Adobe Fonts からフォントを有効にすると、Photoshop、Illustrator、InDesign、Microsoft Office、iWork などのすべてのデスクトップアプリケーションのフォントメニューに、そのフォントが表示されるようになります。それらのフォントは、デザインの印刷、Web サイトのモックアップ、ワープロ、その他の目的で使用できます。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションのインストール

フォントは、Creative Cloud デスクトップを通じてコンピューター上でアクティベートされます。このソフトウェアをインストールしていない場合は、ここからダウンロードしてください。

アクティベートするフォントの選択

最初に、フォントのライブラリを参照します。デフォルトのコレクションと日本語フォントのコレクションをページ上部のモードセレクターで切り替えることができます。

Adobe Fonts は、デフォルトモードでページを参照します。

フォントのリストを絞り込むには、タグやフィルターを追加します。タグを選択すると、デザインスタイルや目的に合わせて選定されたフォントが表示されます。または分類(serif、sans serif など)、書体の属性(小文字の高さ、幅、線幅)または言語対応に基づいてフィルターを適用できます。 

日本語フォントのコレクションには異なるフィルターオプションが用意されていて、かなのみのフォントを探したり、明朝、ゴシック、丸ゴシック、筆書体などのスタイル分類ごとにフォントを探したりすることもできます。

Adobe Fonts は、日本語モードでページを参照します。

気に入ったフォントが見つかったら、クリックしてファミリーページを表示します。使用したいフォントの線幅とスタイルを選択するか、リストの上部のメニューを使用してファミリー全体を追加します。

Museo Sans フォントファミリーの詳細ページ。

アクティブなフォントは、右上隅にある f メニューアイコンをクリックすることで、Creative Cloud デスクトップに表示されます。

activate-app-en

数分経っても Creative Cloud デスクトップにフォントが表示されない場合は、トラブルシューティングガイドを参照してください。

デスクトップソフトウェアプログラムでのフォントの使用

フォントがアクティベートされると、各アプリケーションのフォントメニューに追加され、ローカルにインストールされているすべてのフォントと共に表示されます。これらのフォントは、ほとんどのプログラムですぐに使用できますが、新しいフォントをメニューに追加するには再起動が必要なプログラムもいくつかあります(Adobe Acrobat、Microsoft Office など)。

同期されたフォントがワードプロセッサープログラムのフォントメニューに追加されます

アクティブなフォントは、Creative Cloud デスクトップで表示されるだけでなく、Web サイトの My Adobe Fonts にある「アクティブなフォント」タブにも表示されます。

フォントはいくつでもアクティベートできますが、パフォーマンスを最適化するために、必要最小限に抑えることをお勧めします。ディアクティベートしたすべてのフォントは、「以前アクティブだったフォント」タブで追跡され、いつでも簡単に再度アクティベートできます。

フォントの管理について詳しくは、こちらをお読みください。

 

旧バージョンの Creative Cloud およびサードパーティ製アプリでのフォントの使用

旧バージョンの Creative Cloud やサードパーティ製アプリケーションでは、アドビのフォントを 60 日を超えて使用しなかった場合、再インストールが必要になります。Creative Cloud では、一定期間使用されていないフォントが定期的にクリーンアップされ、アプリケーションがスムーズに実行されます。

Adobe Fonts Web サイトで、アクティブなフォントリストのフォント名の横にあるクラウドアイコンをクリックして、フォントを簡単に再インストールできます。再インストールされたフォントは、すべてのフォントメニューに通常どおり表示されます。

最適なフォントエクスペリエンスを得るために、Creative Cloud ソフトウェアを最新に保つことをお勧めします。

使用しなくなったフォントの再インストールについて詳しくは、こちらを参照してください。