この文書では、フォルダのアクセス権を初期化する方法について説明しています。インストールやライセンス認証などの処理を行う際、特定のフォルダへのアクセスが妨げられることによって、エラーが発生する場合があります。このような場合、フォルダのアクセス権を変更することで問題が改善される可能性があります。

※ この文書では、ごく一般的な設定例として Administrators と SYSTEM にフルコントロールを設定する手順を説明していますが、必要に応じて、設定するユーザー(グループ)とアクセス権を置き換えて手順を行ってください。

 注意 : この操作を行うには、コンピュータに管理者権限のあるユーザアカウントでログインする必要があります。

A. Windows 10

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. 画面左下のスタートボタン(Windows マーク)をクリックし、スタートメニューの中から「エクスプローラー」を選択します。

  3. エクスプローラーが起動したら「表示」タブを選択し、「オプション」をクリックします。

  4. フォルダーオプションダイアログボックスが表示されたら、「表示」タブを選択し、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択します。 

  5. 「共有ウィザードを使用する(推奨)」のチェックをはずします。

  6. 「OK」をクリックします。

  7. アクセス権を初期化するフォルダの上位フォルダを開きます。

    注意:

    例: 「C:\Program Data\FLEXnet」フォルダのアクセス権を初期化する場合は、「C:\Program Data」フォルダを開きます。

  8. 対象フォルダを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

  9. 「属性」セクションで、「読み取り専用」のチェックをはずします。

  10. 「適用」をクリックします。確認のメッセージが表示された場合は、「変更をこのフォルダー、サブフォルダーおよびファイルに適用する」が選択されていることを確認し 「OK」をクリックします。

  11. 「セキュリティ」タブを選択します。

  12. 「Administrators」と「SYSTEM」の両方が表示され、どちらも「フルコントロール」にチェックが入っているか確認します。

    チェックが入っていない場合、以下の操作を行います。

    1. 「グループ名またはユーザー名」セクションで「編集」ボタンをクリックします。
      ※ ユーザーアカウント制御ダイアログボックスが表示されたら「続行」をクリックします。
    2. 「Administrators」と「SYSTEM」の両方で「許可」列の「フルコントロール」にチェックを入れます。「拒否」列にチェックが入っている場合は、チェックをはずしてください。
  13. 「アクセス許可(P) : 」セクションで「詳細設定」ボタンをクリックします。

  14. <フォルダー名>セキュリティの詳細設定ダイアログボックスが表示されたら、所有者の右に表示されている「変更」をクリックします。

  15. ユーザーまたはグループの選択ダイアログボックスが表示されたら、テキストボックスに「Administrators」と入力し、「OK」をクリックします。

  16. 「サブコンテナーとオブジェクトの所有者を置き換える」にチェックを入れます。

  17. 「アクセス許可」タブを選択します。

  18. 「子オブジェクトのアクセス許可エントリすべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可エントリで置き換える」にチェックを入れます。

  19. 「OK」をクリックし、Windows セキュリティの確認メッセージが表示されたら「はい」をクリックします。

  20. 「OK」をクリックし、セキュリティダイアログボックスが表示されたら「OK」をクリックします。

  21. 「OK」をクリックし、開いているすべてのダイアログボックスを閉じます。

  22. アプリケーションを起動します。  

B. Windows 8

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. Windows キーを押しながら R キーを押します。

  3. ファイル名を指定して実行ダイアログボックスが表示されたら、「explorer」と Enter キーを押します。

  4. エクスプローラーが起動したら「表示」タブを選択し、「オプション」をクリックします。

  5. 「表示」タブを選択し、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択します。 

  6. 「共有ウィザードを使用する(推奨)」のチェックをはずします。

  7. 「OK」をクリックします。

  8. アクセス権を初期化するフォルダの上位フォルダを開きます。

    注意:

    例: 「C:\Program Data\FLEXnet」フォルダのアクセス権を初期化する場合は、「C:\Program Data」フォルダを開きます。

  9. 対象フォルダを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

  10. 「属性」セクションで、「読み取り専用」のチェックをはずします。

  11. 「適用」をクリックします。確認のメッセージが表示された場合は、「変更をこのフォルダー、サブフォルダーおよびファイルに適用する」が選択されていることを確認し 「OK」をクリックします。

  12. 「セキュリティ」タブを選択します。

  13. 「Administrators」と「SYSTEM」の両方が表示され、どちらも「フルコントロール」にチェックが入っているか確認します。

    チェックが入っていない場合、以下の操作を行います。

    1. 「グループ名またはユーザー名」セクションで「編集」ボタンをクリックします。
      ※ ユーザーアカウント制御ダイアログボックスが表示されたら「続行」をクリックします。
    2. 「Administrators」と「SYSTEM」の両方で「許可」列の「フルコントロール」にチェックを入れます。「拒否」列にチェックが入っている場合は、チェックをはずしてください。
  14. 「<グループまたはユーザ名> のアクセス許可」セクションで「詳細設定」ボタンをクリックします。

  15. 所有者の右に表示されている「変更」をクリックします。

  16. ユーザーまたはグループの選択ダイアログボックスが表示されたら、テキストボックスに「Administrators」と入力し、「OK」をクリックします。

  17. 「サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える」にチェックを入れます。

  18. 「アクセス許可」タブを選択します。

  19. 「アクセス許可の変更」ボタンをクリックします。

  20. 「子オブジェクトのアクセス許可エントリすべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可エントリで置き換える」にチェックを入れます。

  21. 「OK」をクリックし、Windows セキュリティの確認メッセージが表示されたら「はい」をクリックします。

  22. 「OK」をクリックし、セキュリティダイアログボックスが表示されたら「OK」をクリックします。

  23. 「OK」をクリックし、開いているすべてのダイアログボックスを閉じます。

  24. アプリケーションを起動します。  

C. Windows 7

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [スタート] メニューから [コンピューター] を選択します。
  3. [整理] メニューから [フォルダーと検索のオプション] を選択します。





     
  4. [表示] タブを選択し、[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する] を選択します。 
  5. [共有ウィザードを使用する(推奨)] のチェックをはずします。
  6. [OK] をクリックします。
  7. アクセス権を初期化するフォルダの上位フォルダを開きます。

    例: 「C:\Program Data\FLEXnet」フォルダのアクセス権を初期化する場合は、「C:\Program Data」フォルダを開きます。
  8. 対象フォルダを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  9. [属性] セクションで、[読み取り専用] のチェックをはずします。
  10. [適用] をクリックします。確認のメッセージが表示された場合は、[変更をこのフォルダー、サブフォルダーおよびファイルに適用する] が選択されていることを確認し [OK] をクリックします。





     
  11. [セキュリティ] タブを選択します。
  12. [Administrators] と [SYSTEM] の両方が表示され、どちらも [フルコントロール] にチェックが入っているか確認します。







    チェックが入っていない場合、以下の操作を行います。

    a. [グループ名またはユーザー名] セクションで [編集] ボタンをクリックします。

    ※ [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [続行] をクリックします。

    b. [Administrators] と [SYSTEM] の両方で[許可]列の[フルコントロール] にチェックを入れます。[拒否]列にチェックが入っている場合は、チェックをはずしてください。
  13. [<グループまたはユーザ名> のアクセス許可] セクションで [詳細設定] ボタンをクリックします。
  14. [所有者] タブを選択します。
  15. [編集] ボタンをクリックします。

    ※ [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [続行] をクリックします。
  16. [所有者の変更] セクションで、[Administrators] を選択します。
  17. [サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える] にチェックを入れ、[OK] をクリックします。
  18. Windows セキュリティの確認メッセージが表示されたら [OK] をクリックします。
  19. [アクセス許可] タブを選択します。
  20. [アクセス許可の変更] ボタンをクリックします。

    ※ [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [続行] をクリックします。
  21. [子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可で置き換える] にチェックを入れます。





     
  22. [OK] をクリックし、Windows セキュリティの確認メッセージが表示されたら [はい] をクリックします。
  23. [OK] をクリックし、セキュリティダイアログボックスが表示されたら [OK] をクリックします。
  24. [OK] をクリックし、開いているすべてのダイアログボックスを閉じます。
  25. アプリケーションを起動します。  

D. Windows Vista

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [スタート] メニューから [コンピュータ] を選択します。
  3. [整理] メニューから [フォルダと検索のオプション] を選択します。
  4. [表示] タブを選択し、[すべてのファイルとフォルダを表示する] のチェックを選択します。
  5. [共有ウィザードを使用する(推奨)] のチェックをはずします。
  6. [OK] をクリックします。
  7. アクセス権を初期化するフォルダの上位フォルダを開きます。

    例: 「C:\Program Data\FLEXnet」フォルダのアクセス権を初期化する場合は、「C:\Program Data」フォルダを開きます。
  8. 対象フォルダを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  9. [属性] セクションで、[読み取り専用] のチェックをはずします。
  10. [適用] をクリックします。確認のメッセージが表示された場合は、[変更をこのフォルダ、サブフォルダおよびファイルに適用する] が選択されていることを確認し [OK] をクリックします。
  11. [セキュリティ] タブを選択します。
  12. [Administrators] と [SYSTEM] の両方が表示され、どちらも [フルコントロール] にチェックが入っているか確認します。チェックが入っていない場合、以下の操作を行います。

    a. [グループ名またはユーザー名] セクションで [編集] ボタンをクリックします。

    ※ [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [続行] をクリックします。

    b. [Administrators] と [SYSTEM] の両方で[許可]列の[フルコントロール] にチェックを入れます。[拒否]列にチェックが入っている場合は、チェックをはずしてください。
  13. [<グループまたはユーザ名> のアクセス許可] セクションで [詳細設定] ボタンをクリックします。
  14. [所有者] タブを選択します。
  15. [編集] ボタンをクリックします。

    ※ [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [続行] をクリックします。
  16. [所有者の変更] セクションで、[Administrators] を選択します。
  17. [サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える] にチェックを入れ、[OK] をクリックします。
  18. Windows セキュリティの確認メッセージが表示されたら [OK] をクリックします。
  19. [アクセス許可] タブを選択します。
  20. [編集] ボタンをクリックします。

    ※ [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [続行] をクリックします。
  21. [すべての子孫の既存の継承可能なアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可で置き換える] にチェックを入れます。
  22. [OK] をクリックし、Windows セキュリティの確認メッセージが表示されたら [はい] をクリックします。
  23. [OK] をクリックし、セキュリティダイアログボックスが表示されたら [OK] をクリックします。
  24. [OK] をクリックし、開いているすべてのダイアログボックスを閉じます。
  25. アプリケーションを起動します。 

E. Windows XP

 注意 : Windows XP Home を使用している場合は、以下の a. ~ b. の操作を行いコンピュータをセーフモードで起動する必要があります。

  1. コンピュータを再起動し、起動中に F8 キーを押します。

    ※ お使いのコンピュータによっては F8 キー以外で動作する場合があります。詳細についてはコンピュータ付属のマニュアルを参照してください。
  2. [Windows 拡張オプションメニュー] が表示されたら [セーフモード] を選択して Enter キーを押します。
  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [スタート] メニューから [マイコンピュータ] を選択します。
  3. [ツール] メニューから [フォルダオプション] を選択します。
  4. [表示] タブを選択し、[すべてのファイルとフォルダを表示する] のチェックを選択します。
  5. [簡易ファイルの共有を使用する(推奨)] のチェックをはずします。
  6. [OK] をクリックします。
  7. アクセス権を初期化するフォルダの上位フォルダを開きます。

    例: 「C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\FLEXnet」フォルダのアクセス権を初期化する場合は、「C:\Documents and Settings\All Users\Application Data」フォルダを開きます。
  8. 対象フォルダを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  9. [属性] セクションで、[読み取り専用] のチェックをはずします。
  10. [適用] をクリックします。確認のメッセージが表示された場合は、[変更をこのフォルダ、サブフォルダおよびファイルに適用する] が選択されていることを確認し [OK] をクリックします。
  11. [セキュリティ] タブを選択します。
  12. [Administrators] と [SYSTEM] の両方が表示され、どちらも [フルコントロール] にチェックが入っているか確認します。入っていない場合には[Administrators] と [SYSTEM] の両方で[許可]列の[フルコントロール] にチェックを入れます。[拒否]列にチェックが入っている場合は、チェックをはずしてください。
  13. [詳細設定] ボタンをクリックします。
  14. [アクセス許可] タブで、[子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを、ここに表示されているエントリで子オブジェクトに適用するもので置換する] にチェックを入れます。
  15. [所有者] タブを選択します。
  16. [Administrators] を選択します。
  17. [サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える] にチェックを入れます。
  18. [OK] をクリックし、セキュリティの警告メッセージが表示されたら [はい] をクリックします。
  19. [OK] をクリックし、[FLEXnet のプロパティ] ダイアログボックスを閉じます。
  20. アプリケーションを起動します。  

F. Mac OS X 10.6.x/10.5.x

 注意 : 以下の操作を行うには、管理者権限が必要です。また、管理者アカウントのパスワード入力を求められることがあります。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. アクセス権を変更するフォルダを選択し、Finder の [ファイル] メニューから [情報を見る] を選択します。 
  3. [共有とアクセス権] セクションを展開し、鍵のマークのアイコンをクリックします。 
  4. 「"Finder"に変更を許可するには、パスワードを入力してください。」と表示されたらパスワードを入力して [OK] をクリックします。
  5. リストに表示されている以下のユーザおよびグループのアクセス権を [読み/書き] に変更します。

    - <ユーザ名>(自分のアカウント)

    - admin

    - everyone





     
  6. ウインドウ下部の [アクション] ボタンをクリックして、[内包している項目に適用] を選択します。





     
  7. ["<フォルダ名>"の情報] ダイアログボックスを閉じます。

G. Mac OS X 10.4.11

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. アクセス権を初期化するフォルダの上位フォルダを開きます。

    例: 「Macintosh HD/ライブラリ/Preferences/FLEXnet Publisher」フォルダのアクセス権を初期化する場合は、「Macintosh HD/ライブラリ/Preference」フォルダを開きます。
  3. 「FLEXnet」フォルダを選択し、[ファイル] メニューから [情報を見る] を選択します。
  4. [所有権とアクセス権] セクションを展開します。
  5. [権限] ポップアップメニューで [読み/書き] が選択されていない場合は選択します。
  6. [詳細な情報] セクションをクリックして展開します。
  7. [オーナー] 右側の鍵のアイコンをクリックします。
  8. 以下の項目を [読み/書き] に変更します。

    - [オーナー] の一段下にある [アクセス] ポップアップメニュー

    - [グループ] の一段下にある [アクセス] ポップアップメニュー

    - [その他] ポップアップメニュー

     注意 : ポップアップメニューがグレーアウトして操作が行えない場合は、[オーナー] ポップアップメニューから現在ログインしているユーザ名を選択します。
  9. [オーナー] ポップアップメニューから [システム] を選択します。

    ※ 「"Finder"を操作するには、パスワードを入力してください。」と表示されたらパスワードを入力して [OK] をクリックします。
  10. [オーナー] ポップアップメニューから [読み/書き] を選択します。
  11. [内包している項目に適用] ボタンをクリックします。
  12. ["<フォルダ名>"の情報] ダイアログボックスを閉じます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー