この文書は、最新の RoboHelp アップデート 11.0.3 で解決された次の問題について説明しています。

  1. フレームセットを作成すると、幅と高さの単位がパーセントに設定された場合、RoboHelp プロジェクトで結果として得られるフレームセットがピクセル単位で作成されます。

    ( 参照番号 3790782)

  2. 次の表のレイアウトがトピックで使用される場合、表が RoboHelp レイアウトで表示されるため出力表が表示されません。

    • AlternateGreenRowsIstRowCol
    • AlternateGreyRowsBlueIstRowColumn

    ( 参照番号 3800092)

  3. HTML5 エディターを使用して JavaScript の変数の文字列値を制御する場合、値が引用なしで書き込まれます。

    ( 参照番号 3800115)

  4. プロジェクトマネージャーの RoboHelp URL ノードから URL を表示できません。

    ( 参照番号 3800159)

  5. UserString を含む FrameMaker ドキュメントを RoboHelp に読み込むと

    RoboHelp がクラッシュします。

    ( 参照番号 3800164)

  6. 出力で、FrameMaker ドキュメントで定義された文字スタイルが、CSS インラインスタイル属性で CSS クラス属性と同様に定義されます。 その後インラインスタイル属性がクラス属性をオーバーライドします。

    ( 参照番号 3800165)

  7. オンラインヘルプで、表内で後にスペースが挿入されている単語の検索に成功すると、表の配置が崩れます。

    ( 参照番号 3800166)

  8. Internet Explorer11 では、トピックプレビューのポップアップが表示されません。

    ( 参照番号 3803207)

  9. Responsive HTML5 出力を Firefox で表示する場合、目次の項目をクリックすると正しくない場所に移動します。

    ( 参照番号 3800102)

  10. カスタマイズされた Responsive HTML5 出力を表示すると、JavaScript の例外 showHideButton being undefined が発生します。

    ( 参照番号 3800111)

  11. 目次で新しいトピックが選択されると、Theme2_Government テンプレートのテキストを表示リンクが点滅します。

    ( 参照番号 3800112)

  12. 大量の画像やマルチメディアを含む FrameMaker ドキュメントを RoboHelp に読み込むと、パフォーマンスに問題が発生します。

    ( 参照番号 3800147)

  13. 目次の外部リンクを使用して、Responsive HTML5 出力で新しいウィンドウやタブを開くことができません。

    ( 参照番号 3804701)

  14. RoboHelp、Captivate、FrameMaker には、互換操作機能を使用するために、別途 Technical Communication Suite が必要ありません。

    ( 参照番号 3800094)

  15. スケーラブルな Captivate HTML5 および .swf 出力が Responsive HTML5 出力でリフローしません。

    ( 参照番号 3800105)

  16. 複数の RoboHelp プロジェクトを使用して 1 つに結合した出力を作成すると、「ホーム」ボタンを押してもブラウザーが結合されたホームページに戻りません。 ブラウザーは現在のプロジェクトのホームページに戻ります。

    ( 参照番号 3800120)

  17. Responsive HTML5 出力は iFrame を使用するようになり、パフォーマンスとユーザーエクスペリエンスが向上しました。

    ( 参照番号 3800141)

  18. FrameMaker ドキュメントにドキュメントの参照ページで定義された画像が含まれる場合、これらの画像が出力で表示されます。

    ( 参照番号 3800160)

  19. ドキュメントに .image ファイルが含まれる場合、発行出力ワークフローで FrameMaker がクラッシュします。

    ( 参照番号 3800167)

  20. プロジェクトのトピックが目次に含まれていない場合は、トピックは eBook 出力の最後に表示され、プロジェクトで配置された順番で表示されません。

    ( 参照番号 3800170)

  21. 既存の CSS を HTML エディターで開いているときに新しい CSSRoboHelp がクラッシュします。

    ( 参照番号 3800174)

  22. 新しい目次を設定した後に古い目次、索引、用語集を削除すると、索引または用語集を使用すると RoboHelp がクラッシュします。

    ( 参照番号 3801872)

  23. 「用語集の再書式付きの出力ジェネレーター/ポップアップ」オプションを使用すると、一部の用語集エントリーが生成された Webhelp のポップアップに変換されず、引き続きデフォルトの拡張テキスト形式で表示されます。

    ( 参照番号 3809621)

  24. コマンド行から RoboHelp を実行すると、Responsive HTML5 出力を生成できません。

    ( 参照番号 3816170)

  25. Responsive レイアウトデータが %appdata% フォルダーに保存されます。 この場合、レイアウトを更新するたびにこのフォルダーを削除する必要があります。

    ( 参照番号 3767844)

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー