可能性のあるネットワークと接続の問題の解決について詳しくは、「ネットワークと接続の問題」を参照してください。

Creative Cloud PDapp ログの分析

製品のインストールの最初の数分以内に発生する問題については、一般に PDApp.log ファイルに取り込まれます。

  1. 次のいずれかのフォルダーにある PDapp.log ファイルを探します。

    注意:次のフォルダーは、初期設定では非表示になっています。 必要に応じて、フォルダーオプション(Windows)または「オプションキー/移動」(Mac OS)を使用して非表示フォルダーを表示させます。 詳細については、「Windows 10 以前で隠しファイルおよび隠しフォルダーを表示する」または「Mac OS X 10.7 以降でユーザーライブラリファイルが非表示になっているを参照してください。

    • Windows: \Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Temp
    • Mac OS: Users/<ユーザー名>/Library/Logs
  2. メモ帳(Windows)、TextEdit (Mac OS)など、テキストエディターで PDapp.log を開きます。

    注意:

    Mac OS の場合、デフォルトでは、ログファイルはコンソールに開きます。 Command+A キーを押してテキスト全体を選択し、それをテキストエディターにコピー&ペーストしてから作業を進めてください。

    PDapp.log には、インストール動作が順番に記録されています。 ログの各行は日時で始まっており、インストールが行われた日時がわかります。それぞれのインストール動作はビルドバージョン番号で始まっています。 例:

    05/25/16 12:31:49:864 | [INFO] | | ASU | OPM | OPM | | | 1482956 | Build Version - 9.0.0.222

  3. ファイルの末尾にカーソルを移動し、一度は ERROR について、さらにもう一度 FATAL について、ファイルを後方検索します。

    注意:

    大文字小文字を区別する」を選択し、ERROR または FATAL とすべて大文字で入力して、それぞれの新しいエラーメッセージにすばやく移動します。「error」または「fatal」の他のインスタンスはスキップします。

    ログの各行はデータとタイムスタンプで始まり、これに応答、コンポーネント、および番号が続きます。この情報のいずれもエラーメッセージの一部ではありません。エラーの解決策を検索するとき、この情報は無視してください。

    ログエントリの例:

    03/24/15 14:28:10:623 | [ERROR] |  | ASU | UWANative | UWANative |  |  | 25100 | checkForUpdates returned error Code: U41M1C220

    この例におけるエラーは、checkForUpdates returned error Code: U41M1C220 です

    次のエラーを無視できます。 製品のインストールを妨げません。

    [ERROR] | | ASU | LWANative | OPM | | | 8624 | received empty url from dispatchlib
    [ERROR] | | ASU | PDApp | EnterpriseNativeAppletForCCM | | | 8624 | getProxyInfo did not return success
    string. 以下が返されます: Error occurred in Updater Core
    [ERROR] | | ASU | PIM | PIM | | | 8287 | Successfully freed PIM object Array
    [ERROR] | | ASU | Vulcan5EventHandler | Vulcan5EventHandler | | | 25100 | Inside
    sendVulcan5MessageForLicenseRefresh.
    [ERROR] | | ASU | AAMUpdatesNotifier | AAMUpdatesNotifier | | | 3279 | Scheduled CFU failed...
    [ERROR] | | ASU | ProvSwitcher | ProvSwitcher | | | 900 | Received Serial :

  4. アドビサポートページを検索して、各エラーメッセージの解決策を見つけてください。検索語には、パスやマシン固有の情報を含めないでください。

    このエラーの例については、「checkForUpdates returned error Code: U41M1C220.」を検索します。

    注意:

    インターネットを検索してエラーの解決策を見つける場合、フォーラムの投稿、ブログなどのユーザーは文書化されていない解決策を投稿する場合があることを忘れないでください。 解決策が成功していることを確認してから手順を実行してください。

主要な Creative Cloud 製品インストールログを分析する

製品のインストールの最初の数分後に発生する問題については、一般に Creative Cloud 製品インストールログファイルに取り込まれます。 製品およびアップデートごとに、製品インストールログが生成されます。

Creative Cloud インストーラーは、複数の異なるメカニズムを使用して、ログファイルを作成します。 使用されるロギングメカニズムのタイプに応じて、「installer.log」ファイル、または「Adobe InDesign CC 2015 11.3.0.034 02-26-2016.log.gz」など、<製品名> <バージョン> <日付> log.gz ファイルを検索します。

このセクションでは、log.gz ファイルを開いて読む方法について説明します。 installer.log ファイルの処理について詳しくは、ダウンロードエラーおよびインストールエラーのトラブルシューティングを参照してください。

  1. 次の場所にある、製品のログファイルに移動します。

    • Windows: \Program Files (x86)\Common Files\Adobe\Installers
    • Mac OS: /Library/Logs/Adobe/Installers

    ログファイルごとに、ファイル名に指定されている日付以降のすべてのインストール試行について記載されます。問題が発生した製品および日付に関するログファイルをレビューしていることを確認してください。

  2. WinRAR や StuffIt などの解凍ユーティリティを使用して .gz ファイルを解凍します。 解凍して得られる非圧縮ファイルは末尾が .log の単純テキストファイルです。

  3. メモ帳(Windows)または TextEdit (Mac OS)を使用してログファイルを開きます。

    注意:

    Mac OS の場合、デフォルトでは、ログファイルはコンソールに開きます。 Command+A キーを押してテキスト全体を選択し、それを TextEdit にコピー&ペーストしてから作業を進めてください。

  4. ログの末尾にカーソルを移動し、一度は ERROR について、さらにもう一度 FATAL について、ファイルを後方検索します。

    注意:

    大文字小文字を区別する」を選択し、ERROR または FATAL とすべて大文字で入力して、それぞれの新しいエラーメッセージにすばやく移動します。「error」または「fatal」の他のインスタンスはスキップします。

    ログの各行は日付とタイムスタンプで始まり、これに応答、コード、および番号が続きます。この情報のいずれもエラーメッセージの一部ではありません。エラーの解決策を検索するとき、この情報は無視してください。

    ログエントリの例:

    03/06/16 14:45:22:874 | [ERROR] | | OOBE | DE | | | | 4412 | DR013: Check for Registry permissions (RegistryDeleteV2 - error: 13)(Seq 8567)

    この例におけるエラーは、DR013: Check for Registry permissions (RegistryDeleteV2 - error: 13)(Seq 8567) です。

    次のエラーを無視できます。 製品のインストールを妨げません。

    エラー: - Adobe <製品名>:言語パックインストールの失敗が原因で失敗しました

    注意:

    さらに、WARN とマークされているセクションはエラーを示すものではないため、無視できます。

  5. アドビサポートページを検索して、各エラーメッセージの解決策を見つけてください。検索語には、パスやマシン固有の情報を含めないでください。

    このエラーの例については、「DR013: Check for Registry permissions (RegistryDeleteV2 -error: 13).」を検索します。

    注意:

    インターネットを検索してエラーの解決策を見つける場合、フォーラムの投稿、ブログなどのユーザーは文書化されていない解決策を投稿する場合があることを忘れないでください。 解決策が成功していることを確認してから手順を実行してください。

サイレントインストールまたは展開インストールのトラブルシューティング(管理者のみ)

Creative Cloud Packager でインストールする製品は、インストールに Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用しません。 これらのサイレントインストール(または展開インストール)では、画面にはエンドユーザーに対して何も表示されません。 setup.exe (Windows)または <製品名> install.pkg (Mac OS)をダブルクリックしてインストールする製品は、基本 GUI を表示して製品がインストールされていることを示します。 両方のインストールタイプに関するすべてのエラーが上記のログに取り込まれます。

  1. Adobe Setup Error.log ファイルの分析。

    Adobe の専用インストーラーは、Adobe Setup Error.log とともに、Creative Cloud 製品ごとに個々のログファイルも生成します。 このログには、一般に包括的なインストーラーに影響を与えるエラーが記載されます。 個々の製品ログの前に、このログをレビューします。

    Adobe Setup Error.log は、次の場所にあります。

    • Windows: \Program Files (x86)\Common Files\Adobe\Installers
    • Mac OS: /Library/Logs/Adobe/Installers
  2. 通常、終了コード 0 は、インストールの成功を意味します。 サイレントインストールの場合、インストールに失敗すると、アドビのインストーラーはアンインストールコマンドを自動的に実行します。 サイレントインストールが失敗するときに、最後のインストールにスクロールしたり、終了コードをレビューしたりすると、アンインストールコマンドも終了コード 0 で成功するため、誤解を招く可能性があります。 以下を使用して、アンインストールの開始を識別できます。

    | [INFO] | | OOBE | DE | Installer Operation: PayloadUninstaller
    | [INFO] | | OOBE | DE |
    *=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

    ログファイルが終了コード 0 で終了した場合は、ログが前の行のアンインストールを参照していないことを確認します。また、アンインストール後に、終了コードの近くに物理的ペイロードアンインストール結果 0 も記録されます。

    サイレントインストールエラーをトラブルシュートするには、アンインストール前に発生したエラーを必ずレビューします。

  3. サイレントインストール時に複数のマシンでインストールが失敗する場合は、Creative Cloud Packager ログファイルの解析で開始し、続いて個々のコンピューター上のログファイルに移動します。

    Creative Cloud Packager に作成されたログの分析方法など、サイレントインストールのトラブルシューティングについて詳しくは、サイレント Creative Cloud インストール問題のトラブルシューティングを参照してください。

問題が解決しない場合のお問い合わせ

アドビサポートページを検索してもエラーの解決を見つけられない場合は、アドビサポートにお問い合わせください。

注意:

サポートに問い合わせる前に、アドビログ収集ツールを実行して、ログファイルを zip ファイルにまとめると、アドビサポートと簡単に共有できます。

アドビ製品フォーラムもご覧ください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー