Google DriveにAdobe Acrobatアプリを追加すると、Webブラウザ内でWordなどのファイルをPDFに変換し、使用することができます。いつでもどこでも素早くPDFを使えるようになるので、とても便利です。

Google DriveにAdobe Acrobatアプリを追加

 

Google DriveでPDFのさまざまな機能を利用するために、Adobe Acrobatアプリを追加します。

 

手順

●Google Workspace MarketplaceからAdobe Acrobatをインストール

1. Google Workspace Marketplaceで「acrobat」を検索します。

2. 検索結果の一覧から、「Adobe Acrobat - PDF and e-signature tools」をクリックします。

 

3. Adobe Acrobat - PDF and e-signature toolsの詳細画面で、「インストール」をクリックします。

4. インストールを続行します。

 

●Google Driveへの権限の確認

5. Google Driveで使用しているアカウントを選択します。

6. アクセス許可の各項目にチェックを入れます。

7. Adobe Acrobat for Google Driveを信頼できることを確認し、「Continue」をクリックしてインストールを続行します。

8. インストール結果の確認画面で内容を確認し、インストールを完了します。

Google DriveでWordのファイルをPDFに変換

 

Google DriveにAdobe Acrobatアプリを追加すると、Wordなどのドキュメントを簡単にPDFに変換し、使用することができます。

1.  Google Driveを開きます。

2. PDFに変換したいファイルで右クリックし、「アプリで開く」-「Adobe Acrobat for Google Drive」を選択します。

 

3. Adobe Acrobat for Google DriveにWordのドキュメントが表示されます。

4. ツールバーから「Edit」-「Convert to PDF」を選択します。

 

WordのドキュメントをPDFに変換することができました。

 

 

Adobe Acrobatをご利用いただくために、大きく2つのプランを提供しています。

・Adobe Creative Cloudコンプリートプラン

・Adobe Acrobat DC単体プラン

 

Adobe Acrobat DC単体プランでは、さらに以下の2通りのプランを用意しています。

※金額は個人向けプラン(税込み)

・Acrobat Pro DC              1,738円 /月

・Acrobat Standard DC     1,518円 /月

 

Adobe Acrobat Pro DCは、ファイルの比較や、印刷工程の細かい設定ができるため、DTP作業に関わる方にオススメのプランです。

詳細は、Adobe Acrobat DCのプランと価格のページからご覧ください。

モバイル版アプリの操作性も益々進化し、格段に使いやすくなっています。是非お試しください。


このページは役に立ちましたか。