Adobe Fonts は名前付きユーザーサブスクリプションを保有する Creative Cloud エンタープライズ版のお客様が使用できます。Creative Cloud エンタープライズ版に既に登録済みの場合、詳しくは、アドビのエンタープライズセールス担当者にお問い合わせください。

Creative Cloud エンタープライズ版に含まれる機能

Creative Cloud エンタープライズのお客様は、他の Adobe Fonts のお客様と同様、10,000 以上のフォントを含むフルライブラリーをご利用いただけます。

Creative Cloud エンタープライズ版を通じてフォントを使用する顧客には、どのような使用権利が提供されますか。

フォントライセンス供与に関するヘルプページに記載されているように、Creative Cloud エンタープライズ版のお客様には、他の Adobe Fonts のお客様とまったく同じ権利が付与されます。

これには、ロゴ、印刷物、Web サイトデザイン、ビデオ、放送においてフォントを使用する権利が含まれます。

ユーザー向けにフォントのパッケージを作成してインストールするには、Creative Cloud Packager を使用するのですか。

いいえ、フォントの選択は Creative Cloud Packager によって設定されません。ユーザーは Adobe Fonts の Web サイトにログインして、使用したいフォントを選択します。また、フォントは Photoshop、Illustrator、InDesign などの Creative Cloud プログラム内でアクティベートできます。アクティベートしたフォントを管理するには、Creative Cloud デスクトップアプリケーションが必要です。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションを実行せずにフォントをアクティベートすることはできますか。

いいえ。フォントをアクティベートできるのは、Creative Cloud デスクトップアプリケーション経由の場合に限られます。現時点では、アドビからユーザーのデスクトップにフォントを配信する以外の手段はありません。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションを実行せずに Web フォントを使用することはできますか。

はい。Web サイトにフォントを追加する場合は、Creative Cloud アプリケーションを使用する必要はありません。

フォントを使用できないというメッセージが表示されます。どういう意味でしょうか。

アカウント管理者は、フォントを含む個々のアドビのサービスやアプリケーションを組織内のすべてのユーザーに対して有効にしたり無効にしたりすることができます。ご利用のアカウントでフォントへのアクセスが無効になっている場合、組織のアカウント管理者にフォントへのアクセスを有効にするよう依頼する必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー