この記事では、Adobe Creative Cloud Packager を使用して作成した Adobe® Creative Cloud™ 向けのパッケージをデプロイする方法について説明します。この記事は、Adobe Creative Cloud グループ版をご利用のお客様と Adobe Creative Cloud エンタープライズ版をご利用のお客様の両方を対象としています。

注意:アプリケーションに固有の動作、および特定のシナリオで必要となる情報とソリューションについては、お読みくださいを参照してください。

Adobe Creative Cloud Packager(CCP)で作成したパッケージには、Build と Exceptions という最上位レベルのフォルダーが 2 つ含まれています。ほとんどのアプリケーションについては、Build フォルダー内の setup.exe ファイルを使用すれば、ソフトウェアのインストールとライセンスの選択ができます。しかし例外的に、Exceptions フォルダー内にある別のツールが必要な場合があります。どのツールを使うかは、いつパッケージが作成されたか、パッケージにどのアプリケーションが含まれているかにより異なります。

パッケージのデプロイ

作成したパッケージを配布し、パッケージファイルをダブルクリックするかサードパーティ製デプロイメントツールを使用して、パッケージのアプリケーションをインストールします。

パッケージを作成した言語以外の言語でパッケージをデプロイするには、デプロイの際に次のいずれかを実行します。

パッケージファイルをダブルクリックしてインストールする

Windows では、Build フォルダー内の setup.exe ファイルをダブルクリックしてパッケージをインストールできます。Exceptions フォルダー内の製品をインストールする方法については、Exceptions フォルダーのパッケージのインストールを参照してください。

Mac OS では、パッケージ内の Build フォルダー内にある .pkg ファイルをダブルクリックしてください。

注意:

setup.exe ではなく MSI を使用して Acrobat DC を含むパッケージをデプロイした場合は、Acrobat DC はインストールされません。

サードパーティ製ツールを使用する

Adobe Creative Cloud Packager でパッケージをデプロイする手順は次のとおりです。

  1. Creative Cloud Packager を使用して、パッケージを作成します。詳しくは、パッケージの作成を参照してください。

    ビルドの処理中に、2 つのフォルダーが作成されます。

    1. Build フォルダーには、setup.exe(Windows)または PKG(Mac OS)ファイルが格納されます。
    2. Exceptions フォルダーには、個別にインストールする必要のあるペイロードが格納されます。
  2. Microsoft System Center Configuration Manager(SCCM)、Apple Remote Desktop、JAMF Casper Suite などのエンタープライズ向けデプロイメントツールを使用して、Build フォルダーのパッケージをデプロイします。詳しくは、ARD によるアドビパッケージのデプロイおよび SCCM によるアドビパッケージのデプロイを参照してください。

  3. Exceptions フォルダーのパッケージを個別にインストールします。詳しくは、Exceptions フォルダーの製品のインストールを参照してください。

Windows コンピューターでコマンドラインを使用してデプロイする

コマンドラインでは追加のパラメーターが必要です。これは、ダブルクリックして Setup.exe を実行した場合にデフォルトの値が使用されるためです

コマンドで次の項目を指定します。

[ADOBEINSTALLDIR] は、アプリケーションのインストール先となる、クライアントコンピューター上のインストールディレクトリです。

[INSTALLLANGUAGE] は、アプリケーションをインストールするロケールです。

構文

setup [--silent] [--ADOBEINSTALLDIR=] [--INSTALLLANGUAGE=]

構文例

setup.exe --silent --ADOBEINSTALLDIR="C:¥InstallDir" --INSTALLLANGUAGE=fr_CA

setup.exe の場所:

[Package]¥Build

Mac コンピューターで Info.plistファイルを使用してデプロイする

  1. 次の場所にある Info.plistファイルを開きます。

    [package]/Build/xyz_install.pkg/Contents/Info.plist

  2. string タグに適切な言語を指定して、ファイルに次のエントリを追加します。

    <key> InstallLanguage </key>
    <string>en_GB</string>
  3. .pkg ファイルをダブルクリックします。 

    インストールが開始されます。

アップデートのデプロイ

初期パッケージには、アプリケーションと最新のアップデートが含まれています。以降、新たなアップデートがリリースされた場合は、そのアップデートを様々な方法でユーザーに提供できます。

1. Creative Cloud Packager でアップデートのみを選択してアップデート専用のパッケージを作成します。このパッケージはご希望のデプロイメントツールでデプロイできます。

2. デプロイパッケージに Remote Update Manager が含まれている場合(初期設定では含まれます)、ご希望のデプロイメントツールを使用して Remote Update Manager をクライアントコンピューター上でリモートで実行できます。アップデートは Adobe Update Server から呼び出され、管理者権限を持つユーザーのみが実行できます。

3. ネットワーク帯域幅を節約するために、内部に独自の Adobe Update Server をセットアップすることもできます。AUSST を使用して、Windows と Mac の両方のアップデートをホストするサーバーをセットアップできます。

シナリオ 2 において、内部 Adobe Update Server がセットアップされており、パッケージの作成処理中にこのサーバーを使用することを選択すると、Remote Update Manager はアドビのサーバーではなく内部サーバーからアップデートを呼び出すので、ネットワーク帯域幅を大幅に節約できます。

詳しくは、Adobe Remote Update Manager の使用を参照してください。

ユーザー指定ライセンスアプリケーションのデプロイ

シリアル番号ライセンスやデバイスライセンスのデプロイメント環境では、ユーザー指定ライセンスアプリケーション(Adobe XD など)のデプロイメントはサポートされていません。Adobe XD などのユーザー指定ライセンスアプリケーションを使用するには、ユーザーの全員に Adobe アカウント(Adobe ID、Enterprise ID、Federated ID のいずれか)が必要です。ユーザー指定ライセンスアプリケーションをユーザー指定以外のデプロイメント環境でデプロイしようとすると、問題が発生します。

Adobe アカウントの異なるタイプについて詳しくは、ID タイプの管理を参照してください。

UWP アプリケーションのデプロイ

パッケージ作成時に使用する Creative Cloud Packager にユニバーサル Windows プラットフォーム用のアプリケーションが含まれていると、エンドユーザーがコンピューターでパッケージをデプロイする際に予期しない動作が発生することがあります。詳しくは、このドキュメントを参照してください。

体験版パッケージのシリアライズ

法人、官公庁または教育機関のアカウントをお持ちで体験版パッケージを作成済みの場合、試用期間が終了したら、そのパッケージをシリアライズする必要があります。体験版パッケージをライセンスパッケージに変換するためのライセンスパッケージを作成してデプロイできます。

詳しくは、ライセンスパッケージの作成を参照してください。

Exceptions フォルダーのパッケージのインストール

Adobe Creative Cloud Packager でパッケージを作成すると、2 つのフォルダーが作成されます。

  • Build フォルダーには、Microsoft SCCM または Apple ARD でデプロイするための、MSI(Windows)または PKG(Mac OS)ファイルが格納されます。
  • Exceptions フォルダーには、個別にインストールする必要のあるペイロードが格納されます。フォルダーの内容は、インストール対象のコンピューターが Mac OS か Windows かによって異なります。また、パッケージに Adobe® Acrobat® が含まれているかどうかによっても異なります。

Exceptions フォルダーの製品をインストールする方法について詳しくは、Exceptions フォルダーの製品のインストールを参照してください。Windows に Acrobat をデプロイする方法について詳しくは、Adobe Acrobat のデプロイを参照してください。

注意:

Adobe Exceptions Deployer を使用すると、Exceptions フォルダーのパッケージを自動的にデプロイできます。詳しくは、Adobe Exceptions Deployer の使用を参照してください。

注意:

Adobe® Muse™ CC(2015.2)以降の場合は、例外(.NET)は次の場所にコピーされ、ユーザーはこれらを個別にインストールする必要があります。

Program Files (x86)¥Common Files¥Adobe¥Installers¥Third Party¥<Sapcode_Of_App>¥<package_name>¥

Adobe Creative Cloud Packager のログ

Adobe Application Manager Enterprise Edition をインストールまたは実行すると、管理者のシステムでログファイルが作成(記述)され、プラットフォームの一時ファイルの場所に格納されます。

  • Windows の場合、ログファイルの格納場所は %temp% です。
  • Mac OS の場合、ログファイルの格納フォルダーは ~/Library/Logs/ です。

このログで「error」の文字列を検索することで、エラーに関するトラブルシューティング情報を確認できます。

ログ名は次のとおりです。

コンポーネント
ログファイル名
Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
AdobeUpdateServerSetupTool.log
Exceptions Deployer
ExceptionDeployer.log
Remote Update Manager(RUM)
RemoteUpdateManager.log
Creative Cloud Packager(CCP)

PDApp のログファイル名は PDApp.log です。

Package Builder のログファイル名は次のとおりです。
- AdobePBhhmmss_ddmmyy.log
-- 説明:hhmmss_ddmmyy = 時|分|秒_日|月|年

ライセンス認証ログ:
- Windows:%temp%¥oobelib.log
- Mac:/tmp/oobelib.log

 

 

Creative Cloud のダウンロード/インストールログ

「asu.trace」という名前のファイルが %temp%(Windows)または ~/Library/Logs(Mac OS)にある場合、Creative Cloud Packager によってダウンロード時の問題のトラブルシューティングに使用するログファイルが作成されます。

結果ファイル DLM.log が、%temp%¥AdobeDownload(Windows)または ~/Library/Logs/AdobeDownload(Mac OS)に作成されます。

Windows での DLM.log のエラー(12150 など)については、Windows デベロッパーセンターのエラーメッセージ(英語)を参照してください。

コマンドラインによる製品のアンインストール

コマンドラインを使用して、一部の製品の最新バージョンをアンインストールすることができます。

コマンドラインを使用してアンインストールできる製品とその sapCodes、baseVersions、プラットフォームの一覧については、基本バージョンがなくてもデプロイできるアプリケーションを参照してください。

構文例:

  • Windows:C:¥Program Files (x86)¥Adobe¥Adobe Creative Cloud¥HDCore¥Setup.exe --uninstall=1 --sapCode=PHSP --baseVersion=17.0 --platform=win32 --deleteUserPreferences=false
  • Mac:/Applications/Utilities/Adobe Creative Cloud/HDCore/Setup --uninstall=1 --sapCode=PHSP --baseVersion=17.0 --platform=osx10-64 --deleteUserPreferences=true

コマンドで次の項目を指定します。

[uninstall] は、アンインストールする場合は、1 と指定します。

[sapCode] は、アンインストールする製品の SAP コードです。

[baseVersion] は、アンインストールする製品の基本バージョンです。

[platform] は、アンインストールする製品の OS です。 

[deleteUserPreferences] では、製品のユーザー環境設定を削除する場合は true、維持する場合は false に設定します。

setup の場所:

  • Windows:¥Program Files (x86)¥Adobe¥Adobe Creative Cloud¥HDCore¥Setup.exe
  • Mac:/Applications/Utilities/Adobe Creative Cloud/HDCore/Setup

エラーコード

間違った引数を指定すると、エラーコード 103 が返されます。いずれかのパラメーターに間違った値がある場合は、エラーコード 101 が返されます。その他のエラーコードについては、Creative Cloud アプリケーションのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティングを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー