マニュアル キャンセル

Adobe Media Encoder の既知の問題

この文書では、Adobe Media Encoder の既知の問題の一覧について説明します。

Adobe ビデオおよびオーディオ製品での Rosetta のサポートの終了

バージョン 24.0 以降、Adobe ビデオおよびオーディオ製品は、Rosetta エミュレーション(Apple M1/M2 で動作する Intel バージョン)をサポートしなくなりました。M1/M2 マシンでは Creative Cloud デスクトップに引き続き Rosetta オプションが表示されますが、これによりネイティブの Apple シリコンバージョンが起動されます。Intel バージョンは、Mac Intel マシンでのみ実行できます。

Rosetta を使用して開く」オプションは、情報の取得ウィンドウでは使用できなくなりました。

2023年12月リリース(バージョン 24.1)

  • Adobe Media Encoder のビデオエフェクトマネージャーには、Mac 上の fxFactory エフェクトが表示されません。

一部のカメラカードをコピーインジェストしようとすると、Adobe Media Encoder がクラッシュする

問題:インジェストコピー設定を使用して、ARRI、AVCHD、Canon XF、Panasonic P2、Canon RAW、XDCAM EX または XDCAM HD などの特定のファイル構造のカメラカードを読み込むと、Adobe Media Encoder がクラッシュします。この問題は Adobe Media Encoder にあり、アプリケーションが Adobe Media Encoder に依存してインジェストを行うので、Premiere Pro にも影響します。

回避策:まずカメラカードをコピーしてから、インジェスト設定をオフにしてメディアブラウザーを通じて読み込みます。

2023年8月リリース(バージョン 23.6)

メディア Twitter(X)を公開すると、書き出し機能が失敗する

問題:Twitter(X)とその API に対する最近の変更を考慮して、Adobe Media Encoder から Twitter(X)にメディアを直接公開しようとすると、書き出し機能が失敗します。

回避策:この問題は、次回のリリースで解決されています。以前のバージョンでは、メディアをローカルに書き出し、Twitter(X)経由で Twitter(X)に公開する必要があります

2023年6月リリース(バージョン 23.5)

Apple シリコンでハードウェアエンコードされた HEVC ファイルを、再生またはシークできない

問題:Apple シリコンで生成された、ハードウェアエンコードされた HEVC ファイルは、再生またはシークできません。

回避策:ハードウェアエンコードの HEVC 出力を無効にします。

Dynamic Link の互換性の問題(Windows のみ)

問題:アプリバージョン 23.5 と下位バージョン 23.x の間で Dynamic Link を使用すると、Windows でレンダリングの問題が発生します。

解決策:Premiere Pro、After Effects または Adobe Media Encoder のバージョン 23.5 を使用している場合は、すべてのビデオアプリを 23.5 に更新する必要があります。Character Animator を使用している場合の例外:Character Animator 23.5 は存在しないので、代わりに、すべてのビデオアプリが以前のバージョンの 23(23.0、23.1、23.2、23.3 または 23.4)であることを確認する必要があります。または、Character Animator での Dynamic Link の使用が Adobe Media Encoder 経由の書き出しに制限されている場合は、他のアプリのバージョンの影響を受けないので、代わりに、クイック書き出しコマンドを回避策として使用できます。

2022年12月リリース(バージョン 23.1)

Adobe Media Encoder 23.1 での H.264 および HEVC の書き出しの問題

問題:Windows で Premiere Pro 23.1 を使用した H.264 および HEVC または H.265 の書き出しに影響を及ぼす問題。

この問題は、名前に 2 バイト文字(中国語、日本語、韓国語など)または拡張 ASCII 文字(アクセントやウムラウトなど)を使用したフォルダーへの H.264 および HEVC または H.265 の書き出しに影響を及ぼします。

影響を受けるユーザーには次のメッセージが表示されます。「ファイルの読み込み機能により、%filename.mp4% のファイル構造の矛盾が検出されました。 このファイルのメタデータ(XMP)の読み取りと書き込みができませんでした。」

回避策:修正が入手可能になったらお知らせします。ただし、この問題が発生した場合は、次のいずれかのオプションを使用してください。

2022年10月リリース(バージョン 23.0)

エンコードまたはキューの完了時の通知が macOS 13 で表示されません。

2022年6月リリース(バージョン 22.5)

  • Media Encoder が、キューを一時停止した後にこのアプリケーションを終了しようとするとハングします。
  • Media Encoder が、キューを一時停止した後で停止しようとするとハングします。
  • Media Encoder から Facebook にビデオを直接公開できません。Facebook へのログインが失敗することがあります。ログインが成功した場合でも、アップロードが Facebook に拒否されます。回避策として、メディアをローカルコンピューターに書き出してから、Facebook の web サイト経由でアップロードします。

2022年4月リリース(バージョン 22.3.1)

レンダリングの問題

M1 Pro、m1 Max、M1 Ultra システムの Premiere Pro または Media Encoder では、ProRes 4444 および ProRes 4444XQ コーデックのバリエーションをアルファチャンネルでレンダリングすると、次のエラーが発生することがあります。

Adobe Media Encoder でのムービーのコンパイルエラー
Adobe Media Encoder でのムービーのコンパイルエラー

この問題を一時的に回避するには、メディア環境設定ダイアログ(環境設定メディア)を使用して ProRes ハードウェアエンコードを無効にします。

  1. ProRes ハードウェアアクセラレーションエンコーディングを有効にする(利用可能な場合)」オプションの選択を解除します。デフォルトでは、オンになっています。
  2. OK」を選択し、レンダリングを再試行します。
環境設定ダイアログボックス
環境設定ダイアログボックス

Adobe Stock と Adobe Media Encoder

Adobe Stock を宛先に使用できなくなりました。 この問題を回避するには、Adobe Stock web サイトにビデオを直接アップロードします。 詳しくは、コンテンツのアップロードを参照してください。

2021年12月リリース(バージョン 22.1.1)

Premiere Pro または Media Encoder で、M1 ベースの Mac のメモリ不足エラーが発生している場合は、アドビアプリケーションに割り当てられているメモリの量を調整すると、エラーの発生を減らしたり、解消したりすることができます。オペレーティングシステムで使用するメモリの量を増やして、アドビとその他のアプリケーションまたは OS とのバランスを 50% にすることもできます。

この問題を回避するには、以下を実行します。

メモリの環境設定ダイアログ(環境設定メモリ)のメモリ割り当て領域には、アドビとその他のアプリケーションで使用できる RAM の容量が表示されます。

  1. 他のアプリケーション用に一覧表示されている値を変更し、インストールされている RAM の合計の 50% を表すようにします。
  2. アドビアプリケーションを再起動して、新しいメモリ割り当てを有効にします。
メモリの割り当て
メモリの割り当て

2021年7月リリース(バージョン 15.4)

  • 問題:メディアコンテンツの Adobe Stock への公開が失敗して、エラーメッセージが表示されます。
    回避策:SFTP 経由でメディアコンテンツを手動で Adobe Stock サーバーにアップロードします。詳しくは、Adobe Stock へのコンテンツのアップロードを参照してください。

2021年5月リリース(バージョン 15.2)

  • 問題:メディアブラウザーから Adobe Media Encoder のキューに追加する場合、チームプロジェクトシーケンスの Stock オーディオアセットがオフラインになります。
    回避策:Adobe Media Encoder のメディアブラウザーからチームプロジェクトを読み込むのではなく、Premiere Pro から Adobe Media Encoder のキューにシーケンスを入れます。

2021年3月リリース(バージョン 15.0)

  • 問題:キャプションが埋め込まれたメディアファイルに対して、キャプションの書き出しオプションが見つかりません
    回避策:キャプションが埋め込まれたメディアファイルを Premiere Pro 内のシーケンスに配置し、シーケンスを Media Encoder にキューします。キャプションの書き出しオプションは、Premiere シーケンスで使用できます。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合