サブスクリプションライブラリからのフォントの提供終了

フォントの提供が終了されたとはどういう意味ですか。どうしてフォントの提供を終了するのですか。

フォントベンダーの要求に応じて、フォントライブラリからフォントの提供を終了する場合があります。

フォントのライセンス購入や配布ができなくなった場合や、フォントファミリーが大幅に更新された場合など、様々な理由で提供の終了が必要となる場合があります。 例えば、TypeTogether がかつて提供していた Alverata PE は全面的に刷新されたのでリタイアし、Alverata ファミリーに替わりました。

ライブラリからの提供が終了されたフォントを使用するドキュメントまたはプロジェクトを開くとどうなりますか。

提供が終了されたフォントを使用するファイルを開くと、Creative Cloud アプリケーションでは、環境に無いフォントに関する警告メッセージが表示され、Adobe Fonts のフォントの代わりに、プログラムのデフォルトのフォントが使用されます。 これらのファイルの表示または編集を続けるには、新しいフォントライセンスを購入し、該当するフォントをコンピューターにインストールする必要があります。

ドキュメントに無いフォントに対しても同様の環境に無いフォントのメッセージが表示されます。 このメッセージでは、フォントが以前に Adobe Fonts ライブラリに含まれていたかどうかは指定されません。

Web サイトにはどのような影響がありますか。

アドビでは、公開されているプロジェクトに対してフォントを今後も提供し続けていくので、フォントの提供が終了されても既存の Web サイトに影響は及びません。ただし、提供が終了されたフォントは新しいプロジェクトでは使用することはできません。また既存のプロジェクトからフォントを削除した場合、再度追加することもできません。

アクティブなデスクトップフォントにはどのような影響がありますか。

フォントの提供が終了される 30 日前にフォントファミリーのページで、終了される日と、置き換えられるフォントファミリー名を含むその他の詳細についての告知を表示します。

アクティブなフォントの中に提供の終了が予定されているフォントがある場合は、終了の 7 日前に、予定されている変更の注意喚起のメールが届きます。

フォントの提供が終了されると、アクティブなフォントのリスト、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのフォントメニュー、デスクトップソフトウェアのフォントメニューにフォントが表示されなくなります。

提供が終了されたフォントを使用して作成したファイルを使用し続けることはできますか。

状況によって異なります。PDF、画像またはビデオ形式などのフォントデータが埋め込まれたファイル、およびラスタライズまたはアウトライン化されたテキストは、キャンセル後もすべて正しく表示されます。Adobe Fonts でフォントの提供が終了されても、こうしたタイプのファイルは、再現され、配布されます。

InDesign または Word ドキュメントなど、コンピューター上のフォントを参照するドキュメントでは、フォントが見つからないという警告が表示され、Adobe Fonts からのフォントの代わりにプログラムのデフォルトフォントが使用されます。これらのファイルの表示または編集を続けるには、新しいフォントライセンスを購入し、該当するフォントをコンピューターにインストールする必要があります。

同じフォントを新しいプロジェクトでも使用するにはどうしたらよいですか。

ニーズに合った更新版のフォントがなく、フォントベンダーに置き換えられる場合は、フォントベンダーに問い合わせるか、フォントを購入できるかどうかを会社の Web サイトで確認してください。

Adobe Fonts の提供が終了されたフォントを使用する Adobe Stock テンプレートはどうなりますか?

提供が終了されたフォントを参照する Adobe Stock テンプレートでは、環境に無いフォントに関する警告が表示され、Adobe Fonts のフォントの代わりに、プログラムのデフォルトのフォントが使用されます。 これらのファイルの表示または編集を続けるには、フォントベンダーから新しいフォントライセンスを購入し、該当するフォントをコンピューターにインストールする必要があります。

Marketplace で購入したフォントはどうなりますか。

購入した Marketplace フォントはすべてアカウントに残るので、Web とデスクトップの両方で引き続き使用できます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン