エンコーディングパネルおよびプリセットブラウザーなど、Adobe Media Encoderのワークスペースの概要については、このページを参照してください。

Adobe Media Encoder は、Adobe Premiere Pro、Adobe After Effects、Adobe Audition、Adobe Character Animator および Adobe Prelude のエンコーディングエンジンとして機能します。Adobe Media Encoder をスタンドアロンのエンコーダーとして使用することもできます。

Adobe Media Encoder が備える全機能の使用に関する概要は、Jan Ozer によるこのビデオを参照してください。

Adobe Media Encoder の基礎

Adobe Media Encoder を使用すると、YouTube や Vimeo などのビデオ共有サイト、プロが使用するテープデッキから DVD プレーヤー、携帯電話、高精細テレビまでの幅広いデバイスにビデオを書き出すことができます。

Adobe Media Encoder CC の概要

Adobe Media Encoder CC の概要
様々な形式でオーディオファイルおよびビデオファイルを提供できるトランスコードおよびレンダリングのためのアプリケーションである Adobe Media Encoder CC について学習します。
Joost van der Hoeven

その他のリソース

Adobe Media Encoder のワークスペース

Adobe Media Encoder には、ファイルのエンコーディング中に使用するメインパネルが 5 つあります。1 つのフレーム内でパネルをタブとしてグループ化したり、別個のパネルとして分離したりすることができます。

1-AME Interface
Adobe Media Encoder ユーザーインターフェイス

A. エンコーディングパネル B. キューパネル C. プリセットブラウザー D. 監視フォルダー E. メディアブラウザー 

 

ワークスペースを要件に合わせてカスタマイズしたら、ウィンドウワークスペース新規ワークスペースを選択してカスタムワークスペースを作成します。

注意:

Adobe Media Encoder の多くのコマンドには、キーボードショートカットが備わっているので、マウスの使用回数を最小限に抑えて、タスクを迅速に完了することができます。Adobe Media Encoder のデフォルトのキーボードショートカットについては、このページを参照してください。

エンコーディングパネル

エンコーディングパネルには、エンコードされる各アイテムのステータスに関する情報が表示されます。

複数の出力を同時にエンコードする場合、エンコーディングパネルには各エンコーディング出力のサムネールプレビュー、プログレスバーおよび推定完了時間が表示されます。詳しくは、並列エンコーディングを参照してください。

 

2-Encoding panel in parallel
並列エンコーディングの進行状況を表示するエンコーディングパネル

キューパネル

エンコードするファイルをキューパネルに追加します。ソースビデオまたはオーディオファイル、Adobe Premiere Pro シーケンスおよび Adobe After Effects コンポジションをアイテムのキューに追加して、エンコードできます。ファイルをキューにドラッグ&ドロップするか、「ソースを追加」をクリックして、エンコードするソースファイルを選択することができます。

別のアドビのアプリケーションからジョブをキューに直接送ることもできます。これにより、AME がバックグラウンドでレンダリング中でも作業を継続できます。AME への書き出しをサポートするアドビのアプリケーションには次のものが含まれています。

  • Premiere Pro
  • After Effects
  • Audition
  • Character Animator
  • Prelude
3-Queue panel
キューパネル

キューを開始すると、エンコードキューに追加されたアイテムがエンコードされます。キューにアイテムを追加した後にエンコーディングを開始するか、エンコーディングの開始を決定するまで待機するよう、Adobe Media Encoder で指定することができます。新しいアイテムがエンコードキューに追加されてから指定された時間が経過した時点でエンコーディングを開始するよう、環境設定で指定することもできます。

キューパネル内のアイテムを追加、削除または並べ替えることができます。詳しくは、アイテムのエンコードキューへの追加と管理を参照してください。

ビデオおよびオーディオのアイテムをエンコードキューに追加した後で、プリセットブラウザーを使用して他のプリセットを適用したり、書き出し設定またはインジェスト設定ダイアログで出力設定を調整したりできます。詳しくは、この記事を参照してください。

プリセットブラウザー

プリセットブラウザーには、Adobe Media Encoder でのワークフローを合理化するのに役立つ各種オプションがあります。

4-Preset Browser
プリセットブラウザー

ブラウザのシステムプリセットは、使用目的(ブロードキャスト、Web ビデオなど)と出力先デバイス(DVD、Blu-ray、カメラ、タブレットなど)に基づいて、カテゴリ別に整理されています。これらのプリセットを変更して、ユーザープリセットとも呼ばれるカスタムプリセットを作成できます。

プリセットブラウザーでは、検索や、折りたたむことのできるフォルダー構造によって機能が向上したナビゲーションによって、プリセットをすばやく探せます。プリセットブラウザーについて詳しくは、プリセットブラウザーの使用を参照してください。

プリセットを使用したエンコードについて詳しくは、プリセットの使用を参照してください。

監視フォルダー

ハードドライブ上のあらゆるフォルダーを監視フォルダーとして指定できます。監視フォルダーを選択すると、フォルダーに追加されたファイルは、選択されたプリセットを使用してエンコードされます。Adobe Media Encoder は、監視フォルダーに追加されるメディアファイルを自動的に検出し、エンコーディングを開始します。

詳しくは、エンコードキューへの監視フォルダーの追加を参照してください。

5-Watch folders
監視フォルダー

監視フォルダーを使用して単一のソースを複数の出力に書き出すには、video2brain のビデオを参照してください。

メディアブラウザーの使用

6-Media Browser
メディアブラウザーの使用

メディアブラウザーでは、メディアファイルをキューに追加する前に、それらのファイルをプレビューできます。パネルの左側には、システム上のすべてのローカルドライブとネットワークドライブに加え、頻繁に使用するディレクトリへのリンクを保存できるお気に入りセクションが表示されます。パネルの右側には、選択したドライブまたはディレクトリのコンテンツが表示されます。これらのファイルはファイルタイプに基づいてフィルタリングできます。また、検索フィールドも使用できます。Canon、Sony、Panasonic などのカメラメーカーで使用されるフォルダーベースのファイル構造も、After Effects および Premiere Pro プロジェクトのコンテンツも、容易に閲覧できます。

メディアブラウザー内でファイルをダブルクリックするか、ファイルをキューパネルに直接ドラッグすることで、ファイルをエンコードキューに追加できます。ファイルに特定のエンコーディングプリセットまたはインジェストプリセットを割り当てるには、それらのプリセットをプリセットブラウザーにドラッグします。

  • 内容をサムネールとして表示するには、アイコン表示ボタンをクリックします。
  • 内容をリストとして表示するには、リスト表示ボタンをクリックします。
  • ファイルの内容をすばやくプレビューするには、サムネール上でカーソルをドラッグします。サムネールをクリックして再生ヘッドを使用すると、ムービーをスクラブすることもできます。または、JKL キーを使用して、選択したサムネールの再生を制御します。
  • ファイルのサムネールのサイズを変更するには、ズームスライドバーを使用します。
  • 特定のファイルの種類のファイルを表示するには、ファイルの種類メニューからオプションを選択します。複数のオプションを選択するには、手順を繰り返します。デフォルトでは、サポートされているすべてのファイルタイプが表示されます。
  • 特定のソースからのファイルを表示するには、表示形式メニューからそのオプションを選択します。デバイスからインジェストする場合は、コンピューターに接続されていることを確認してください。
  • ファイルの特定の部分のみをインジェストするには、そのサムネールをクリックし、JKL キーボードショートカットを使用するか、再生ヘッドをドラッグしてクリップ内を移動します。I キーと O キーを押して、目的のフレームにインポイントとアウトポイントを設定します。

注意:

特定部分のみのインジェストは、「トランスコード」オプションでのみサポートされます。「コピー」オプションでは、常にソースファイル全体をコピーします。

Adobe Media Encoder を使用したクリップの組み合わせ

複数のメディアファイルをキューに追加するときに、それらのメディアファイルを 1 つのファイルに組み合わせることができます。メディアファイルを組み合わせるには、次のいずれかの操作をおこないます。

  1. ファイル/ソースを追加を選択します。
  2. 組み合わせるアセットをダイアログで選択し、「クリップを組み合わせ」チェックボックスをオンにします。
  3. 開く」をクリックして、クリップの組み合わせをキューに追加します。

メディアファイルを組み合わせる方法は他にもいくつかあります。

  1. メディアブラウザーパネルを開きます。
  2. 組み合わせるアセットを選択します。
  3. 選択したアセットをキューにドラッグし、キューの一番下に表示されるオプションに注目します。「クリップを組み合わせるにはここにドロップ」というテキストの上にファイルをドロップします。
  4. また、デスクトップからアセットをドラッグして、クリップの組み合わせを作成することもできます。新しいクリップの組み合わせはキューに追加されます。

他のメソッドは次のとおりです。

  1. メディアブラウザーパネルを開きます。
  2. 組み合わせるアセットを選択します。
  3. アセットを右クリックし、「クリップを組み合わせ」を選択します。新しいクリップの組み合わせはキューに追加されます。

クリップの組み合わせの名前は、ソースがアルファベット順にソートされるので、自動的に最初のクリップに設定されます。クリップの組み合わせの名前はデフォルトで編集モードになるので、必要に応じて独自の名前に変更できます。Enter キーを押して名前を変更します。現在エンコードされていない、クリップの組み合わせの名前は、キュー内のソース名をクリックすれば、いつでも変更できます。

注意:

クリップの組み合わせは、メディアブラウザー内に設定されたインポイントとアウトポイントに従います。ただし、クリップの組み合わせに追加されたソースのデュレーションは編集できません。 

クリップの組み合わせのソースの追加、削除および再配置

クリップの組み合わせのソースは、クリップの組み合わせの名前のすぐ下に表示されます。 

  1. 名前の右側にあるホットテキストトグルをクリックして、クリップの組み合わせのソースの表示/非表示を切り替えることができます。クリップの組み合わせのソースを調整する場合は、ソースがキュー内に表示されていることを確認してください。
  2. 既存のクリップの組み合わせにアセットを追加するには、追加するアセットをメディアブラウザーまたはデスクトップからドラッグし、ソースのリストにドロップします。青い線が表示されます。新しいソースはこの線が示す位置に追加されます。
  3. クリップの組み合わせから既存のソースを削除するには、削除するソースをリストから選択し、キューの一番上にある「削除」ボタンをクリックします(または、キーボードの Delete キーを押します)。クリップの組み合わせのソースを再配置するには、リストから 1 つまたは複数のソースを選択して新しい位置にドラッグします。青い線が表示されます。これらのソースはこの線が示す位置に配置されます。
  4. クリップの組み合わせのソースのプロパティが同じでない(フレームサイズやフレームレートなどが異なる)場合、最初のクリップのプロパティがクリップの組み合わせ全体のプロパティになります。フレームサイズが異なるソースは、最初のクリップのフレームサイズに合わせて調整されます。ピクセル縦横比は維持されますが、レターボックスやピラーボックスが発生する可能性があります。
7-Stitched clips
キュー内のクリップの組み合わせ

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー