Creative Cloud のストレージ機能そのものを停止することはできません。ユーザーが Web ブラウザーからインターネットにアクセスできる場合、ストレージ機能にアクセスすることができます。

ただし、社内ネットワークなど、管理下に置かれたクライアントの場合は、以下の URL へのアクセスをファイアウォールでブロックすることにより、ストレージ機能の利用を制限することができます。

ブロックするエンドポイントURLにつきましては、以下のページの「Cretive Cloud ストレージにファイルを保存し同期、共有するサービス、およびこれらの機能に関する環境設定」の項目をご参照ください。

Creative Cloud が使用する URL とポート番号(ネットワークエンドポイント)

注意:

Web ブラウザーからブロックされたサービスは、制限されたエンドポイントとは別の場所からはアクセスできる可能性があります。また、制限されたエンドポイントがブロックされるべきではないサービスにアクセスできるポイントであった場合、サービスの利用などに不具合が発生する可能性があります。