文書の共有

Adobe Reader を使用して、文書を他のユーザーと共有できます。Adobe SendNow を使用してファイルを共有するか、または電子メールでファイルを共有できます。

次のいずれかの操作をおこないます。

  • ファイルSendNow オンラインで共有を選択します。
  • ツールタスクパネルウィンドウをクリックし、「ファイルを送信」を選択します。
  • ファイルファイルを送信を選択します。

画面に表示される指示に従って、ファイルを他の人と共有します。

詳しくは、Acrobat ヘルプの Adobe SendNow オンラインを使用したファイルの共有および電子メールによるファイルの共有を参照してください。

Acrobat.com にファイルを保存

Acrobat.com では、複数のデバイスから PDF やその他の文書を保存したり、アクセスしたりできます。

Acrobat.com にファイルを保存するには、次のいずれかの操作をおこないます。

  • ツールバーの をクリックします。
  • ツールファイルを保存をクリックします。
  • 保存ダイアログボックス(ファイル上書き保存またはファイル名前を付けて保存)の「オンラインアカウントに保存」のリストからアカウントを選択します。

PDF ファイルの注釈およびレビュー

注釈や描画マークアップツールを使用して、PDF ファイルに注釈を付けることができます。すべての注釈や描画マークアップツールを使用できます。レビュー対象の PDF を受け取ったら、注釈ツールやマークアップツールを使用して、その PDF に注釈を付けることができます。

注釈ツール

PDF ファイルをレビューしながら、様々な注釈ツールを使用して注釈を追加できます。例えば、ノート注釈を追加、テキストをハイライト表示、テキスト注釈を追加、取り消し線などのツールを使用できます。

注釈パネル
注釈パネル

A. ノート注釈を追加 B. テキストをハイライト表示 C. テキスト注釈を追加 D. ファイルを添付 E. 音声ファイルを添付 F. スタンプを追加ツールとメニュー G. カーソル位置にテキストを挿入 H. テキストを置換 I. 取り消し線 J. 下線 K. テキストにノートを追加 L. テキスト修正マークアップ 

例:テキストをハイライト表示ツールの使用

  1. ワークスペースの右上隅で、注釈注釈を選択します。

  2. テキストをハイライト表示ツール()を選択します。

  3. ポインターをドラッグして、文書内でハイライト表示するテキストを選択します。

  4. ハイライト表示したテキストに対してノートを追加するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • ハイライト表示されたテキストをダブルクリックします。
    • ハイライト表示されたテキストを右クリックして、コンテキストメニューでポップアップノートを開くを選択します。
    「ポップアップノートを開く」オプションを選択してハイライト表示されたテキストに注釈を追加

  5. ポップアップノートの内容を入力します。

描画マークアップツール

PDF ファイルをレビューしながら、様々な描画マークアップツールを使用して注釈を追加できます。例えば、テキストボックスを追加長方形を描画フリーハンドの線を描画などのツールを使用できます。

描画マークアップパネル
描画マークアップパネル

A. テキストボックスを追加 B. 引き出し線付きテキストボックスを追加 C. 線を描画 D. 矢印を描画 E. 楕円形を描画 F. 長方形を描画 G. 雲型を描画 H. 多角形を描画 I. 折れ線を描画 J. フリーハンドの線を描画 K. フリーハンドの線を消去 

描画マークアップツールの使用

  1. ワークスペースの右上隅で、注釈描画マークアップを選択します。

  2. 使用するツールを選択します。

  3. カーソルをドラッグして、文書内でシェイプを描画します。

  4. シェイプに対してノートを追加するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • 描画したシェイプをダブルクリックします。
    • シェイプを右クリックして、コンテキストメニューでポップアップノートを開くを選択します。

注釈および描画マークアップツールのプロパティのカスタマイズ

注釈および描画マークアップツールのプロパティを調整できます。例えば、テキストをハイライト表示ツールの色と不透明度を変更できます。

注意:以下の手順は、テキストをハイライト表示ツールのプロパティのカスタマイズ方法を示しています。Reader の他のツールでも同様の手順でプロパティをカスタマイズできます。

  1. 注釈を右クリックして、コンテキストメニューでプロパティを選択します。

  2. プロパティダイアログボックスの「表示方法」タブで、注釈のプロパティを指定します。

    注意:カスタマイズしたプロパティを描画マークアップツールのデフォルトのプロパティにするには、「プロパティをデフォルトとして使用」オプションを選択します。

  3. OK」をクリックします。

注釈への返信、または返信の削除

  • 注釈を右クリックし、コンテキストメニューの「返信」を選択します。

  • 後になって返信を削除する場合は、右クリックして「削除」をクリックします。

詳しくは、Acrobat ヘルプの注釈への返信を参照してください。

PDF の承認または却下

PDF の承認を求められた場合は、手順が記載された電子メールメッセージを受け取ります。PDF の上部にあるスタンプパレットおよび文書メッセージバーのオプションを使用して、文書を承認または却下できます。

詳しくは、Acrobat ヘルプの承認プロセスへの参加を参照してください。

注意:

承認プロセスを開始することができるのは、Acrobat のマルチバイトバージョンを使用するユーザーのみです。ただし、あらゆる言語バージョンの Reader のユーザーが PDF を承認または却下します。

レビューのトラック(Reader アプリケーションのみ、ブラウザーでは不可)

文書のレビューをトラックしたり、レビューのステータスを表示したりするには、表示トラッカーを選択します。トラッカーには、レビューの参加者の名前や、それぞれの人が公開している注釈の数が表示されます。

  • トラッカーの左側には、管理機能付きのレビューのすべての PDF 文書が表示されます。

  • 右側には、PDF の送信日時と依頼されたレビュー担当者が一覧表示されます。共有 PDF へのリンクの他に、期限(設定されている場合)、レビュー担当者ごとの送信済み注釈数など、追加の情報が提供されます。トラッカーで PDF ファイルへのリンクを削除しても、PDF ファイルそのものが削除されるわけではありません。

  • 最新の更新」には、レビューに対する最新の変更内容がまとめられています。

詳しくは、Acrobat ヘルプのレビューした PDF のトラックを参照してください。

予期しないシャットダウンからの回復(Reader アプリケーションのみ、ブラウザーでは不可))

自動保存の機能により、予期しない中断の後に変更内容が失われるのを防ぐことができます。

  1. 予期しないシャットダウンが起きる前に作業していたファイルを開きます。

  2. メッセージが表示されたら「はい」をクリックして、自動的に保存されたファイルを開きます。

  3. 作業していた元のファイルと同じ名前でファイルを保存します。

自動保存が無効になっている場合は、環境設定ダイアログボックスでその機能を再開します。

  1. 文書を右クリックし、コンテキストメニューの「ページ表示の環境設定」を選択します。

  2. 左側で「文書」を選択し、「文書の変更を一時ファイルに自動保存する間隔」をオンにします。

  3. 」ボックスに、ファイルを保存する間隔を指定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー