Adobe Media Encoder に読み込まれたキャッシュ済みオーディオおよびビデオファイルへのリンクを含むメディアキャッシュデータベースの概要を理解します。

Adobe Media Encoder は、一部の形式のビデオとオーディオを読み込むときに、これらのアイテムのバージョンを処理およびキャッシュして、すばやくアクセスできるようにします。読み込んだオーディオファイルはそれぞれ調整されて新しい .cfa ファイルになり、MPEG ファイルにはインデックスが追加されて新しい .mpgindex ファイルになります。

注意:

ファイルを最初に読み込んだ場合、メディアが処理されキャッシュが実行される間、速度が遅く感じる場合があります。

データベースには、キャッシュされたメディアファイルへのリンクが保持されます。このメディアキャッシュデータベースは、Adobe Media Encoder、Adobe Premiere Pro、After Effects で共有されるので、これらのどのアプリケーションも、同じキャッシュファイルを読み書きすることができます。いずれかのアプリケーションでデータベースの場所を変更すると、他のアプリケーションでの場所情報も更新されます。どのアプリケーションにも固有のキャッシュフォルダーがありますが、それらすべてを同一のデータベースが追跡します。

編集/環境設定/メディア/メディアキャッシュファイルを使用して、メディアキャッシュデータベースおよびキャッシュファイルの場所を変更できます。詳しくは、環境設定を参照してください。

メディアキャッシュデータベースまたはメディアキャッシュ自体の保存場所を変更するには、メディアの環境設定のいずれかの「参照」ボタンをクリックします。

最適化されたファイルとインデックスファイルをキャッシュから削除して、それらのエントリをデータベースから削除するには、「クリーンアップ」をクリックします。このコマンドでは、ソースファイルがないアイテムに関連するファイルだけが削除されます。

注意:

クリーンアップ」ボタンをクリックする前に、現在使用しているソースメディアを含むストレージデバイスがコンピューターに接続されていることを確認してください。フッテージがあるストレージデバイスが接続されていなかったので、フッテージがないと見なされた場合、メディアキャッシュ内の関連するファイルが削除されます。その後、後でこのフッテージを使用する場合、フッテージの再確認またはインデックスの再作成が必要になります。

注意:

クリーンアップ」ボタンを使用してデータベースとキャッシュをクリーンアップしても、ソースファイルがあるフッテージアイテムに関連するファイルは削除されません。最適化されたファイルとインデックスファイルを手動で削除するには、メディアキャッシュフォルダーに移動してファイルを削除します。メディアキャッシュフォルダーの場所はメディアの環境設定に表示されます。パスが途中で切れている場合は、「参照」ボタンをクリックするとパスが表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー