この文書では、Adobe Photoshop Lightroom ClassicCC の現像設定のコピー、ペースト、保存の方法について説明します。

現像設定とは、現像モジュールの各設定値で、これらの設定は保存、コピー、ペーストが可能です。この機能を活用することにより、被写体と撮影条件が類似する他の写真に、同様の現像処理を簡単に適用することができます。

A. 現像設定のコピー

  1. 現像モジュールを開きます。

  2. 必要な現像処理を行います。

  3. 画面左下にある「コピー」ボタンをクリックします。

  4. 設定をコピーダイアログボックスが表示されます。コピーする項目にチェックを入れ、「コピー」ボタンをクリックします。

  5. 以上で現像のコピーは完了です。

B. 現像設定のペースト

  1. ライブラリモジュールから現像設定をペーストしたい写真を選択し、現像モジュールを開きます。

  2. 「ペースト」ボタンをクリックすると、コピーした現像設定が適用されます。

C. 現像設定の保存 (現像プリセットの作成)

Photoshop Lightroom にはあらかじめ様々なプリセットが用意されていますが、オリジナルのプリセットを作成することもできます。写真調整の設定をプリセットとして保存しておくと、別の写真に簡単に適用できて便利です。

  1. 現像モジュールを開き、現像/新規プリセットを選択します。

  2. 「プリセット名」ボックスに名前を入力し、プリセットを表示するフォルダーを指定します。必要に応じて写真調整の設定にチェックを入れ、「作成」ボタンをクリックします。

  3. 指定したフォルダーのプリセットフォルダーに新しいプリセットが追加されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー