ここでは、RoboHelp で SharePoint にプロジェクトを追加する方法と、SharePoint からプロジェクトをダウンロードする方法について説明します。

SharePoint Online に接続するための前提条件

エンタープライズファイアウォールが設定されている場合、以下の URL をホワイトリストに登録します。

SharePoint Online 接続プロファイルの作成

  1. RoboHelp で、「共同作業/新規接続」を選択します。

  2. 接続プロファイルダイアログボックスで、接続プロファイルの名前を指定します。

  3. バージョンコントロール」ドロップダウンリストで、「SharePoint Online」を選択します。

  4. SharePoint サイトの URL」フィールドで、SharePoint サイトの URL を指定します。以下に例を示します。

    • <tenant>.sharepoint.com
    • <tenant-my>.sharepoint.com
    • SharePoint サイトが大きいサイトのサブサイトである場合は、URL は次のような可能性があります。<tenant>.sharepoint.com/sites/<subsite>
  5. ログイン」をクリックします。

    Microsoft のサインインウィンドウが表示されます。

  6. サインインウィンドウに資格情報を入力して、要求されているアクセス権限を承諾します。

    SharePoint のアクセス権限

    ログインすると、ユーザー名と ID が接続プロファイルダイアログボックスに表示されます。Microsoft のサインインウィンドウに入力された資格情報を使用して、指定した SharePoint サイト URL を検索します。 「保存」ボタンは、検索が成功して、ユーザーアカウントにサイトにアクセスできる十分な権限がある場合にのみ有効になります。指定した SharePoint サイトの URL が見つからない場合は、エラーメッセージが表示されます。

  7. 保存」をクリックして、プロファイルを保存します。

SharePoint Online からプロジェクトをダウンロードする

  1. RoboHelp で「共同作業/接続を開く」を選択して、SharePoint Online 接続プロファイルを選択します。

  2. RoboHelp プロジェクトファイルを参照して選択し、「選択」をクリックします。

  3. リポジトリーの詳細ダイアログボックスで、プロジェクトのダウンロード先となる「ローカルパス」を指定して、「開く」をクリックします。 プロジェクトがダウンロードされ、RoboHelp に表示されます。

    注意:

    これらの手順を使用して RoboHelp プロジェクトを最初に起動するとき、接続情報は継続して使用するためにプロジェクトに保存されます。次からは「プロジェクトを開く」に記載されたいずれかの方法でプロジェクトを直接開くことができます。 

バージョン管理されたファイルの操作

  1. デフォルトでは、ファイルは読み取り専用としてダウンロードされます。ファイルを書き込み可能にするには、コンテンツパネルで目的のファイルを右クリックして、「チェックアウト」を選択します。ファイルがチェックアウトされたときに、ファイルのステータスは  のように表示されます。

    注意:

    読み取り専用ファイルに変更を保存しようとすると、最初にチェックアウトをするようプロンプトが表示されます。変更を保存できるようにするには、プロンプトを承諾します。 

    アプリケーション設定ダイアログボックス/バージョンコントロール」タブで、「保存時にファイルを自動的にチェックアウトする」を選択すると、ファイルは保存時に自動的にチェックアウトされます。 この場合、チェックアウトプロンプトは表示されません。アプリケーション設定ダイアログボックスを起動するには、「編集/環境設定」を選択します。

  2. 変更内容を SharePoint Online にチェックインするには、「共同作業/チェックイン」を選択します。 チェックインダイアログボックスが表示されます。

    注意:

    プロジェクトを閉じるとき常にチェックインダイアログボックスを自動的に起動するには、アプリケーション設定ダイアログボックス/「バージョンコントロール」タブで、「プロジェクトが閉じられたときにファイルをチェックインする」フィールドを選択します。  

  3. チェックインダイアログボックスで、チェックアウトしたファイル、新しく追加したファイル、削除したファイルのリストからチェックインするファイルを選択します。

  4. オプションでチェックインの説明を指定することもできます。 

  5. チェックイン」をクリックします。

    チェックインが正常に完了すると、成功メッセージが表示されます。ファイルのバージョンは、SharePoint Online の最新バージョンになります。 

  6. チェックインとチェックアウトの操作を実行するたびに、SharePoint Online のファイルのステータスは自動的に更新されます。最新のステータスを手動で取り込むには、「共同作業/ステータスを更新」を選択します。

    注意:

    SharePoint サイトのドライブに多くのファイルが含まれている場合は、更新操作に時間がかかる可能性があります。遅延が発生しないようにするには、使用されていないファイルを定期的に SharePoint サイトから削除してください。

  7. ローカルファイルを SharePoint Online の最新バージョンと同期するには、「共同作業/最新バージョンを取得」を選択します。 

SharePoint Online にプロジェクトを追加する

  1. SharePoint Online に、現在のプロジェクトを追加するフォルダーを作成します。

  2. RoboHelp で「共同作業/プロジェクトを追加」を選択して、SharePoint Online 接続プロファイルを選択します。

  3. ファイルブラウザーで、手順 1 で作成したフォルダーを選択します。チェックインダイアログボックスが表示されます。

  4. バージョン管理されたファイルの操作」を参照して、必要なファイルを確認してください。

SharePoint ログインを更新する

RoboHelp と SharePoint Online 間のネットワーク通信中にログインが期限切れになると、Microsoft のサインインウィンドウが起動します。 ネットワーク通信が正常に行われるようにするには、もう一度サインインして、ログインセッションを更新してください。毎回資格情報を入力する必要はありません。ユーザー ID を選択することによっても、セッションが更新されます。

SharePoint Online 接続を削除する

  1. 現在の RoboHelp プロジェクトから SharePoint Online プロジェクト接続を削除するには、「共同作業/接続を削除」を選択します。

    警告:

    接続を削除する前に、すべての変更をチェックインしてください。

  2. 確認ダイアログボックスで、「OK」をクリックして接続を削除します。

    接続が削除されるとプロジェクトが再度開き、共同作業メニューで、「プロジェクトを追加」オプションが使用可能になります。 プロジェクトをもう一度追加するには、「SharePoint Online にプロジェクトを追加する」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー