キーボード操作によるマウス操作の代用

Reader と Acrobat のキーボードショートカットキーは同じです。完全なリストについては、Acrobat ヘルプのショートカットキーを参照してください。

スクリーンリーダーまたは拡大鏡を使用

「アクセシビリティ設定アシスタント」を使用して、拡大鏡またはスクリーンリーダーのいずれかを Reader に設定します。

  • 編集アクセシビリティ設定アシスタントを選択して、設定アシスタントの各画面で必要なオプションを選択します。

テキスト読み上げ機能の使用

「読み上げ」機能は、Adobe Reader に埋め込まれているテキスト読み上げ(Text-to-Speech (TTS))システムです。文書ウィンドウ内のテキストを読み上げます。

「読み上げ」機能を使用するには、Adobe Reader とテキスト読み上げエンジンをご使用のシステムにインストールする必要があります。また、文書をアクセシブルにする必要があります。これを行わないと、読み上げがまったく行われなかったり、誤った順序で読み上げられたりする場合があります。

「読み上げ」機能を起動するには:

  1. 表示メニューで、読み上げ/読み上げを起動を選択します。
  2. 再度、表示/読み上げを選択して、読み上げの適切なオプションを選択します。
    • 現在のページを読み上げるには、「このページのみを読み上げる」を選択します。
    • 文書全体を読み上げるには、「文書の最後まで読み上げる」を選択します。

 

「読み上げ」機能について詳しくは、読み上げ機能の使用(英語)を参照してください。

PDF のテキストの折り返し

文書パネルウィンドウの幅に合わせて、テキストが 1 列に収まるように、PDF を一時的に折り返して表示します。この折り返し表示により、文書が読みやすくなります。

  • テキストを折り返し表示するには、表示ズーム折り返しを選択します。

ほとんどの場合、折り返し表示には読み上げ可能なテキストだけが表示されます。フォーム、注釈、電子署名フィールド、およびページ装飾(ページ番号、ヘッダー、フッターなど)は、折り返し表示されないテキストです。読み上げ可能なテキストとフォームフィールドまたは電子署名フィールドが同じページに含まれる場合、そのページは折り返し表示されません。縦組みのテキストも折り返し表示では横書きになります。

注意:

折り返し表示をしている間は、文書の保存、編集、印刷はできません。

追加情報

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー