関数 説明
ArrayAppend 配列の最後に要素を追加します。
ArrayAvg 任意の配列内にある値の平均を計算します。
ArrayClear 配列内のすべての要素を削除します。
ArrayContains オブジェクトが入力配列内にあるかどうかを判別します。
ArrayContainsNoCase オブジェクトが入力配列内にあるかどうかを判別します。大文字と小文字は区別されません。
ArrayDelete 配列からオブジェクトを削除します。
ArrayDeleteAt 特定のインデックスの配列からオブジェクトを削除します。
ArrayDeleteNoCase 配列からオブジェクトを削除します。大文字と小文字は区別されません。
ArrayEach 配列をループし、配列の各メンバーに対して関数を実行します。
ArrayFilter インライン関数が真を返す配列の要素をフィルタリングします。 
ArrayFind 指定されたオブジェクトを配列で検索します。
ArrayFindAll 配列を検索し、指定したオブジェクトが出現するすべての位置を返します。
ArrayFindAllNoCase 配列を検索し、指定したオブジェクトが出現するすべての位置を返します。この検索では大文字と小文字は区別されません。
ArrayFindNoCase 指定されたオブジェクトを配列内で検索を実行します。検索時には大文字と小文字は区別されません。
ArrayFirst 配列の最初の要素を取得します。
ArrayGetMetadata 配列要素のメタデータを取得します。
ArrayInsertAt 配列の指定された位置に値を挿入します。
ArrayIsDefined 配列が定義されているかどうかを判別します。
ArrayIsEmpty 配列が空であるかどうかを判別します。
ArrayLast 配列の最後の要素を取得します。
arrayLen 配列内の要素の数を確認します。
ArrayMap 配列のすべてのエントリを反復処理し、クロージャ関数を呼び出して配列の要素を処理します。
ArrayMax 配列内の要素の最大値を検索します。
ArrayMin 配列内の要素の最小値を検索します。
ArrayNew 1-3 次元の配列を作成します。
ArrayPrepend 配列の先頭に配列要素を挿入します。
ArrayResize 指定された最小要素数に配列を設定し直します。
ArraySet 1 次元配列の指定されたインデックス範囲の要素に、値を設定します。
ArraySetMetadata 配列要素にメタデータを設定します。
ArraySlice 必要な要素だけを持つ配列の一部を返します。
ArraySort 並べ替えのタイプと順番に従って配列内の要素を並べ替えます。
ArraySum 配列内のすべての要素の合計を計算します。
ArraySwap 配列内で、指定された位置にある値を交換します。
ArrayToList 1 次元配列をリストに変換します。
IsArray 値(value)が配列かどうかを調べます。
ListToArray リスト要素を配列にコピーします。

注意:

* Adobe ColdFusion(2016 リリース)の新機能

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー