内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Photoshop Lightroom のカタログについて説明します。

A. カタログとは

Photorhop Lightroom では、カメラやメモリーカードから写真を読み込むと、カタログファイル(*.lrcat)が自動的に作成されます。カタログとは、写真のデータベースのことで、写真ファイルが保存されている場所や写真の情報(撮影日や撮影したカメラ機種等のメタデータ)、編集情報(Photoshop Lightroom の現像モジュールで適用した情報)などが記録されます。 カタログには、実際の写真ファイル自体は格納されません。

B. 写真ファイルとカタログの関係

Photoshop Lightroom での編集作業とは、実際の写真データを直接編集する訳ではなく、写真データの上に掛けたフィルターを編集するようなもので、出力する際には写真データとフィルターを 1 つに重ね合わせた画像を、新たな画像ファイルとして作成します。

カメラやメモリーカードから読み込んだ画像は、初期設定ではピクチャフォルダーにコピーされます。コピーと同時に、Photoshop Lightroom ではカタログフォルダーを作成し、読み込んだ画像ファイルの情報をまとめます。

C. カタログの利用方法

Photoshop Lightroom では、複数のカタログを作成することで作業を効率化することができます。作業内容や写真の利用方法などによって異なりますが、例えば被写体や撮影日、イベント毎にカタログを作成することで、目的の写真へのアクセスや写真の管理が容易になります。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー