Flash CS5 Professional では、3D 回転ツールおよび 3D 変換ツールを使用して、ステージ上の 3D スペースでムービークリップを移動・回転することができます。

 

3D 回転ツール

3D 回転ツールをクリックすると、XYZ 各軸の回転コントロールが選択したオブジェクト上に表示されます。このコントロールをドラッグして、オブジェクトを自由に回転することができます。

3D 変換ツール

3D 変換ツールも同様に、XYZ 各軸のコントロールが表示されます。このコントロールをドラッグして、3D スペース上の位置を移動することができます。

遠近の角度

プロパティインスペクタの [遠近の角度] で、3D ムービークリップの視覚的な角度を制御することができます。遠近の角度を変更することにより、3D ムービークリップの視覚的な大きさと、ステージ端からのムービークリップの相対位置が変化します。遠近の角度を大きくすると 3D オブジェクトは近くに表示され、小さくすると遠くに表示されます。

消失点

プロパティインスペクタの [消失点] で、3D ムービークリップの Z 軸の向きを制御することができます。例えば消失点を「X:0.0 Y:0.0」(ステージ左上隅)に指定すると、Z 軸の値が大きくなるにつれ、オブジェクトは左上隅に遠ざかります。このプロパティは、ステージ上に配置されたすべての 3D オブジェクトに対して影響を及ぼします。

 

追加情報 (ADDITIONAL INFORMATION)

Flash について詳しくは、こちらもご覧ください。

Flash でこんなことはできますか?(Flash CS4 Professional 機能紹介一覧)

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー