環境設定

アピアランス、メディア、ハードウェアといった環境設定を構成することによって、Adobe Media Encoder を最大限に利用する方法を説明します。

Adobe Media Encoder の外観と動作は、様々な方法でカスタマイズできます。例えば、キューを自動的に開始したり、ユーザーインターフェイスの明るさを設定したりできます。ほとんどの環境設定は、変更するまで維持されます。 

環境設定ダイアログボックスを開くには、編集/環境設定(Windows)または Adobe Media Encoder/環境設定(mac OS)を選択します。

デフォルトの環境設定に戻すには、アプリケーションの起動中に Shift キーを押したままにします(Windows と mac OS の両方)。

ユーザーの環境設定ファイルとプリセットフォルダーは、お使いのコンピューターの次のパスにあります。

  • Windows の場合:\Users\<username>\Documents\Adobe\Adobe Media Encoder\14.0\ 
  • mac OS の場合:<drive>/Users/<username>/Documents/Adobe/Adobe Media Encoder/14.0/

一般環境設定

一般環境設定
一般環境設定

次の時間アイドルだった場合にキューを自動的に開始

アイテムをキューに追加した後、指定した時間内に自動的にエンコード処理が開始します。アプリケーションを操作すると、カウントダウンタイマーがリセットされます。この自動開始機能を無効にするには、このオプションの選択を解除します。この環境設定はデフォルトではオフになっています。

 

キューのエンコード経過時間を表示

エンコードが開始された後に経過した時間を表示します。

エンコード時にプレビュー

エンコーディングパネルでビデオをエンコードしているときにビデオフレームを表示します。

エンコードの終了時にチャイムを鳴らす

エンコードの終了時にチャイムが鳴ります。

完了したファイルを終了時にキューから削除

アプリケーションの終了時に、エンコードキューからエンコードしたアイテムを削除します。

並列エンコーディングを有効にする

並列エンコーディングは、ソースのすべての出力を同時にエンコーディングすることで、処理を高速化します。出力形式が並列エンコーディングをサポートしていない場合は、各出力が個別にレンダリングされます(順次エンコーディング)。

デコードエラーが検出された場合は現在のアイテムを停止する

一部の MXF ソースでは、デコーディングエラーが検出されると、重複するフレームが挿入されます。このオプションを使用して、重複するフレームを挿入する代わりに、デコーディングエラーが検出された場合にエンコードを停止します。このオプションはデフォルトで有効になっています。

画像シーケンスを監視フォルダーから読み込む

このオプションを有効にすると、監視フォルダー内のファイル名が連番になっている画像ファイルが、単一のソースとして読み込まれます。  タイマーを設定して、すべての連続ファイルを読み込む前に AME が待つ時間を調整します。

Premiere Pro のシーケンスをネイティブに読み込む

Premiere Pro がインストールされていないシステムに Premiere のシーケンスを読み込めるようにします。

見つからないアイテムが検出された場合は、出力をエンコードしない

見つからないアイテム(オフラインメディア、見つからないフォントなど)が検出されたときに、特定のソースや出力に関する警告を表示します。  見つからないアイテムを含む出力をエンコードしない場合は、この設定を有効にします。

プリセット名をファイル名に追加

出力ファイル名にエンコードプリセット名を自動的に追加します。

同じ名前のファイルが存在する場合は出力ファイル名に連番を付ける

初期設定では、出力ファイルを既存のファイルと同じ場所に同じ名前で作成すると、新しいファイルの名前に連番が付けられます。例えば、ビデオクリップをエンコードし、video.avi という出力ファイルを作成したとします。その後、その video.avi を削除せずに同じファイルを再エンコードすると、新たに video_1.avi というファイルが作成されます。

「同じ名前のファイルが存在する場合は出力ファイル名に連番を付ける」チェックボックスをオフにする場合は、ファイルを誤って上書きしてしまわないよう、ファイル名に連番を付けてください。

出力ファイルの保存先を指定

初期設定では、書き出したファイルはソースビデオクリップと同じフォルダーに配置されます。エンコードしたメディアクリップを配置する別の出力先フォルダーを選択するには、システム上の目的のフォルダーに移動します。

モニターのカラーマネジメントを使用

カラーマネージャーはモニター設定に従ってモニターのフレームを管理します。デフォルトでは、「モニターのカラーマネジメントを有効にする」は無効になっています。このパラメーターは、メディアブラウザーおよびエンコーディングパネルでのサムネール表示に影響を与えます。書き出されるメディアは、この設定の影響を受けません。

色の管理
色の管理

アピアランス

アピアランス設定
アピアランス設定

明るさ

インターフェイスの明るさを調整します。

言語

アプリケーションで使用する言語を指定します。

ハイライトカラー

青いハイライトカラーの明るさと彩度、インタラクティブコントロール、焦点インジケーターも制御します。

メディア

メディア設定
メディア設定

メディアキャッシュファイル - 可能な場合は、元のファイルの横にあるメディアキャッシュファイルを保存します

デフォルトの場所が表示されます。「参照」をクリックして、目的の場所に移動します。

メディアキャッシュデータベース

データベースのデフォルトの場所が表示されます。「参照」をクリックして、目的の場所に移動します。「クリーンアップ」をクリックして、データベースをクリーンアップします。

不確定メディアのタイムベース

イメージシーケンスなどのタイムベースを継承せずにソースのフレームレートを設定します。

読み込みにキャプションを含める

Adobe Media Encoder にファイルを読み込むときにキャプションを含めるには、このボックスをオンにします。

H.264/HEVC ハードウェアによる高速処理デコーディング (再起動が必要)

この環境設定を使用すると、AMD、NVIDIA、またはIntelからのハードウェアデコードを有効または無効にできます。

お使いのシステムでのカードの利用に応じて、AMEにはAMD、NVIDIA、Intelの各オプションが表示されます。

デフォルトでは、このオプションは有効になっています。

このオプションは Windows でのみ使用できます。 

 

詳しくは、メディアキャッシュデータベースの管理を参照してください。

メタデータ

メタデータ設定
メタデータ設定

読み込み時に XMP ID をファイルに書き込み

識別子が付いていないファイルの読み込み時に、ファイルに固有の識別子を書き込みます。

「メタデータ」カテゴリのその他の設定については、XMP メタデータの書き出しと簡略化を参照してください。

メモリ

メモリ設定
メモリ設定

他のアプリケーション用に確保する RAM

Adobe Media Encoder は、Adobe Premiere Pro、After Effects、Prelude および Photoshop とメモリプールを共有します。「他のアプリケーション用に確保する RAM」の値は、このメモリプールのメモリ容量を示します。他のアプリケーション(およびオペレーティングシステム)用の RAM 容量を変更して、この値を変更することができます。メモリプールを共有するアプリケーション用の RAM 容量を増やすには、他のアプリケーション用に確保する RAM の値を小さくします。

注意:他のアプリケーションの環境設定用に確保する RAM の値を小さくしすぎないでください。オペレーティングシステムと他のアプリケーション用のメモリ容量を小さくしすぎると、パフォーマンスが低下します。

設定を同期

設定を同期
設定を同期

環境設定の「設定を同期」を使用することで、複数のマシン間で設定を同期できます。ワークスペースレイアウト、キーボードショートカット、およびプリセットに関連付けられた環境設定を Creative Cloud アカウントにアップロードできます。設定をダウンロードし、他のマシンに適用できるようになります。

詳しくは、同期設定を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン