Adobe Fonts では、150 を超えるフォントメーカーが作成した数千に及ぶフォントを Creative Cloud サブスクリプションの一部として提供しています。

すべてのフォントに同じフォントライセンスが含まれ、Marketplace でフォントを購入したときに付与される権利と、サブスクリプションフォントライブラリで付与される権利は同じです。フォントライセンスの詳細については、利用規約を参照してください。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションを通じてアクティベートされたフォントは、Adobe Photoshop や Microsoft Word などのデスクトップソフトウェアプログラムで使用できます。Web フォントの場合は、Web サイト上でこれらを使用して、テキストにスタイルを適用できます。

以下のよく寄せられる質問で説明されているライセンスに関する情報は、アドビアカウントを通じてアクティベートされたすべてのフォント、またはアドビが提供する埋め込みコードを使用して Web サイトに追加されたすべてのフォントに適用されます。

注意:

コンピューターの Fonts フォルダーにインストールされるフォントのライセンスは、各々のフォントのエンドユーザー使用許諾契約に基づいて提供されます。以下の FAQ は、これらのフォントには適用されません。これらのフォントのライセンスについてのご質問は、フォントメーカーに直接お問い合わせください。

Adobe Fonts からアクティベートされたフォント

ロゴなどの画像の作成にフォントを使用することはできますか。

はい。任意のデスクトッププログラム(Adobe Photoshop など)でフォントを使用して、画像やベクターアートワークを作成できます。作品はどのような目的にも使用できます。可能な作業としては、PDF ファイルや EPS ファイルの生成、および JPEG、PNG などのビットマップファイルの生成が含まれます。

はい。ロゴは著作権で保護したり、利用規約に従い、商標として登録したりすることができます。

フォントを商用プロジェクトや顧客のプロジェクトで使用することはできますか。

はい。自分用または顧客のプロジェクト用にデジタルデザインの作成や印刷をおこなうことができます。可能な作業としては、PDF ファイルや EPS ファイルの生成、および JPEG、PNG などのビットマップファイルの生成が含まれます。

フォントの外観を変更したり、そのフォントを商品に使用したりすることはできますか。

はい。アウトラインに変換したフォントを変更したり装飾したりすることはできます。作成された画像は、著作権で保護したり、商標登録したり、商品に使用したりすることができます。

ただし、フォントソフトウェアファイル自体に変更を加えることはできません。

顧客がデザインを使用するために、顧客自身がフォントライセンスを取得する必要はありますか。

いいえ。フォントデータがラスタライズされてJPEGやPNGフォーマットになっていたり、あるいはPDFファイルに正しく埋め込まれている場合には、顧客はライセンスを取得する必要がありません。

ただし、顧客がデザインを変更するためにフォントをインストールする必要がある場合は、Creative Cloud サブスクリプションを通じて、または恒久デスクトップライセンスを購入して自分でライセンスを取得する必要があります。

T シャツ、ポスター、書籍、雑誌、その他のプリント商品など、市販目的の商品を作成するためにフォントを使用することはできますか。

はい。フォントは、友人向けの T シャツのデザインでも顧客向けの商品パッケージでも、あらゆる種類の商品に使用できます。書籍や雑誌などその他の印刷製品も、同様に許可されています。インプレッション数や生産する個数に制限はありません。

Adobe Fontsにあるフォントを使って、一文字からなるステンシル、ステッカー、ジュエリーなどを作ることはできますか。

いいえ。個々の文字・字形のデザインをそのまま使った製品を作ることは、製品がどのようなものであっても、禁止されています。

顧客がフォントを使用して私が販売する製品をカスタマイズすることはできますか。

いいえ。フォントのライセンスでは、お客様が販売するデザインのテキスト部分をお客様の顧客が変更し、フォントを適用することは許可されていません。これは、グリーティングカード、T シャツ、コーヒーカップなどのデジタルならびに物理的な製品のいずれにも適用されます。

顧客のために 1 つずつカスタムデザインを作成することはできますが、顧客自身が Web サイトやその他のサービスを通じて Creative Cloud サブスクリプションのフォントを使用し、製品をカスタマイズできるようにすることはできません。お客様の顧客が独自のコンテンツを作成できるようにするには、直接、カスタムライセンスを購入する必要があります。

フォントを PDF ファイルや電子書籍に埋め込むことはできますか。また、書籍に使用することはできますか。

はい。フォントデータが保護されるすべての ebook 形式のドキュメント(EPUB、iBooks、Kindle(mobi)、アドビの Digital Publishing Suite(DPS)、PDF など)にフォントを埋め込むことは、ライセンスによって認められています。

ただし、ユーザー自身がフォントファイルを移動することを必要とする ebook のオーサリングワークフローは、利用規約によって認められていません。

他の電子ドキュメントの場合と同様、フォントは既存のコンテンツの表示または印刷にのみ使用できます。新しいドキュメントのバリエーション、テンプレートまたはダイナミックコンテンツの作成には使用できません。

また、書籍、雑誌などの印刷出版物を作成するためにフォントを使用することはできますが、フォントをパッケージに含めたり、デザイナーや印刷所と共有することは許可されていません。

インプレッション数に制限はありません。

プロジェクトで使用するフォントについて、アドビのクレジット表記を入れる必要はありますか。

いいえ。作成するドキュメントまたは製品に、フォントについてのクレジット表記を入れる義務はありません。

フォントを、作成中のモバイルアプリケーションまたはデスクトップアプリケーションに埋め込むことはできますか。

いいえ。フォントのライセンスでは、モバイルアプリケーションまたはデスクトップアプリケーションにフォントを埋め込むことは許可されていません。フォントメーカーまたは公認の販売元から直接、該当するライセンスを購入する必要があります。

フォントを Flash ファイルに埋め込むことはできますか。

はい。フォントは、Adobe Animate または Flash Professional などのオーサリングアプリケーションを使用してサブセット化することにより、SWF ファイルおよび AIR アプリケーションに埋め込むことができます。他の電子ドキュメントの場合と同様、フォントは既存のコンテンツの表示や印刷にのみ使用できます。新しいコンテンツの作成やダイナミックコンテンツには使用できません。

映画またはビデオコンテンツの制作でフォントを使用することはできますか。

はい。Adobe Premiere Pro、Adobe After Effects などのツールを使用して、社内や商用展示会、放送で使用する映画やビデオコンテンツの制作にフォントを使用することができます。YouTube や Vimeo などのサービス経由でオンライン配信されるビデオコンテンツにフォントを使用することもできます。

一度にアクティベートできるフォントの数に制限はありますか。

いいえ、アクティベートできるフォントの数に制限はありません。ただし、フォントメニューをできるだけ短くしパフォーマンスを最適化するために、使用しなくなったフォントをディアクティベートすることをお勧めします。フォントをもう一度使用する必要が生じた場合は、いつでも再アクティベートできます。

フォントには、ドキュメントを印刷用に送信するための InDesign または Illustrator パッケージワークフローとの互換性はありますか。

いいえ。利用規約では、フォントを他のユーザーまたはコンピューターに転送することは許可されていないので、ファイルと共にパッケージに含めることはできません。Creative Cloud サブスクリプションを通じて、または恒久デスクトップライセンスを購入して、印刷を許可するライセンスを適用する必要があります。

詳しい情報は、フォントファイルのパッケージに関するヘルプページに記載されています。

InDesign Server でフォントを使用できますか。

いいえ。フォントのライセンスには、InDesign Server との互換性がありません。InDesign Server で使用するフォントに適用されるフォントライセンスを、フォントメーカーから直接、または公認の販売店から購入する必要があります。

Creative Cloud をキャンセルした場合、これらのフォントを使用して作成したファイルを使用し続けることはできますか。

状況によって異なります。PDF や画像形式などのフォントデータが埋め込まれたファイル、およびラスタライズまたはアウトライン化されたテキストは、キャンセル後もすべて正しく表示されます。これらのタイプのファイルは、サブスクリプションの状態にかかわらず、再生成や配布をおこなうことができます。

InDesign または Word ドキュメントなど、コンピューター上のフォントを参照するドキュメントでは、フォントが見つからないという警告が表示され、Adobe Fonts からのフォントの代わりにプログラムのデフォルトフォントが使用されます。これらのファイルの表示または編集を続けるには、新しいフォントライセンスを購入し、該当するフォントをコンピューターにインストールする必要があります。

フォントを恒久デスクトップライセンスで使用できますか。カスタムライセンスが必要な場合はどうしたらよいですか。

恒久デスクトップフォントライセンスおよびカスタムフォントライセンスは、フォントメーカーの Web サイトまたはメーカー公認の販売店から購入できます。

Adobe Originals 書体の恒久デスクトップライセンスは、アドビのパートナーである Fontspring を通じて販売されます。Adobe Originals のカスタムフォントライセンスは、現時点では販売されていません。

Adobe Fonts の Web フォント

Web フォントを個人または企業の Web サイトで使用することはできますか。

はい。Web サイトがブラウザー内で(デスクトップまたはモバイルデバイスで)表示される場合、 Web フォントライセンスによって認められます。

また、Web フォントライセンスに従い、Adobe が提供する埋め込みコードによってフォントを Web サイトに追加しなければなりません。その仕組みについては、Web サイトへのフォントの追加に関するチュートリアルで説明しています。

Web フォントを顧客の Web サイトに使用することはできますか。

現在の利用規約では、2019 年 12 月 31 日まで代理店による再販が認められています。それ以降は、Web フォントをホストするために、お客様自身が独自の Creative Cloud サブスクリプションを使用する必要があります。

顧客が独自の Web フォントを選択できる Web サイトパブリッシングサービスを構築する場合は、Adobe I/O プラットフォームのドキュメント(英語)を参照してください。

Web フォントを HTML 電子メールまたはニュースレターで使用できますか。

はい。@import CSS 埋め込みコードは、カスタムフォントを HTML 電子メールまたはニュースレターに含めるために使用できます。詳しくは、HTML 電子メールまたはニュースレターのヘルプページを参照してください。

Web フォントをバナー広告に使用できますか。

はい。CSS 埋め込みコードは、バナー広告のカスタムフォントに含める際に使用できます。

顧客が Web フォントを使用して私が販売する製品をカスタマイズできるようにすることはできますか。

いいえ。フォントのライセンスでは、お客様が販売するデザインのテキスト部分をお客様の顧客が変更し、フォントを適用することは許可されていません。これは、グリーティングカード、T シャツ、コーヒーカップなどのデジタルならびに物理的な製品のいずれにも適用されます。

顧客のために 1 つずつカスタムデザインを作成することはできますが、顧客自身が Web サイトやその他のサービスを通じてフォントを使用し、製品をカスタマイズできるようにすることはできません。お客様の顧客が独自のコンテンツを作成できるようにするには、フォントメーカーまたは公認の販売元から直接、カスタムライセンスを購入する必要があります。

Web フォントを、作成中のモバイルアプリケーションまたはデスクトップアプリケーションに埋め込むことはできますか。

いいえ。フォントのライセンスでは、モバイルアプリケーションまたはデスクトップアプリケーションにフォントを埋め込むことは許可されていません。フォントメーカーまたは公認の販売元から直接、該当するライセンスを購入する必要があります。

ただし、Web フォントはモバイルアプリケーションまたはデスクトップアプリケーション内の Web ビューでは表示されます。

所有するサーバーで Web フォントファイルをホストすることはできますか。

いいえ。フォントはローカルホストできません。Web フォントホスティングでは、グローバルに分散されたコンテンツ配信ネットワーク(CDN)からフォントを配信しており、静的なアセットについては、ローカルホスティングよりも優れたパフォーマンスとスケーラビリティを実現できます。

Creative Cloud をキャンセルした場合、Web サイトでフォントを使用し続けることはできますか。

いいえ。Creative Cloud サブスクリプションをキャンセルすると、Web フォントを Web サイトで使用することはできなくなります。Web フォントを使用しているサイトでは、フォントスタックで指定したフォールバックフォントまたはブラウザーのデフォルトのフォントが表示されます。

Web サイトで使用する Web フォントに対してページビューの制限はありますか。

いいえ。Creative Cloud サブスクリプションからホストされた Web フォントの月ごとのページビュー数に制限はありません。 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー