Adobe Photoshop Lightroom の機能について説明します。

Lightroom は写真の現像だけでなく、大量の写真を管理することに優れています。ここでは同様の写真管理機能を持つ Elements Organizer との比較で、Lightroom にしかない機能、また Lightroom のほうがより便利で優れている機能を 9 つ紹介します。

現像機能

Lightroom の最大の特長とも言える現像機能は、Photoshop Elements の Camera Raw と比べて非常に多くの補正機能を備えています。数多くの補正機能を目的ごとに使い分けることで補正の幅が広がり、思い通りに現像することができます。

非破壊編集

Lightroom は、RAW データでも JPEG ファイルでもすべて非破壊環境で画像編集を行うことができます。非破壊編集とは、元画像のピクセルを直接編集せずに補正の値を記録したデータをカタログ上の画像に適用している状態です。つまり補正情報を記録した透明のフィルムを適用しているようなイメージです。そのためどんなに編集を繰り返しても画質が悪化することはなく、いつでも元画像に戻したり作業をさかのぼることができます。

読み込み機能

Lightroom では、写真の読み込み段階でキーワードや著作権情報などを設定したり、現像プリセットを適用したり、写真をコレクションに振り分けることができます。読み込み段階でさまざまな情報を設定できるのでその後の作業が効率的に進みます。

簡単な動画の編集

Lightroom では、写真と同じように動画を読み込むことができます。ライブラリモジュールのクイック現像で簡単な補正や、クリップのトリミング、フレームの書き出し、グリッド表示に表示されるサムネイルの変更などが可能です。また写真同様、ラベルやフラグ、レーティング、キーワードを設定することができるので動画の管理もしやすくなっています。

作成したコレクションを Lightroom mobile/Lightroom web と同期

Lightroom で作成したコレクションは、Lightroom mobile および Lightroom web と同期することが可能です。スマートフォンやタブレット端末、パソコンのウェブブラウザでいつでもコレクション内の写真を閲覧したり現像したりすることができます。

コレクションの写真を共有

コレクションを公開することで、Lightroom web を通してコレクションの写真を複数の人に共有することができます。コレクションを公開し、発行される専用の URL を他人に教えることで、だれでも写真の閲覧および保存が可能です。

スプレーツールで複数の写真に一度に 写真の情報を設定

スプレーツールを使用することで、フラグやレーティング、キーワード、現像プリセットなどの設定項目や情報を複数の写真に一度に設定できます。写真に情報を設定する方法はさまざまありますが、スプレーツールは一度に大量の写真に設定できるためその後の作業を効率よく進められます。

写真のメタデータを表示

写真のメタデータ項目には、撮影日時、ラベルやレーティング、寸法、使用したカメラやレンズ、撮影された写真の ISO 感度、シャッタースピードなど、自分の所有するカメラで撮影された写真には一枚一枚詳細なメタデータが表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー