サポートされている形式のビデオファイルを InDesign で配置すると、Viewer 上ではタップ操作により再生できます。ビデオファイルについては、h.264 でエンコードされた MP4 ファイルなど、Apple iTunes と互換性のある形式を使用します。ビデオを作成するときは、Android デバイスとの最適な互換性を保つために、ベースラインプロファイルを使用します。Web Viewer でサポートされていない .mov ファイルの代わりに .mp4 を使用します。ビデオが Viewer 上で正しく再生されない場合は、Adobe Media Encoder または Handbrake などのサードパーティ製ツールを使ってビデオを .mp4 h.264 に再エンコードしてください。

ビデオファイルのベストプラクティス

  • ビデオの再生はインラインまたはフルスクリーンモードで行うことができます。
  • ビデオファイルは、ユーザーが表示領域をタップしたときに再生されるように設定するか、または、「ビデオ」アクションが設定された個別のボタンで再生されるように設定することができます。「再生」、「一時停止」、「停止」オプションがサポートされています。「再開」および「すべて停止」はサポートされていません。
  • インラインビデオで最良の結果を得るには、400 x 300 ピクセルなど、適切なサイズで動画を作成します。フルスクリーンムービーの横幅を、1024 ピクセルに設定することを検討してください。HD モデルの iPad の最大ビデオサイズは 1920x1080 ですが、その大きさのビデオを作成すると、Folio サイズが増加します。ファイルサイズと画質のバランスをとる目安として、フィルム 1 分あたり 10 ~ 12 MB 程度のデータサイズにすることをお勧めします。ビデオサイズを小さくするために、Adobe Media Encoder または HandBrake などのサードパーティ製アプリケーションを使用することもできます。詳しくは、Keith Gilbert 氏の記事、DPS 向けにビデオを圧縮する(英語のみ)を参照してください。
  • URL を指定して、Web サイト(http: のみ)にあるビデオをストリーミング再生することもできます。YouTube や Vimeo など、https: で始まる Web サイトを使用してビデオをストリーミング再生するには、Web コンテンツオーバーレイを作成します。InDesign CS6 以降では、「HTML を挿入」コマンドを使用して YouTube クリップの埋め込みコードを挿入できます。埋め込みコードには src="http://www.youtube.com/..." のように「http://」プレフィックスが含まれていることを確認してください。最良の結果を得るには、オーバーレイを自動再生に設定し、オーバーレイの上部にポスター画像を追加します。作例と説明については、無料の DPS Learn アプリの Advanced Overlays の号を参照してください。
  • ユーザーが別の記事に移動すると、ビデオクリップは停止します。同じ記事内の別のページでは再生を続けます。ページをめくったときにビデオクリップを停止するには、「ダミー」のビデオを自動再生する方法があります。詳しくは、Johannes Henseler 氏の記事、記事の次のページに移動したときにビデオを停止する(英語)を参照してください。

ビデオオーバーレイの作成

  1. ファイル/配置を選択し、ドキュメントにビデオファイルを配置します。

  2. 配置したオブジェクトを選択し、メディアパネル(ウィンドウ/インタラクティブ/メディア)を開き、ポスターを指定します。

    ビデオファイルの場合は、画像を選択するか、そのビデオ内のフレームを 1 つ選択します。最良の結果を得るために、そのページアイテムのインタラクティブ性がユーザーに伝わる画像を選択することをお勧めします。透明な再生ボタンなど、非インタラクティブなオブジェクトをビデオオブジェクトの上部に配置して、簡単にポスター画像を作成することもできます。

  3. ビデオオブジェクトを選択し、Overlays/Folio Overlays パネルで、次のオプションを必要に応じて指定します。

    Folio Overlays パネル

    URL またはファイル

    URL を指定してビデオクリップをストリーミング再生するか、またはビデオファイルを配置していない場合は、フォルダーを選択してファイルを指定します。ストリーミング URL の指定では、自動再生やフルスクリーンなど、すべてのオーバーレイオプションがサポートされています。

    ストリーミングビデオは http をサポートし、https はサポートしていません。YouTube や Vimeo などのサービスはサポートされていません。代わりに、上の「最良の結果」の項目で説明したように、Web コンテンツオーバーレイを使用します。

    ビデオファイルを配置して、さらにストリーミング URL を指定する場合は、先に行った操作が優先されます。例えば、まず URL を指定して、それからビデオクリップを配置した場合は、オーバーレイは URL を使用し、埋め込みビデオは使用しません(実際は、ストリーミングビデオのポスターを選択すれば、この機能を利用できます)。

    自動再生

    このオプションを選択すると、ページがモバイルデバイスに読み込まれるのと同時にビデオファイルが再生されます。遅延の秒数を指定することもできます。自動再生は Android Viewer ではサポートされていません。

    フルスクリーン再生

    このオプションを選択すると、ビデオはフルスクリーンモードで再生されます。選択しないと、ビデオはそれ自体の境界線ボックス内で再生されます。Android デバイスのビデオはすべてフルスクリーンモードで再生されます。

    タップでコントローラーを表示

    このオプションを選択すると、再生中のインラインビデオをタップしたときに、一時停止と再生のコントロールを含む、コントローラーバーが表示されます。このオプションが選択されていない場合、ビデオをタップすると、一時停止および再開されます。

    一時停止しない

    このオプションを選択すると、ユーザーはビデオをタップして一時停止または停止することはできなくなります。このオプションは、自動再生が選択され、フルスクリーン再生が選択されていないときに限り使用できます。

    最後のフレームで停止

    インラインビデオの再生が停止したときにビデオの最後の画像を表示する場合は、このオプションを選択します。このオプションは、フルスクリーン再生が選択されていないときに限り使用できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー