注意:

Typekit の名称が Adobe Fonts に変更されました

従来はデスクトップソフトウェアプログラムでフォントを使用するために、フォントをコンピューターに同期していましたが、今後はフォントをアクティベートすることになります。

フォントは、引き続き Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用して追加され(このチュートリアルで説明)、個人プロジェクトと商用プロジェクトのどちらにも同じフォントライセンスが適用されます。Adobe Fonts の詳細情報

Adobe Fonts からフォントをアクティベートすると、Photoshop、Illustrator、InDesign、Microsoft Office、iWork などのすべてのデスクトップアプリケーションのフォントメニューに、そのフォントが表示されるようになります。それらのフォントは、デザインの印刷、Web サイトのモックアップ、ワープロ、その他の目的で使用できます。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションのインストール

フォントは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを通じてコンピューター上でアクティベートされます。このソフトウェアをインストールしていない場合は、https://creative.adobe.com/products/creative-cloud からダウンロードしてください。

アクティベートするフォントの選択

最初に、フォントのライブラリを参照します。デフォルトのコレクションと日本語フォントのコレクションをページ上部のモードセレクターで切り替えることができます。

fonts.adobe.com でのフォントコレクションの切り替え

フォントのリストを絞り込むには、フィルターを使用します。分類(serif、sans serif など)、書体の属性(小文字の高さ、幅、太さ)または言語に基づいてフィルターを適用できます。 

日本語フォントのコレクションには異なるフィルターオプションが用意されていて、かなのみのフォントを探したり、明朝、ゴシック、丸ゴシック、筆書体などのスタイル分類ごとにフォントを探したりすることもできます。

日本語フォントのライブラリの参照

気に入ったフォントが見つかったら、「アクティベート」スイッチをクリックして、ファミリー全体をコンピューターに追加します。フォントファミリー名をクリックしてファミリーのページを開き、使用するフォントの太さやスタイルを個別に選択することもできます。

フォントファミリーのアクティベート

アクティベート済みのフォントのリストは、コンピューター上の Creative Cloud デスクトップアプリケーションで、アセット/「フォント」タブの順に選択すると表示されます。

アクティブなフォントが Creative Cloud デスクトップアプリケーションに表示されます

数分経っても Creative Cloud デスクトップアプリケーションにフォントが表示されない場合は、トラブルシューティングガイドを参照してください。

デスクトップソフトウェアプログラムでのフォントの使用

フォントがアクティブになると、各アプリケーションのフォントメニューに追加され、インストールされているすべてのフォントと共に表示されます。これらのフォントは、ほとんどのプログラムですぐに使用できますが、新しいフォントをメニューに追加するには再起動が必要なプログラムもいくつかあります(Adobe Acrobat、Microsoft Office など)。

同期されたフォントがワードプロセッサープログラムのフォントメニューに追加されます

アクティブなフォントは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションで表示されるだけでなく、Web サイトの「My Adobe Fonts」にも表示されます。フォントの管理について詳しくは、こちらをお読みください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー