正しい記事を見ていますか?

この記事は、Digital Publishing Suite に関するものです。AEM Mobile 記事については、Windows アプリケーションを作成するを参照してください。

v32.3 リリースでは、DPS App Builder で Windows アプリケーションがサポートされています。

Windows 8.1 デバイスで Folio をテストするには、Windows ストアで Adobe Content Viewer アプリケーションをダウンロードしてください。Microsoft Surface など Windows 8.1 デバイスでサンプルの DPS アプリケーションを表示するには、Windows ストアで Adobe Inspire や DPS Tips などのアプリケーションをダウンロードしてください。

Windows Viewer の主要な機能

Windows Viewer では、DPS の以下の主要機能がサポートされます。

  • Windows 8.1 を実行するすべてのタブレット、ノート PC、デスクトップ
  • 画面サイズに合わせた Folio の拡大縮小(PDF ページでのピンチ&ズームは不可)
  • Windows ストアでの Folio のアプリケーション内購入(購読は不可)
  • 直接権利付与とカスタムライブラリ

各プラットフォームでサポートされている機能の一覧を見るには、DPS でサポートされる機能のリストを参照してください。

Windows アプリケーションの作成に必要なファイル

  • PNG 形式のアイコン。Windows での表示には正方形(310x310 ピクセル)および長方形(310x150 ピクセル)の PNG ファイルをお勧めします。
  • 620x300 ピクセルの PNG スプラッシュスクリーン。
  • 有効な Windows ストア開発者アカウント。

Windows アプリケーションの作成

Web ベースの DPS App Builder を使用して、Windows 用 DPS アプリケーションを作成します。

  1. Windows 用 Adobe Content Viewer を使用して、Windows 8.1 を実行するデバイスで Folio をテストします。最良の結果を得るには、iOS プラットフォーム用に作成されたものと同じ 1024x768 の Folio を使用します。Windows デバイスに的を絞る場合は、1366x768 の Folio を作成します。Adobe Content Viewer アプリケーションは Windows ストアで入手できます。

  2. DPS App Builder を使用してアプリケーションを作成する場合、Windows ストアにアプリケーションを送信するには、一部のフィールドが Windows デベロッパーセンターで指定する情報と一致している必要があります。Windows ストアの DPS パブリッシングガイドの手順に従って、アプリケーション名を予約します。

    アプリケーション名予約の最初のプロセスが完了したら、アプリケーションの作成について、この記事に戻って参照します。

  3. DPS App Builder のロールを持つ Adobe ID を使用して Web ベースの DPS App Builder にサインインします。

    https://appbuilder.digitalpublishing.acrobat.com/

  4. プラスアイコンをクリックして新規アプリケーションを作成します。

  5. Platform メニューで「Windows」を選択し、「Next」をクリックします。

  6. 画面の指示に従ってアプリケーションを作成します。オプションの詳細について詳しくは、この記事で後述されている関連セクションを参照してください。

  7. アプリケーションにアプリケーション内購入が含まれる場合は、アカウント管理ポータルの「Windows メインパッケージ ID 名」フィールドに Shared Secret 情報をコピーする必要があります。詳しくは、メインパッケージ ID 名の取得を参照してください。

    DPS アカウント管理
  8. アプリケーションを作成したら、アプリケーションをダウンロードしてテストし、送信します。Windows ストアの DPS パブリッシングガイドを参照してください。

一般設定

General ペインで以下の設定を指定します。

新規アプリケーション作成の一般設定画面

アプリ名 アプリの名前を指定します。この名前はアプリライブラリに表示されます。

説明 アプリの簡単な説明を記入します。この説明は現時点ではどこにも表示されません。Windows ストアに表示される説明は、Windows ストアデベロッパーセンターで追加される説明です。

アプリの短縮名 アプリの省略名はライブタイルで表示されます。アプリアイコンにアプリ名が表示されている場合は、このフィールドを空白のままにしておくことをお勧めします。

発行者表示名 Windows ストアにアプリを送信する場合、指定する発行者表示名は Windows ストアデベロッパーセンターで指定する名前と同一にする必要があります。Profile/Account を参照してください。

アカウント情報

発行者 ID Windows ストアにアプリを送信する場合、指定する発行者 ID は Windows ストアデベロッパーセンターで指定する ID と同一にする必要があります。Profile/Account を参照してください。

メインパッケージ ID 名 Windows ストアにアプリを送信する場合、指定するメインパッケージ ID 名は Microsoft によって自動生成されたものと同一にする必要があります。ID 名の取得について詳しくは、メインパッケージ ID 名の取得を参照してください。

プライバシーポリシーの URL Windows ストアにアプリを送信する場合に必要です。プライバシーポリシーについて記載した Web ページの URL を指定します。プライバシーポリシーの URL を指定しない場合、Microsoft によってアプリが却下されることがあります。

アプリのバージョン番号をオーバーライド このオプションは、他のツールを使用して作成した既存のアプリをアップデートする場合に必要です。このオプションを選択して、より新しいマーケティングバージョン番号を指定します。現在のアプリケーションのバージョン番号は、Windows ストアデベロッパーセンターの My Apps ページに表示されます。

Application Account。 アプリケーションライブラリに表示される Folio の公開に使用するアプリケーションアカウント(「タイトル ID」とも呼ばれる)を選択します。

Language Support。 このオプションはストアのローカライズされる情報に適用され、アプリケーションには適用されません。Microsoft では、リストアップした言語ごとに個別の説明とスクリーンショットを追加することが必須となっています。発行者の大半は、1 つか 2 つの言語のみを指定します。

アセット設定

Assets ペインで以下の設定を指定します。

新規アプリケーション作成のアセット設定画面

App Tiles。 Windows のスタート画面に表示される正方形タイルおよびワイドタイル用の 310x310 ピクセルおよび 310x150 ピクセルの PNG 画像を指定します。

Live Tile URL。 必要に応じて、Windows のライブタイルの画像を表示する URL を指定します。詳しくは、タイルテンプレートカタログを参照してください。

Splash Screen。 アプリケーションの読み込み中に一時的に表示される 620x300 ピクセルの PNG 画像を指定します。スプラッシュスクリーンの画像はサイズ調整されません。指定した背景色の前面に中央配置で表示されます。スプラッシュスクリーンの画像には、透明を適用することをお勧めします。

Background Color。 スプラッシュ画像の背景となる 6 桁の 16 進カラーを指定します。このカラーは、アプリの起動時にスプラッシュスクリーンの背面に表示されます。カラーの選択については、Adobe CC Color またはその他の関連 Web サイトを参照してください。

ライブラリ設定

Library ペインで以下の設定を指定します。

新規アプリケーション作成のライブラリ設定画面

ライブラリ Enterprise アカウントを使用してサインインすると、カスタムライブラリで使用する HTML を含む .zip ファイルを指定できます。ソース HTML ファイルの名前は「index.html」とする必要があります。詳しくは、カスタムライブラリの作成(Enterprise)を参照してください。

直接権利付与設定

アプリケーションで直接権利付与を使用する場合のみ、「Enable Direct Entitlement」を選択します(Enterprise アカウントのみ)。その後、以下の設定を指定します。

新規アプリケーション作成の直接権利付与設定画面

インテグレーター ID 権利付与アカウントがアドビのサーバー上でプロビジョニングされると、アドビからインテグレーター ID が発行されます。このオプションを使用できるのは DPS Enterprise のお客様のみです。インテグレーター ID について詳しくは、アドビの担当者にお問い合わせください。

Entitlement Bundle ID。 権利付与サーバーの設定を変更する手間を省くため、iOS または Android アプリケーションと同じバンドル ID を使用します。

Create Account URL。 発行者を通じて購読を申し込める URL を指定します。この URL は、ユーザーがサインインダイアログボックスで「アカウントを作成」ボタンをタップしたときに使用されます。

Forgot Account URL。 パスワードを忘れたユーザーがパスワードを回復する場合に使用する URL を指定します。

アプリケーション内購入設定

アプリケーションにアプリケーション内購入が含まれる場合は、Windows ストアデベロッパーセンターの「Services」セクションでデフォルトの価格帯を設定した製品 ID を指定します。

アプリケーションにアプリケーション内購入が含まれる場合、アカウント管理ツールでメインパッケージ ID 名を必ず指定してください。詳しくは、メインパッケージ ID 名の取得を参照してください。

新規アプリケーション作成のアプリケーション内購入設定画面

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー