Media Encoder の設定の同期

Creative Cloud アカウントを使用して、複数のマシン間でワークスペースレイアウト、キーボードショートカット、プリセットなどの環境設定を同期する方法について説明します。

注意:

2018年12月10日のリリース(Media Encoder 13.0.2)では、設定の同期アーキテクチャが更新されました。つまり、Media Encoder、Premiere Pro、After Effects のワークフローの一部が変更されました。

  • Creative Cloud で「設定の同期」をクリアするオプションは使用できなくなりました(以前は Creative Cloud アカウントの管理からアクセス可能でした)
  • 設定の同期は、Media Encoder の現在および最新のバージョンで使用できます。
    • macOS および Windows のスタート画面で、「設定の同期」を選択します。
    • Window でアプリケーションから、ファイル/設定の同期を選択することもできます。macOS で Media Encoder メニューを選択してから、「設定の同期」(同期済みの設定がまだない場合)、または Creative Cloud アカウントの電子メール(既存の同期済み設定がある場合)のいずれかを選択します。
  • 設定の同期は、Media Encoder CC 2015(9.0.2)以前のバージョンでは使用できません。設定の同期を使用するには、直近のバージョンに更新してください。

Adobe Media Encoder の最新バージョンには、Adobe Premiere Pro、After Effects、他のいくつかの Creative Cloud で利用できる機能と同様の設定の同期機能が搭載されています。

設定の同期では、キーボードショートカット、環境設定、および複数のマシン間で同期するユーザープリセットなどの設定を保持できます。すべての設定を Creative Cloud アカウントにアップロードし、他のマシンにダウンロードして適用することができます。

設定の同期

設定の同期を開始するには、ファイル設定の同期今すぐ同期Windows)、または Premiere Pro/[お客様の Adobe ID]/今すぐ同期(macOS)をクリックします

Creative Cloud のアカウントを認証するために、Adobe ID とパスワードを入力してください。

設定の同期ダイアログへのアクセス
設定の同期ダイアログへのアクセス

設定の同期ログイン画面
設定の同期ログイン

別のアカウントから設定を同期

別の Adobe アカウントから設定を同期することもできます。ファイル/設定の同期/別のアカウントから設定を同期をクリックして別の Adobe ID とパスワードを使用します。

設定の同期の管理

同期する設定を管理するには、編集環境設定(Windows)または Media Encoder環境設定(Mac OS)を選択し、設定の同期をクリックします。

設定の同期の環境設定
設定の同期の環境設定

同期する環境設定と、Adobe Media Encoder でそれらを同期する頻度を選択します。

  • 現在
    • 環境設定/設定
    • ワークスペースのレイアウト
    • キーボードショートカット
    • プリセット
  • 同期するタイミング
    • 常に確認
    • 常に設定をアップロード
    • 常に設定をダウンロード
  • アプリケーション終了時に設定を自動的に消去 - 設定を消去すると、同期前の状態に AME が復元されます。Adobe Media Encoder アプリケーションの終了時にユーザープロファイルを消去するには、このオプションを有効にします。アプリケーションの次回起動時、(Adobe ID を使ってログインする前に)設定されていた元の環境設定が復元されます。
注意:

絶対パスを指定する環境設定、またはシステムのハードウェアに依存する環境設定は同期されません。

注意:

設定の同期を削除するには、ここをクリックして、「設定を消去」を選択します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン