PDF 文書を表示したり注釈を追加したりするためのリンクを、他のユーザーとすばやく共有できます。リンクとして共有された文書は、任意のデバイスの任意のブラウザーで開くことができます。文書は Adobe Document Cloud に安全に保管されます。受信者は、リンクが記載された電子メールを受け取ります。そのリンクをクリックすることで、ブラウザー上で文書を表示したり、注釈を追加したりできます。ログインは不要です。

PDF の共有

Acrobat DC または Acrobat Reader DC で PDF を開きます。共有ツールがツールバーの右上隅に表示されます。

PDF ファイルの共有ツール

PDF ファイルは、次のいずれかの方法で共有できます。

匿名またはパブリックリンクを使用すると、そのリンクをクリックするすべてのユーザーがファイルにアクセスできます。また、パブリックリンクを使用して共有されたファイルについては、詳細なトラッキング情報は利用できません。

  1. このファイルへのリンクを共有アイコン()をクリックします。

    ファイルへのリンクを共有
  2. 共有リンクはすぐに生成されるため、ファイルがクラウドにアップロードされるのを待つ必要はありません。「注釈を許可」スイッチは、デフォルトでオンになっています。表示用にのみファイルを共有するには、スイッチをクリックしてオフにします。「リンクをコピー」をクリックして、受信者とリンクを共有します。

    リンクをコピーして共有

添付ファイルとして共有されたファイルについては、詳細なトラッキング情報は利用できません。

  1. ファイルを電子メールで送信アイコン()をクリックします。

    PDF ファイルを電子メールで送信
  2. 電子メールで送信ダイアログで、次のいずれかの操作を行います。

    • Outlook がデフォルトの電子メールアプリケーションである場合は、Outlook を選択します。
    • ドロップダウンリストから「Web メール」を選択し、「Gmail を追加」を選択します。電子メールアドレスを入力して、「OK」をクリックします。メッセージが表示されたら、パスワードを入力します。
    • Web メール」および「その他を追加」を選択して、使用する電子メールアドレスを入力します。Web メールアカウントを追加ダイアログで、電子メールアドレス、パスワード、IMAP、SMTP 設定を入力して、「追加」をクリックします。

    リンクを添付」スイッチは、デフォルトでオンになっています。PDF への表示専用共有リンクが電子メールの本文に追加されます。リンクの代わりに PDF を添付する場合は、スイッチをクリックしてオフにします。

  3. 次へ」をクリックします。受信者の電子メールアドレスを入力して送信します。

個人向けにパーソナライズされたリンクを使用して共有されたファイルについては、詳細なトラッキング情報を利用することができます。

  1. このファイルを他のユーザーと共有」アイコン()をクリックします。

    表示または注釈の作成のためにユーザーを招待
  2. 「名前」フィールドと「メッセージ」フィールドは、電子メールの送信時に使用するフィールドと同様で、受信者にも同じように表示されます。必要な情報を入力し、「送信」をクリックします。

    受信者に、ファイルが共有されたことを知らせる電子メールが送信されます。

受信者の手順

受信者に、ファイルが共有されたことを知らせる電子メールが送信されます。この電子メールには、「開く」ボタンと、共有された文書へのリンクが含まれています。リンクまたはボタンをクリックすると、ブラウザーに文書が表示されます。受信者は必要に応じて文書をダウンロードすることもできます。

 受信者が受け取る電子メール通知の例を以下に示します。

電子メールで受信したリンク
共有文書へのリンクが記載された電子メール通知

共有ファイルのトラック

最近共有したファイルは、ホーム 最近使用したファイルに表示されます。受信者がファイルを表示すると、Acrobat および電子メールに通知が送信されます。表示用に共有されたすべてのファイルを表示およびトラックするには、以下の手順を実行します。

  1. ホーム」をクリックします。「共有」セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • 表示またはレビュー用に自分が共有したファイルを表示するには、「自分が共有」をクリックします。
    • 表示またはレビュー用に受信したファイルを表示するには、「他のユーザーが共有」をクリックします。

    表示用に共有されたすべてのファイルが、以下の情報と共に表示されます。

    • 名前:表示用に共有された  
    • ステータス:ファイルを表示したユーザーの数。
    • 最新のアクティビティ:表示用に送信または受信したファイルのタイムスタンプ。
    共有ファイルに対する操作
  2. ファイルの詳細を表示するには、ファイルを選択します。ファイルのサムネールが右側のパネルに表示されます。右側のパネルのアクションボードに、ファイルに対して実行できるアクションが表示されます。表示されるアクションは、以下に示すように、自分自身がファイルを共有したか、表示用にファイルを受け取ったかによって異なります。

    注意:

    2020 年 12 月 1 日以降、トラックおよび通知の機能は、共有ファイルのダウンロードには適用されなくなりました。

    ファイルを共有した場合のアクション

    • 共有ファイルに対するアクティビティおよびタイムスタンプを表示できます。アクティビティを展開して、作成者、送信先、閲覧したユーザーなどの詳細を表示できます。
    • 他のユーザーがファイルを表示またはダウンロードできないようにする場合は、ファイルの共有を解除します。
    • 共有リンクをコピーして、他の受信者と表示用に共有します。
    • Adobe Document Cloud からファイルを完全に削除するには、共有ファイルを削除します。
    • ファイルをデバイスにダウンロードします。
    表示用にファイルを共有した場合のアクション
    表示用にファイルを共有した場合のアクション

    ファイルを受信した場合のアクション

    • 受信したファイルのタイムスタンプを表示します。
    • 他の受信者と共有するか、ブラウザーでファイルを開くには、共有リンクをコピーします。
    • ファイルをデバイスにダウンロードします。
    • ファイルを完全に削除するには、Document Cloud からリンクを削除します。
    • 不適切なコンテンツを受信した場合は、違反を報告します。
    表示用にファイルを受信した場合のアクション
    表示用にファイルを受信した場合のアクション