エンコードのログファイル

エンコーディングのログファイルはプレーンテキストファイルで、エンコーディングのためにキューに入れられたすべてのファイルとそのエンコード処理の成功/失敗の状態を記録します。エンコードした各ファイルのエンコードステータスはファイルの最後に追加されます(ファイルの最後に最新のエントリが追加されます)。手動でクリアしない限り、ログファイルのエントリは蓄積されます。ログファイルのエントリをクリアするには、テキストエディターでファイルを開いて、すべてのエントリを選択して削除し、初期設定のファイル名(AMEEncodingLog.txt)で空のファイルを保存します。

ログファイルは次の場所に保存されます。

  • Windows 7 および 8:C:\Users\[user]\Documents\Adobe\Adobe Media Encoder\8.0\AMEEncodingLog.txt
  • Mac OS:/Users/[user]/Documents/Adobe/Adobe Media Encoder/8.0/AMEEncodingLog.txt

ログファイルを表示するには、ファイル/ログを表示を選択するか、または Ctrl + L キーを押します。

2 つのログファイルがあります。

  • AMEEncodingLog.txt:エンコードジョブが正常に行われた場合のログファイルです。

  • AMEEncodingErrorLog.txt:エラーが発生したジョブやユーザーが中止したジョブを記録します。

エラーログファイル

ログファイルとエラーログファイルは Adobe Media Encoder ファイルと同じ場所に保存されます。

エラーログファイルを表示するには、ファイル/ログを表示を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー