ファイルを開いたときに環境にないフォントエラーメッセージが表示された場合は、そのファイルが現在お使いのコンピューターにないフォントを使用していることを意味します。環境にないフォントの問題を解決せずに続行すると、デフォルトのフォントが代替で使用されます。ドキュメントの外観に非常に大きく影響 する場合があるので、環境にないフォントの問題を解決することをお勧めします。

環境にないフォントを置き換える

InDesign、Photoshop、および Illustrator には、Adobe Fontsが完全に組み込まれています。ご使用のコンピューターでは利用できないフォントを使用するファイルを開くと、環境にないフォントウィンドウに、Creative Cloud サブスクリプションに組み込まれているフォントが表示されます。

InDesign における環境にないフォントウィンドウ

アクティベートするフォントのチェックボックスをオンにして、「アクティベート」ボタンをクリックすると、コンピューターにフォントが追加されます。

注意:

Creative Cloud を介して環境にないフォントをアクティベートするには、インターネットに接続し、Creative Cloud デスクトップアプリケーションにログインする必要があります。

InDesign のフォントのアクティベート成功のウィンドウ

フォントは、コンピューターに追加されると、文書内のテキストに自動的に適用されます。その後、通常どおりに作業を続行できます。

新規フォントをアクティベートする際に問題がある場合、環境にないフォントダイアログに、または Creative Cloud デスクトップアプリケーションにエラーメッセージが表示されます。

新規フォントを追加する際に別の問題が発生した場合は、トラブルシューティングガイドを参照してください。

フォントの取り入れ機能がないデスクトップアプリケーションの場合

フォントの取り入れ機能がないアプリケーションの場合、フォントが文書から欠落していると、さまざまな異なるメッセージが表示されます。アプリケーションによっては、環境にないフォントについて全く警告せず、単に自動的にデフォルトのフォントに置き換えます。

Keynote プレゼンテーションソフトウェアにおける環境にないフォント警告

環境にないフォントを Adobe Fonts の Web サイトから参照または検索し、これらのフォントを Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用してアクティベートすることができます。これらのフォントは、コンピューターに追加されると、デスクトップソフトウェアプログラムから使用できるようになります。

新規フォントを追加した後、これらのフォントをフォントメニューに表示するには、アプリケーションの再起動が必要になることがあります。

Word のフォントメニュー内のアドビフォント

フォントがAdobe Fonts にない場合はどうなりますか?

サブスクリプションライブラリに組み込まれていないフォントが必要な場合は、フォントメーカー Web サイトから、または Fontspring など、フォントリセラーからの購入をご検討ください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー