Adobe セキュリティ情報

Adobe Application Manager に関するセキュリティアップデート公開 | APSB19-45

情報 ID

公開日

優先度

APSB19-45

2019 年 9 月 10 日

3

要約

Windows 版 Adobe Application Manager インストーラーを対象としたセキュリティアップデートが公開されました。 このアップデートでは、インストーラーにおける Arbitrary Code Execution につながる恐れのあるライブラリの読み込みの脆弱性が解決されます。 

対象の製品バージョン

製品名

バージョン

プラットフォーム

Adobe Application Manager (インストーラー) 

10.0

Windows

解決策

アドビは、これらのアップデート版の優先度評価を次のように評価し、対象製品をご利用のお客様に最新バージョンへのアップグレードを推奨します。

製品名

バージョン

プラットフォーム

優先度

入手方法

Adobe Application Manager (インストーラー) 

2019 リリース

Windows

3

注意:この脆弱性は、Adobe Application Manager で使用されるインストーラーのみに影響します。CVE-2019-8076 は既存の Application Manager に影響を与えず、以前のバージョンを実行しているお客様にはアクションはありません。

脆弱性に関する詳細

脆弱性のカテゴリー

脆弱性の影響

深刻度

CVE 番号   

安全でないライブラリの読み込み(DLL ハイジャック) 

任意のコード実行

重要 

CVE-2019-8076

謝辞

この問題を指摘し、ユーザーの保護にご協力いただいた Hamdi Maamri 氏(CVE-2019-8076)に対し、アドビより厚く御礼を申し上げます。 

アドビのロゴ

アカウントにログイン