マニュアル キャンセル

フォントファイルのパッケージング

  1. Adobe Fonts ユーザガイド
  2. はじめに
    1. システムおよびサブスクリプション要件
    2. ブラウザーと OS のサポート
    3. コンピューターへのフォントの追加
    4. Web サイトへのフォントの追加
    5. CC Mobile でのフォントの追加
  3. フォントのライセンス
    1. フォントのライセンス
    2. アカウントの管理
    3. Creative Cloud エンタープライズ版のお客様へのライセンス供与について
    4. アカウントへのフォントライセンスの追加
    5. サブスクリプションライブラリからのフォントの削除
    6. 中国で登録された Adobe ID は Adobe Fonts の利用対象外
    7. Creative Cloud サブスクリプションにこれらのフォントが含まれていない理由
    8. 2021 年 9 月に Morisawa フォントを一部提供を停止
  4. フォントの入手と使用
    1. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Fonts の使用
    2. フォントの管理
    3. デスクトップアプリケーションでの見つからないフォントの解決
    4. InDesign でのフォントの使用
    5. フォントとタイポグラフィ
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの web フォントの使用
    7. InCopy でのフォントの使用
    8. Adobe Muse でフォントを使用する方法
    9. Muse での web フォントの使用
    10. フォントファイルのパッケージング
    11. トラブルシューティングガイド:フォントの追加
    12. 追加したフォントがフォントメニューに表示されない
    13. 「1 つ以上のフォントを追加できません」または「同じ名前のフォントが既にインストールされています」
    14. 現在使用しているフォントがフォントメーカーによって更新された場合
  5. Web デザインと開発
    1. Web サイトへのフォントの追加
    2. トラブルシューティングガイド:web サイトへのフォントの追加
    3. HTML 電子メールまたはニュースレターでの web フォントの使用
    4. Accelerated Mobile Pages(AMP)を使用した web フォントの使用
    5. CSS セレクター
    6. font-display settings を使用した web フォントのパフォーマンスのカスタマイズ
    7. 埋め込みコード
    8. ダイナミックサブセットと web フォント提供
    9. フォントイベント
    10. Web フォントが use.typekit.net から読み込まれるのはなぜですか。
    11. サイトが use.typekit.net に接続できない
    12. CodePen での web フォントの使用
    13. ブラウザーと OS のサポート
    14. ドメイン
    15. ローカル開発環境での web フォントの使用
    16. コンテンツセキュリティポリシー
    17. Web フォントの印刷
  6. 言語サポートと OpenType 機能
    1. 言語サポートとサブセット
    2. OpenType 機能の使用
    3. CSS での OpenType 機能の構文
  7. フォント技術
    1. OpenType-SVG カラーフォント
    2. 貂明朝:バージョン 1.000 からのアップデートに関する要点

Adobe InDesign や Adobe Illustrator にある「パッケージ」機能など、パッケージングはドキュメントを印刷のため送信する時によく使用されます。フォントは通常、ドキュメントのフォントを常に使用できるようにするためにパッケージに含められます。

Adobe Type Library および Font Folio 用の標準的なエンドユーザー使用許諾契約書(EULA)を含む、ほとんどの既存のフォント使用許諾契約では、サードパーティへのフォントファイルの送信は、そのサードパーティがフォントに対して独自のライセンスを保持していない限り、許可されていません。  (Fontspring でフォントを購入する場合の Adobe エンドユーザー使用許諾契約書の新しいバージョンでは、印刷するためにフォントのコピーをプリンターに送信することを許可しています。許可される事項については、特定のエンドユーザー使用許諾契約書バージョンを参照してください。)

同様に、サービス利用条件でも、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを介して追加されたファイルをコピーまたは移動することは許可されていません。

パッケージはサポートされていないワークフローであるため、ファイルを使用する個人は、各自の Creative Cloud サブスクリプションでのライセンス取得や従来のデスクトップ購入を通じて、必要なフォントをコンピューター上で使用できるようにする必要があります。印刷所は、同じ方法、つまり Creative Cloud サブスクリプションに登録するか、フォントをフォントメーカーまたは公認の販売元から購入することでフォントにアクセスできるようになります。

アドビのサービス利用条件では、フォントデータを PDF やその他のデジタルドキュメントに埋め込むことが許可されています。ほとんどの場合、印刷用に作成されたドキュメントでタイポグラフィの精度を保つには、PDF ファイルを作成することが最善で最も信頼性の高い方法です。

 

アドビのロゴ

アカウントにログイン