個人向けのクラウドサービスとアプリケーション

トラブルシューティングとヘルプ

デプロイメント

デプロイメントを計画する方法を教えてください。

Acrobat DC のデプロイメントを計画している場合は、アプリケーション、ストレージ、サービスのデプロイおよび管理方法について、時間を設けて検討することをお勧めします。

ユーザー ID を設定する方法を教えてください。

アドビでは、ユーザーの認証に基本となる ID 管理システムを使用します。企業の要件に基づいてユーザーの ID を計画し、設定する必要があります。

ユーザーと製品を管理する方法を教えてください。

ユーザー管理では、ユーザーアカウントを作成、検索、アップデート、削除することができます。これらのユーザーアカウントで、組織のエンドユーザーにアドビ製品およびサービスを使用する権限が与えられます。

組織は様々なアドビ製品やサービスへのアクセスを提供するアドビのエンタープライズ版プランを購入します。これには、Document Cloud 製品も含まれる場合があります。詳しくは、これらのプランおよびサービスの使用を微調整する方法を参照してください。

アプリケーションとアップデートをデプロイする方法を教えてください。

作成するパッケージによってユーザーにデプロイされるアプリケーションとサービスを決定できます。作成したパッケージは、組織内のユーザーのコンピューターにデプロイできます。インストール時にユーザーからの入力が不要な、サイレントおよびカスタムデプロイメントを実行することもできます。

一般的な問題

サブスクリプションの割り当てが、現在ログインしているユーザーに自動的に関連付けられない理由を教えてください。

通常、ログアウトしてもう一度ログインすることで、これらの問題を解決できます。Adobe ID または Enterprise ID のサブスクリプションの割り当ての解決に関する詳しい説明を参照してください。

Document Cloud の重要なアップデートを適用すると、ライセンスが体験版に戻る理由を教えてください。

Document Cloud がシリアル化されたパッケージとしてデプロイされている環境では、ライセンス認証でエラーが発生し、アプリケーションが体験版として表示されることがあります。通常、影響を受けるワークステーションの再シリアライズを行うことで、この問題を解決できます。

シリアル番号または Adobe ID の入力を求められる理由を教えてください。

このような状況が発生する理由はいくつかあります。

  • Acrobat DC のバージョンが間違っている可能性があります。
  • Acrobat DC のサブスクリプションアカウントに関する情報に間違いや漏れがある可能性があります。
  • ご利用のコンピューターから、アドビのライセンス認証サーバーにアクセスできない可能性があります。

これらの問題のトラブルシューティングを行い、Acrobat DC を再度実行する方法を説明します。

管理者に Adobe Sign を管理する権限が与えられない理由を教えてください。

組織内での Adobe Sign を管理するユーザーには、Adobe Sign の管理者権限が必要です。また、製品プラン構成のユーザーグループに参加している必要もあります。Adobe Sign サービスの機能動作を管理するには、Admin Console を使用して追加の管理者を有効にします。