マニュアル キャンセル

HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作方法
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    9. 線とシェイプの変更
    10. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    11. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    12. Animate CC のカラーパネル
    13. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    14. Animate でのクラシックテキストの操作
    15. Animate へのアートワークの挿入
    16. Animate に読み込まれたビットマップ
    17. 3D グラフィック
    18. Animate でのシンボルの操作
    19. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    20. Animate でのライブラリの使用
    21. サウンドの書き出し
    22. Animate CC でのオブジェクトの選択
    23. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    24. ブレンドモードの適用
    25. オブジェクトの配置
    26. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    27. 多言語テキスト
    28. Animate でのカメラの使用
    29. グラフィックフィルター
    30. サウンドと ActionScript
    31. 描画の環境設定
    32. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    12. スクリプトの記述と管理
    13. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    14. カスタムプラットフォームサポートの概要
    15. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    16. ActionScript 3.0 のデバッグ
    17. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    9. ベストプラクティス - ビデオ規則
    10. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    11. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    12. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    13. ActionScript パブリッシュ設定
    14. Animate のパブリッシュ設定の指定
    15. プロジェクターファイルの書き出し
    16. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    17. HTML パブリッシュ用テンプレート
    18. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    19. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ
  9. トラブルシューティング
    1. 解決済みの問題
    2. 既知の問題

 

Adobe Fonts の Web フォントの使用

Adobe Fonts の Web フォントを Adobe Animate の HTML5 Canvas ドキュメントで利用できるようになりました。

Adobe Fonts が Animate と統合されたことにより、品質に定評のあるフォントベンダーが提供する数千種類ものプレミアム Web フォントを HTML5 Canvas ドキュメントですぐに使用できます。

Adobe Fonts ライブラリから厳選された一部のフォントは、どのレベルの Creative Cloud プランでも使用できます。有料プランをご契約の場合は、ライブラリに登録されている数千種類に及ぶフォントをすべて使用できます。

Adobe Fonts に関するサブスクリプションプランについて詳しくは、Adobe Fonts を使用した Web フォントのホスティングを参照してください。

自己ホスト型の Web フォントとは異なり、Adobe Fonts は、ホステッドコンテンツで使用するものとして選択されたフォントをホストします。コンテンツ作成者が Adobe Fonts ライブラリからフォントを選択した後、ドキュメントを Web にパブリッシュすると、Adobe Fonts がこれらのフォントを自動的にホストし、コンテンツ作成者の Adobe Fonts アカウントを Web サイト上のコンテンツに接続します。

Adobe Fonts ライブラリは、Creative Cloud サブスクリプションの一部として利用できます。詳しくは、https://fonts.adobe.com を参照してください。新しい Adobe Fonts を購入することもできます。Animate を再起動すると、Adobe Fonts 画面の「すべてのフォント」タブに購入済みのフォントが表示されます。

HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用

  1. HTML5 Canvas ドキュメントを開き、ツールパネルでテキストツールを選択します。

  2. プロパティパネルでダイナミックテキストを選択し、フォントファミリードロップダウンボックスの横にある Web フォントを追加ボタンをクリックします。

  3. 表示される Web フォントを追加ウィンドウで、「利用を開始」をクリックします。

    Adobe Fonts を追加
    Adobe Fonts を追加

  4. Adobe Fonts を追加ダイアログには、ご利用の Creative Cloud サブスクリプションプランで提供されるすべての Adobe Fonts が一覧表示されます。様々なフォントをざっと閲覧したり、特定のフォントを検索したり、フォントの属性でフィルタリングしたりして、デザイン上のニーズに最も適したフォントを選択できます。

    「フィルター」をクリックすると、次のフィルターを選択できます。

    • 分類:Web フォントをセリフ、サンセリフ、スクリプトなどの分類に基づいてフィルタリングできます。
    • おすすめ:本文や見出しに適しているかどうかという基準でフォントをフィルタリングできます。
    • 書体の属性:書体の太さ、幅、高さなどの属性に基づいてフィルタリングできます。
    Adobe Fonts を追加ダイアログ
    Adobe Fonts を追加ダイアログ

  5. 使用したいフォントが見つかったら、そのフォントをクリックします。選択済みのフォントにはチェックマークが表示されます。一度に複数のフォントを選択できます。「選択したフォント」タブには、これまでに選択したすべてのフォントが表示されます。

    フォントプレビューフッターをクリックすると、細、ボールド、イタリックなどのすべてのバリエーションを表示できます。

    フォントの選択
    フォントの選択

    OK」をクリックして、選択したフォントを追加します。

    フォントファミリーメニューで選択された Web フォント
    フォントファミリーメニューで選択された Web フォント

  6. 追加された Web フォントを選択して、HTML5 Canvas ドキュメントで使用します。

    使用中のフォント
    選択したフォントをドキュメントで使用

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン