トラブルシューティングとヘルプ

Creative Cloud のデプロイメントを計画している場合は、アプリケーション、ストレージ、サービスのデプロイおよび管理方法について、時間をかけて検討することをお勧めします。

Adobe では、ユーザーの認証に基本となる ID 管理システムを使用します。企業の要件に基づいてユーザーの ID を計画し、設定する必要があります。

ユーザー管理では、ユーザーアカウントを作成、検索、アップデート、削除することができます。これらの管理者ユーザーアカウントによって、組織のエンドユーザーに Adobe 製品およびサービスを使用する権限を与えることができます。

組織は様々な Adobe 製品やサービスへのアクセスを提供する Adobe のエンタープライズ版プランを購入します。これには、Creative Cloud 製品も含まれる場合があります。詳しくは、これらのプランおよびサービスの使用を微調整する方法を参照してください。

作成するパッケージによってユーザーにデプロイされるアプリケーションとサービスを決定できます。作成したパッケージは、組織内のユーザーのコンピューターにデプロイできます。インストール時にユーザーからの入力が不要な、サイレントおよびカスタムデプロイメントを実行することもできます。

Creative Cloud エンタープライズ版のアカウントには、Photoshop や InDesign などのクリエイティブアプリケーション、アセットをインテリジェントに同期する CreativeSync、Adobe Stock や Adobe Fonts などのクリエイティブリソースパブリッシングモバイルアプリケーション、および知的財産やクリエイティブコンテンツのエンタープライズセキュリティが付属しています。詳しくは、Creative Cloud エンタープライズ版を参照してください。

Creative Cloud エンタープライズ版のデプロイに関するこのビデオをご覧ください。エンタープライズ、教育機関、政府機関向けのライセンスのデプロイメントリソースの概要を紹介しています。

Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition は、Adobe® 製品のシリアライズを追跡および管理するためのサポート対象プラットフォームのコマンドラインツールです。このツールをダウンロードして使用し、エンタープライズライセンスを管理する方法を説明します。

よくある質問については、Creative Cloud エンタープライズ版に関する FAQ を参照してください。

このエラーは、通常、アプリケーションが実行されているコンピューターに対する十分な権限がユーザーにない場合に発生します。 Adobe PCD および SLStore フォルダーに対する権限を設定するには、オペレーティングシステムごとの手順に従ってください。

Adobe ID または Enterprise ID にサブスクリプションを割り当てることによって、現在ログインしているコンピューターにそのサブスクリプションが自動的に関連付けられることはありません。通常、ログアウトしてもう一度ログインすることで、これらの問題を解決できます。

Creative Cloud がシリアル化されたパッケージとしてデプロイされている環境では、ライセンス認証でエラーが発生し、アプリケーションが体験版として表示されることがあります。通常、影響を受けるワークステーションの再シリアライズをおこなうことで、この問題を解決できます。

コミュニティ

エンタープライズ版管理者とグループ版管理者のピアベースのフォーラム。