この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

 

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

 

 

内容 (What's Covered)

 

A. トラブルシューティング/初級編

A-1. Production Studio が正常にインストールされていることを確認します

A-2. Adobe Dynamic Link の必要システム構成

A-3. After Effects プロジェクトに少なくとも 1 つのコンポジションがあることを確認します

B. トラブルシューティング/中級編

B-1. After Effects 7.0 が正しくインストールされていることを確認します

B-2. QuickTime のインストール

B-3. ファイルをローカル環境に移動します

 

 

この文書では、Adobe Dynamic Link でのコンポジション作成、あるいは読み込みを行う際に発生するシステムエラーを解決するのに役立ちます。アプリケーションエラーは、例えば以下に示すようなさまざまな形で現れます。

 

- カーソルや画面のフリーズ

- 予期しない状況でのメニュー項目のグレーアウト

- 以下のようなエラー

  • 「"The Adobe Dynamic Link feature requires the Adobe Production Studio."(Adobe Dynamic Link を使用するには Adobe Production Studio が必要です)」
  • 「"The selected After Effects project does not contain the missing Adobe Dynamic Link Composition '[NameOfComp]/[NameOfProject].aep.'"(選択した After Effects プロジェクトにはダイナミックリンクコンポジション <コンポジション名>/<プロジェクト名>.aep が含まれていません)」
  • 「"An Adobe Dynamic Link error occurred."(Adobe Dynamic Link エラーが発生しました)」
  • 「"QuickTime functions will be disabled because a compatible version of QuickTime could not be found."(互換性のある QuickTime が見つからないため、QuickTime の機能は無効です)」

 

この文書を最大限に活用するために、トラブルシューティングは記載されている順序どおりに行ってください。行った作業とその結果を、エラーやその他のトラブルも含めて記録しておきます。こういった情報があれば、弊社テクニカルサポートにお問い合わせの際に、さらに適切なサポートを提供できます。

 

 

 A. トラブルシューティング/初級編

 

トラブルシューティングを行う前に、個人用ファイルをバックアップすることをおすすめします。システムエラーが発生した場合には、必ずコンピュータを再起動してメモリをリフレッシュしてください。再起動せずに作業を続行すると、問題が複雑になることがあります。

 

 

 A-1. Production Studio が正常にインストールされていることを確認します

 

Adobe Dynamic Link は、Adobe Production Studio(Premium/Standard)のコンポーネントとしてのみ提供されています。Production Studio に含まれる製品を個別に購入した場合には、Adobe Dynamic Link を使用することができません。また弊社では、Production Studio の製品を個別にインストールした場合は、それらをすべてアンインストールしてから Production Studio の再インストールを行うことを推奨しています。

 

 

 A-2. Adobe Dynamic Link の必要システム構成

 

お使いのコンピュータが、Adobe Dynamic Link を正常に動作させるための必要システム要件を満たしていることを確認してください。Production Studio および Adobe Dynamic Link は、Windows XP Service Pack 2 にのみ対応しています。Adobe Dynamic Link の必要システム構成は Production Studio よりもより多くの RAM を必要とします。Production Studio では 512 MB 以上ですが、Adobe Dynamic Link では最低でも 1 GB の RAM が必要になります。

 

Production Studio の必要システム構成

- インテル Pentium 4 1.4 GHz 以上、または SSE2 対応の AMD プロセッサ(HDV 用にはインテル Pentium 4 3.4GHz 以上のプロセッサ、HD 用にはインテル Xeon 2.8 GHz 以上のデュアルプロセッサ)

- Microsoft Windows XP 日本語版 Service Pack 2

- 512 MB 以上の RAM(複数のアプリケーションと Adobe Dynamic Link を使用するときは 1 GB 以上、HD/HDV 用には 2 GB 以上が必要)

- インストール用に 21 GB(Premium 版)/10 GB(Standard 版)以上の空き容量のあるハードディスク(After Effects ディスクキャッシング用に 10 GB 以上の空き容量を推奨)

- ワーク用に 10 GB 以上の空き容量のあるハードディスク(DV/HDV 用には 7200 RPM 以上のハードディスク、HD 用には RAID 0 でストライピングされたディスクアレイ)

- 1280 x 1024 以上の解像度をサポートするディスプレイ

- 32 bit 以上のカラー表示が可能なディスプレイ、グラフィックカード

- インストール用に DVD-ROM ドライブ

- DVD を作成する場合は DVD±R ライターが必要

- Audio CD を作成する場合は CD-R/RW ライターが必要 *

- ASIO、もしくは Microsoft DirectX 対応のオーディオインタフェイス(サラウンドサウンド編集には、ASIO 対応のマルチチャンネル インタフェイスが必要)

- OHCI IEEE 1394 ビデオインタフェイス(HD 用にはAJA Xena HS などの HD 対応ビデオキャプチャーカードが必要)

- QuickTime ファイルを扱う場合は Apple QuickTime 6.5 日本語版が必要

- Adobe PostScript プリンタでの出力には、Adobe PostScript Level 2 または PostScript 3 が必要 *

- プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)のためのインターネット接続または電話回線

- Adobe Stock Photos **や付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続

- OpenGL サポートについて: Adobe After Effects は OpenGL 2.0 グラフィックカードをサポートしています。動作確認されているグラフィックカードの最新リストは、弊社 Web サイト http://www.adobe.co.jp/products/aftereffects/opengl.html に掲載されています。

- Adobe Premiere Pro 2.0 の GPU アクセラレーションプレビューをサポートしているグラフィックカードの最新リストは、弊社 Web サイト(US) http://www.adobe.com/products/premiere/dvhdwrdb.html に掲載されています。

 

* Premium 版のみ

**Adobe Stock Photos サービスはすべての国、言語、通貨において利用できるものではありません。また、サービス内容が変更される場合もあります。Adobe Stock Photos サービスの詳細については以下の弊社 Web サイトを参照してください。

URL : http://www.adobe.co.jp/products/creativesuite/adobestockphotos/main.html

 

 

 A-3. After Effects プロジェクトに少なくとも 1 つのコンポジションがあることを確認します

 

Adobe Dynamic Link を使用して After Effects のコンポジションを Premiere Pro または Encore DVD に読み込む場合には、After Effects のプロジェクトに少なくとも 1 つのコンポジションがあることを確認してください。After Effects プロジェクトにコンポジションが 1 つも存在しない場合、Adobe Dynamic Link の [読み込み] ダイアログボックスでプロジェクトを選択することができません。

 

 

 B. トラブルシューティング/中級編

 

上記の初級トラブルシューティングを行っても問題が改善されない場合は、以下の中級トラブルシューティングを行います。

 

 

 B-1. After Effects 7.0 が正しくインストールされていることを確認します

 

システム上に After Effects の最新バージョンとなる After Effects 7.0 がインストールされていることを確認してください。After Effects 6.5 よりも以前のバージョンがインストールされていると、Production Studio インストーラから After Effects 7.0 をインストールしても Adobe Dynamic Link が正しく機能しないことがあります。

 

After Effects が正しくインストールされていない場合には、ダイナミックリンクコンポジションの作成、読み込み、再リンクなどにおいて問題が発生したり、以下のようなエラーが表示される場合があります。

  • 「"The Adobe Dynamic Link feature requires the Adobe Production Studio."(Adobe Dynamic Link を使用するには Adobe Production Studio が必要です)」
  • 「"The selected After Effects project does not contain the missing Adobe Dynamic Link Composition '[NameOfComp]/[NameOfProject].aep.'"(選択した After Effects プロジェクトにはダイナミックリンクコンポジション <コンポジション名>/<プロジェクト名>.aep が含まれていません)」
  • 「"An Adobe Dynamic Link error occurred."(Adobe Dynamic Link エラーが発生しました)」
  • 「"QuickTime functions will be disabled because a compatible version of QuickTime could not be found."(互換性のある QuickTime が見つからないため、QuickTime の機能は無効です)」

Production Studio のインストール時に問題が発生している場合には、以下の文書を参照してください。

文書番号 227950 インストール時における問題のトラブルシューティング(Production Studio)

 

After Effects が正しくインストールされていることを確認するには、以下の文書を参照してください。

文書番号 227991 インストールおよび起動時のトラブルシューティング(Windows 版 After Effects 7.0)

 

 注意 : Adobe Dynamic Link 機能を使用するには、After Effects が Production Studio のコンポーネントしてインストールされている必要があります。Production Studio のコンポーネントとして After Effects がインストールされていない場合には、一度 Production Studio に含まれるアプリケーションをすべてアンインストールし、その後で再度 Production Studio のインストールを行ってください。

B-2. QuickTime のインストール

注意:

2016 年 4 月、Apple 社は QuickTime for Windowsのサポート終了を告知し、アンインストールが推奨されています。詳細については、以下の情報を参照してください。

QuickTime Windows版のサポート終了について

https://blogs.adobe.com/creativestation/video-apple-ends-support-for-quicktime-windows

Windows 版 QuickTime について

https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/cq04220418.html

QuickTime 形式のファイル(*.mov、*.aiff など)が含まれた After Effects コンポジションを読み込む際に、QuickTime がインストールされていないコンピュータでは、[モニタ] パネルや [プロジェクト] パネルなどで「オフライン」と表示されます。

After Effects のコンポジションを作成する際、コンピュータに QuickTime がインストールされていない場合は、Premiere Pro または Encore DVD がフリーズしているように見えることがあります。これは、バックグラウンドで After Effects で以下のメッセージが表示されたままの状態になっており、[OK] をクリックするまでアプリケーションが起動しないためです。

- 「互換バージョンの QuickTime が見つからなかったため、QuickTime 機能は無効になります。」

 

 注意 : メッセージが表示されてから数分間操作が行われない場合には、Premiere Pro または Encore DVD から以下のようなエラーが表示されることがあります。

- 「"An unknown error occurred during the import operation."(読み込み操作中に、不明なエラーが発生しました)」

 

After Effects が起動せず上記のメッセージも見つからない場合には、以下の操作を行います。

  1. Alt + Tab キーを押してウィンドウを切り替え、メッセージを表示させます。
  2. [警告を表示] ポップアップメニューから、[表示しない] を選択して [OK] をクリックします。
  3. After Effects が起動します。

    ※ 手順 2. の操作により、次回から警告が表示されることなく After Effects が起動するようになります。

 

お使いのコンピュータに QuickTime 6.5 以降のバージョンがインストールされていない場合には、QuickTime のインストールを行ってください。QuickTime に関する詳細は、以下の Apple 社 Web サイトを参照してください。

URL : http://www.apple.com/jp/quicktime/

 

 B-3. ファイルをローカル環境に移動します

 

Adobe Dynamic Link はネットワーク上にあるファイルでの作業をサポートしていません。ファイルをコンピュータのローカルドライブへ移動して作業を行ってください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー