マニュアル キャンセル

貂明朝:バージョン 1.000 からのアップデートに関する要点

  1. Adobe Fonts ユーザガイド
  2. はじめに
    1. システムおよびサブスクリプション要件
    2. ブラウザーと OS のサポート
    3. コンピューターへのフォントの追加
    4. Web サイトへのフォントの追加
    5. CC Mobile でのフォントの追加
  3. フォントのライセンス
    1. フォントのライセンス
    2. アカウントの管理
    3. Creative Cloud エンタープライズ版のお客様へのライセンス供与について
    4. アカウントへのフォントライセンスの追加
    5. サブスクリプションライブラリからのフォントの削除
    6. 中国で登録された Adobe ID は Adobe Fonts の利用対象外
    7. Creative Cloud サブスクリプションにこれらのフォントが含まれていない理由
    8. 2021 年 9 月に Morisawa フォントを一部提供を停止
  4. フォントの入手と使用
    1. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Fonts の使用
    2. フォントの管理
    3. デスクトップアプリケーションでの見つからないフォントの解決
    4. InDesign でのフォントの使用
    5. フォントとタイポグラフィ
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの web フォントの使用
    7. InCopy でのフォントの使用
    8. Adobe Muse でフォントを使用する方法
    9. Muse での web フォントの使用
    10. フォントファイルのパッケージング
    11. トラブルシューティングガイド:フォントの追加
    12. 追加したフォントがフォントメニューに表示されない
    13. 「1 つ以上のフォントを追加できません」または「同じ名前のフォントが既にインストールされています」
    14. 現在使用しているフォントがフォントメーカーによって更新された場合
  5. Web デザインと開発
    1. Web サイトへのフォントの追加
    2. トラブルシューティングガイド:web サイトへのフォントの追加
    3. HTML 電子メールまたはニュースレターでの web フォントの使用
    4. Accelerated Mobile Pages(AMP)を使用した web フォントの使用
    5. CSS セレクター
    6. font-display settings を使用した web フォントのパフォーマンスのカスタマイズ
    7. 埋め込みコード
    8. ダイナミックサブセットと web フォント提供
    9. フォントイベント
    10. Web フォントが use.typekit.net から読み込まれるのはなぜですか。
    11. サイトが use.typekit.net に接続できない
    12. CodePen での web フォントの使用
    13. ブラウザーと OS のサポート
    14. ドメイン
    15. ローカル開発環境での web フォントの使用
    16. コンテンツセキュリティポリシー
    17. Web フォントの印刷
  6. 言語サポートと OpenType 機能
    1. 言語サポートとサブセット
    2. OpenType 機能の使用
    3. CSS での OpenType 機能の構文
  7. フォント技術
    1. OpenType-SVG カラーフォント
    2. 貂明朝:バージョン 1.000 からのアップデートに関する要点

バージョン 2.003 では、貂明朝 Regular および Italic フォントは大幅に改善および更新され、カラー SVG 絵文字が追加されました。この記事では、バージョン 1.000 から、それ以降のバージョンのフォントへの更新方法について説明します。

フォントの新しいバージョンを追加

Adobe Fonts web サイトで既に貂明朝 Regular および Italic を追加済みの場合、新しいバージョンを取得するには、それらを削除してからもう一度追加する必要があります。これらの変更は、貂明朝フォントページでおこなうことができます。

異体字についての変更点

貂明朝バージョン 1.000 では、「Marten」(日本語では「貂」)という名前の OpenType 拡張機能の「スタイルセット 2」を使用すると、全角の大文字と小文字の L、l、O、o、V、v、E および e の異体字としてモノクロ絵文字を入力できますバージョン 2.003 は「スタイルセット 2」を「Color Emoji」(日本語では「カラー絵文字」)と置き換えます。これにより、バージョン 1.000 フォントを使用して作成された文書をバージョン 2.003 フォントで開くと、貂フォントのモノクロ絵文字が L、l、O、o、V、v、E、e(異体字およびアプリによって異なります)として表示されてしまいます。

これらの問題の解決にはまず、影響を受ける文書でこれらの文字(L、l、O、o、V、v、E、e)をそれぞれ選択する必要があります。次に、字形パネルまたはインラインで、「貂」(イタチ科の動物であるテンを表す)に割り当てられている異体字からカラー(SVG)絵文字を 1 つ指定するか、字形パネルでモノクロまたはカラー絵文字を直接クリックします。

Adobe InDesign では文字パネルのフライアウトメニューの OpenType 機能のスタイルセットで、Adobe Illustrator では OpenType パネルのスタイルセットで表示されます。加えて、Adobe InDesign CC では字形パネルのポップアップリストでの表示が「スタイルセット2:貂」から「スタイルセット 2:カラー絵文字」に変わります(Adobe Illustrator CC では字形パネルのポップアップリストでの表示が「デザインセット 2:貂」から「デザインセット 2:カラー絵文字」に変わります)。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合