身の回りのものをCapture CCで撮影してカラーテーマを作成、Creative Cloudライブラリを経由してPhotoshopでの制作物に活用する方法を紹介します

COSMIC LABのアーティストJamie GoodenoughはCapture CCとPhotoshopを駆使してひらめきをすぐに形にしています。以下をダウンロードして、ポスター制作のワークフローを体験してみましょう。

 

 

手順1/5

Adobe Captureで身の回りのものからカラーテーマを作成

Adobe Captureを開き、Adobe IDを使用してログインします(Adobe IDを取得)。

カラーメニューを選択し、「」をタップします。カメラにカラーサークルが表示され、自動でカラーが抽出されます。画面をタップすると抽出が停止するので、各カラーサークルを移動して利用したいカラーを選びます。キャプチャボタンをタップしてキャプチャします。

 

手順2/5

カラーテーマを保存

カラーテーマの名前と保存先のライブラリ、共有範囲を指定し、COLORテーマを保存をタップします。

この例では、カラーテーマ名:カラーテーマ1、保存先:capture、共有範囲:オフとしました。

※ Creative Cloudライブラリに保存したカラーテーマなどのアセットは、PhotoshopやIllustratorをはじめ、さまざまなデスクトップアプリで活用できます。

 

手順3/5

PhotoshopでCreative Cloudライブラリのカラーテーマを表示

まず、サンプルファイル(ZIP、5.8 MB)をダウンロードしてください。

サンプルファイルをPhotoshopで開き、アプリケーションメニューのウィンドウからライブラリにチェックを入れます。

表示されたライブラリパネルで、手順2で作成した「capture」ライブラリを選択すると、作成したカラーテーマが表示されます。

※ COSMIC LABのJamieさんが作成したカラーテーマを使うこともできます。「Jamie」ライブラリにアクセスし、ブラウザ上で「Creative Cloudに保存」をクリックすると、自分のライブラリで利用できます。

 

手順4/5

シェイプの塗りにカラーテーマを適用

レイヤーパネルの「2step ( Multicolored fog01 )」レイヤーフォルダ内の「2」レイヤーを選択します。

手順3で表示させたカラーテーマの中から、任意のカラーをクリックして、シェイプの塗りに適用します。

同様に、「3」、「4」レイヤーも選択してシェイプに塗りを適用します。

手順5/5(オプション)

 

Creative Cloud ライブラリでカラーテーマをチームメンバーに共有

作成したカラーテーマをクリエイティブチームのメンバーと共有すれば、共同作業をスムーズに行えます。

ライブラリパネルのパネルメニューから「共同利用」を選択します。新しいブラウザーウィンドウが表示されたら、共有するメンバーのメールアドレスを入力し、「招待」をクリックします。

招待されたユーザーは、招待メールの「招待に応じる」からCreative Cloud ライブラリにアクセスし、招待に同意すると作成したカラーテーマを使用したり、新しく追加したりできるようになります。


COSMIC LAB

アーティスト / クリエイターがコラボレートするミックスメディア・プロダクション。近年、VJ ColoGraPhonic+Jamie Goodenoughを中心にデジタルシステムまでをアートにした活動は多方面から評価を得ている。また、革新的でアンダーグラウンドなクラブ/パーティーカルチャーやアートシーンにも精通し幅広く柔軟な発想は今後さらなる飛躍を期待させる。大阪のパワースポット「味園ユニバースビル」発「バーニングマン」経由のアートパーティー「FLOWER OF LIFE」を起源に持つ。代表取締役 三浦光呂。www.cosmiclab.jp

このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ