マニュアル キャンセル

デスクトップアプリケーションの環境にないフォントの解決

  1. Adobe Fonts ユーザガイド
  2. はじめに
    1. システムおよびサブスクリプション要件
    2. ブラウザーと OS のサポート
    3. コンピューターへのフォントの追加
    4. Web サイトへのフォントの追加
    5. CC Mobile でのフォントの追加
  3. フォントのライセンス
    1. フォントのライセンス
    2. アカウントの管理
    3. Creative Cloud エンタープライズ版のお客様へのライセンス供与について
    4. アカウントへのフォントライセンスの追加
    5. サブスクリプションライブラリからのフォントの削除
    6. 中国で登録された Adobe ID は Adobe Fonts の利用対象外
    7. Creative Cloud サブスクリプションにこれらのフォントが含まれていない理由
    8. 2021 年 9 月に Morisawa フォントを一部提供を停止
  4. フォントの入手と使用
    1. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Fonts の使用
    2. フォントの管理
    3. デスクトップアプリケーションでの見つからないフォントの解決
    4. InDesign でのフォントの使用
    5. フォントとタイポグラフィ
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの web フォントの使用
    7. InCopy でのフォントの使用
    8. Adobe Muse でフォントを使用する方法
    9. Muse での web フォントの使用
    10. フォントファイルのパッケージング
    11. トラブルシューティングガイド:フォントの追加
    12. 追加したフォントがフォントメニューに表示されない
    13. 「1 つ以上のフォントを追加できません」または「同じ名前のフォントが既にインストールされています」
    14. 現在使用しているフォントがフォントメーカーによって更新された場合
  5. Web デザインと開発
    1. Web サイトへのフォントの追加
    2. トラブルシューティングガイド:web サイトへのフォントの追加
    3. HTML 電子メールまたはニュースレターでの web フォントの使用
    4. Accelerated Mobile Pages(AMP)を使用した web フォントの使用
    5. CSS セレクター
    6. font-display settings を使用した web フォントのパフォーマンスのカスタマイズ
    7. 埋め込みコード
    8. ダイナミックサブセットと web フォント提供
    9. フォントイベント
    10. Web フォントが use.typekit.net から読み込まれるのはなぜですか。
    11. サイトが use.typekit.net に接続できない
    12. CodePen での web フォントの使用
    13. ブラウザーと OS のサポート
    14. ドメイン
    15. ローカル開発環境での web フォントの使用
    16. コンテンツセキュリティポリシー
    17. Web フォントの印刷
  6. 言語サポートと OpenType 機能
    1. 言語サポートとサブセット
    2. OpenType 機能の使用
    3. CSS での OpenType 機能の構文
  7. フォント技術
    1. OpenType-SVG カラーフォント
    2. 貂明朝:バージョン 1.000 からのアップデートに関する要点

ファイルを開いたときに環境にないフォントエラーメッセージが表示された場合は、そのファイルが現在お使いのコンピューターにないフォントを使用していることを意味します。環境にないフォントの問題を解決せずに続行すると、デフォルトのフォントが代替で使用されます。ドキュメントの外観に非常に大きく影響 する場合があるので、環境にないフォントの問題を解決することをお勧めします。

環境にないフォントの置き換え

InDesign、Photoshop、および Illustrator には、Adobe Fonts が完全に組み込まれています。  ご使用のコンピューターでは利用できないフォントを使用するファイルを開くと、環境にないフォントウィンドウに、Creative Cloud サブスクリプションに組み込まれているフォントが表示されます。

追加するフォントのチェックボックスをオンにして、「追加」ボタンをクリックすると、コンピューターにフォントが追加されます。

注意:

Creative Cloud を介して環境にないフォントを追加するには、インターネットに接続し、Creative Cloud デスクトップにログインする必要があります。

フォントは、コンピューターに追加されると、文書内のテキストに自動的に適用されます。その後、通常どおりに作業を続行できます。

新規フォントを追加する際に問題がある場合、環境にないフォントダイアログに、または Creative Cloud デスクトップにエラーメッセージが表示されます。

新規フォントを追加する際に別の問題が発生した場合は、トラブルシューティングガイドを参照してください。

フォント統合のないデスクトップアプリケーションの場合

フォントの取り入れ機能がないアプリケーションの場合、フォントが文書から欠落していると、さまざまな異なるメッセージが表示されます。アプリケーションによっては、環境にないフォントについて全く警告せず、単に自動的にデフォルトのフォントに置き換えます。

環境にないフォントを Adobe Fonts の Web サイトから参照または検索し、これらのフォントを Creative Cloud デスクトップを使用して追加することができます。これらのフォントは、コンピューターに追加されると、デスクトップソフトウェアプログラムから使用できるようになります。

新規フォントを追加した後、これらのフォントをフォントメニューに表示するには、アプリケーションの再起動が必要になることがあります。

フォントが Adobe Fonts にない場合はどうなりますか?

サブスクリプションライブラリに組み込まれていないフォントが必要な場合は、フォントメーカー Web サイトから、または Fontspring など、フォントリセラーからの購入をご検討ください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合