注意:

今後、Adobe Muse の機能追加はおこなわれず、2020 年 3 月 26 日にはサポートが停止されます。詳しくは、Adobe Muse のサービス終了に関する FAQ を参照してください。

Adobe Muse は、直感的なビジュアルツールを使用して Web ページをすばやくデザインするためのデスクトップアプリケーションです。コードは一切必要ないので、特に HTML や CSS での開発経験がないユーザーにとっても親しみやすいツールです。

Adobe Fonts(旧 Typekit)は Muse と統合され、ユーザーは Web サイトをデザインするときにカスタムフォントを選択できます。Muse でのタイポグラフィについて詳しくは、Muse ヘルプドキュメントを参照してください。

Web フォントの追加

Muse に新しい Web フォントを追加するには、まずファイル/Web フォントの追加と削除を選択します。

Muse のファイルメニューの「Web フォントの追加と削除」

また、テキストを選択し、フォントプルダウンメニューで「Web フォント」セクションの「Web フォントを追加」を選択するという方法もあります。

Muse の Web フォントウィンドウに Typekit ライブラリが表示されています

フォント参照ウィンドウには、Creative Cloud サブスクリプションに含まれる Web フォントのリストが表示されます。

Muse の Web フォントウィンドウのフィルターコントロール

フォントブラウザーで、フィルターコントロールを使用して選択項目を絞り込み、探しているフォントの特徴を指定できます。

Muse の Web フォントウィンドウのフォント選択

このページから、フォントカードの右上のチェックマークをクリックして、必要なフォントを直接選択できます。「OK」をクリックすると、Muse の Web フォントメニューにフォントが追加されます。

カードの下側のファミリー名をクリックすると、そのファミリーに含まれるすべての太さとスタイルが表示されます。

Muse の Web フォントウィンドウのスタイル詳細画面

スタイル詳細画面からフォントを選択項目として追加するには、右上の「選択済み」をクリックして下側の「OK」をクリックします。

Web フォントが追加された Muse のフォントメニュー

Web フォントが Muse のフォントメニューに表示され、ページ上のテキストに適用できるようになります。

その後、Web サイトを HTML として書き出すとき、FTP サーバーに接続するとき、または Business Catalyst に発行するときに、アドビアカウントに接続するように求められます。 

Web フォントと言語サポートについて

デフォルトでは、Muse で作成された Web サイトには「デフォルト」の言語セットが使用されます。これには、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語およびスペイン語が含まれます。

選択したフォントでサポートされている言語をすべて含めるには、「ページプロパティ/オプション」タブの文字セットメニューから「すべて」を選択します。

Muse のページプロパティの文字セットオプション

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー