注意:

Photoshop Lightroom Classic CC(旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合Photoshop Lightroom CC のヘルプを表示してください。

ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディターでは、さまざまな用途のテキスト文字列を指定できます。ファイル名テンプレートエディターでは、テキスト文字列を使用して、ファイルの読み込み中または書き出し中にファイルに付けられる名前を設定できます。テキストテンプレートエディターでは、テキスト文字列を使用して、スライドショーの写真に追加する説明、プリントする写真に追加するテキストオーバーレイ、Web ギャラリーページに追加するタイトルやその他のテキストを設定できます。

トークンとは、設定された対応オプションによって置換されるテキスト文字列のことです。ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディターでは、トークンによってテキスト文字列を置換するコンテンツデータが指定されます。コンテンツデータを 1 つ 1 つ入力する手間を省き、写真ファイルに埋め込まれている既存データを活用できます。

ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディターには、次の要素が含まれています。

プリセット

プリセットを選択、保存、削除、または名前変更します。

画像名

ファイル名またはフォルダー名を使用するテキスト文字列オプションを指定します。

番号付け

3 種類の番号付けを指定します。「読み込み」は各読み込み処理の連番、「画像」はカタログに読み込まれた各写真の連番、「連番」は一連の写真における各写真の番号で、読み込むたびに「開始番号」を新たに選択できます(この要素は、ファイル名テンプレートエディターでは写真の書き出しを行うときに使用できません)。カタログ設定ダイアログボックスの「ファイル管理」タブで、「読み込み」と「画像」に開始番号を指定します。カタログ設定のカスタマイズを参照してください。

追加項目

作成(撮影)日時または EXIF(Exchangeable Image Format)データを使用するテキスト文字列オプションを指定します。この要素は、ファイル名テンプレートエディターでは、写真の読み込みまたは自動読み込みを行うときにのみ使用可能です。

連番と日付

連番と作成(撮影)日時を使用するテキスト文字列オプションを指定します。この要素は、ファイル名テンプレートエディターでは、写真の書き出しを行うときにのみ使用可能です。

メタデータ

IPTC または EXIF メタデータを使用するテキスト文字列オプションを指定します。この要素は、ファイル名テンプレートエディターでは、写真の書き出しを行うときにのみ使用可能です。

Exif データ

EXIF データを使用するテキスト文字列オプションを指定します。この要素は、テキストテンプレートエディターでは、スライドショーの作成、写真のプリントまたは Web フォトギャラリーの作成を行うときにのみ使用可能です。

IPTC データ

EXIF データを使用するテキスト文字列オプションを指定します。この要素は、テキストテンプレートエディターでは、スライドショーの作成、写真のプリントまたは Web ギャラリーの作成を行うときにのみ使用可能です。

カスタム

テキスト文字列用に指定したオプションを使用します。

ファイル名テンプレートエディターを使用したプリセットの選択

  1. 次のいずれかの操作を行い、ファイル名テンプレートエディターを開きます。
    • ファイルをコピーまたは移動して写真を読み込む場合は、読み込みウィンドウの右側のファイル名の変更パネルで、テンプレートメニューから「編集」を選択します。詳しくは、読み込み時における写真の名前の変更を参照してください。

    • ファイル/自動読み込み/自動読み込み設定を選択し、自動読み込み設定ダイアログボックスのファイルの名前メニューから「編集」を選択します。詳しくは、自動読み込み設定の指定を参照してください。

    • ファイル/書き出しを選択し、書き出しダイアログボックスの「ファイルの名前」領域にあるテンプレートメニューから「編集」を選択します。

    • ライブラリ/写真名を変更を選択し、名前の変更ダイアログボックスの「ファイルの名前」領域にあるテンプレートメニューから「編集」を選択します。

  2. プリセットメニューからプリセットを選択します。

テキストテンプレートエディターを使用したプリセットの選択

  1. 次のいずれかの操作を行い、テキストテンプレートエディターを開きます。
  2. プリセットメニューからプリセットを選択します。

ファイル名テンプレートプリセットとテキストテンプレートプリセットの作成と保存

  1. ファイル名テンプレートエディターダイアログボックスまたはテキストテンプレートエディターダイアログボックスで、オプションを選択し、「挿入」を必要なカテゴリの数だけクリックします。この操作により、テキスト文字列が作成されます。

    例えば、画像名メニューから「ファイル名」を選択し、「挿入」をクリックします。トークンがプリセットメニューの下の例ウィンドウに追加されます。トークンは必要な数だけ追加できます。

  2. トークンを変更するには、例ウィンドウに表示されているトークンの上にポインターを移動します。他のオプションを表示するには三角形をクリックし、ポップアップメニューからオプションを選択します。
  3. トークンを削除するには、ウィンドウ内で目的のトークンを選択して Delete キーを押します。

    トークン設定をプリセットとして保存せずにすぐに使用する場合は、次の手順を省略して「完了」をクリックします。

  4. (オプション)再利用できるように設定を保存するには、プリセットメニューで「現在の設定を新規プリセットとして保存」を選択します。新規プリセットダイアログボックスで、「プリセット名」フィールドに名前を入力して「作成」をクリックします。

ファイル名テンプレートプリセットとテキストテンプレートプリセットの名前の変更

  1. ファイル名テンプレートエディターまたはテキストテンプレートエディターで、プリセットメニューからプリセットを選択します。
  2. プリセットメニューから「プリセット [プリセット名] の名前を変更」を選択します。

ファイル名テンプレートプリセットとテキストテンプレートプリセットの削除

  1. ファイル名テンプレートエディターまたはテキストテンプレートエディターで、プリセットメニューからプリセットを選択します。
  2. プリセットメニューから「プリセット [プリセット名] を削除」を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー