この文書では、Charles Proxy(以下、Charles)を利用したパッケット情報の収集方法を説明します。

A. 始める前に

Charles はコンピュータで実行される Web proxy (HTTP Proxy / HTTP Monitor)です。

Charles を通じて Web ブラウザ(または他の Web アプリケーション)からインターネットにアクセスするように設計されており、送受信したデータを全て記録し、表示します。

コンピュータで実行されている作業が目に見えるので、問題を迅速に診断し、解決の手助けとなります。

注意:

注意 : Charles はシェアウェアで、試用版を 30 日間無料で使用できます。

試用版は 30 分のみ使用可能です。30 分経過後に終了するので、必要に応じて Charles を再起動してください。

alert

B. Charles のインストール

  1. 以下の Web サイトにアクセスします。

    URL : http://www.charlesproxy.com/download/

  2. お客様の環境に合わせて、32bit または 64bit 版をダウンロードします。

    「Windows 32bit」または「Windows 64bit」をクリックします。

    1
  3. インストールが完了したら、プログラムをダブルクリックしてインストールを開始します。

    2
  4. 「セキュリティの警告」が表示された場合は、「実行」ボタンをクリックします。

    install_1
  5. セットアップウィザードが表示されたら、「Next」ボタンをクリックします。

    3
  6. 「I accept the terms in the License Agreement」のチェックボックスを選択し、「Next」ボタンをクリックします。

    4
  7. 必要に応じてプログラムのインストール先を設定し、「Next」ボタンをクリックします。

    5
  8. 「Install」ボタンをクリックします。

    6
  9. 「Finish」ボタンをクリックして、インストール完了です。

    7

C. パケットを取得するための設定

C-1. SSL の設定

  1. Charles を起動します。

  2. Proxy/SSL Proxying Settings--- を選択します。

    ssl_1
  3. SSL Proxying Settings ダイアログの「SSL Proxying」タブにある「Add」ボタンをクリックします。

    ssl_2
  4. Edit Location ダイアログで、「Host」、「Port」を入力し「OK」をクリックします。

    不明な場合にはPortに443、Hostに*(アスタリスク)を入力します。

    ssl_3
  5. 「Location」セクションに、ホスト名、ポート番号が入力されていることを確認したら、「OK」をクリックします。

    ssl_4

C-2. 証明書の設定

  1. Charles を起動します。

  2. Help/SSL Proxying/Install Charles Root Certificate を選択します。

    cainstall_1
  3. 証明証ダイアログの「全般」タブにある「証明書のインストール」ボタンをクリックします。

    cainstall_2
  4. 証明書のインポートウィザードが表示されたら、「次へ」ボタンをクリックします。

    cainstall_3
  5. ラジオボタンの「証明書をすべて次のストアに配置する(P)」をチェックして、「参照」ボタンをクリックします。

    cainstall_4
  6. 証明書ストアの選択ダイアログで、「信頼されたルート証明機関」を選択し、「OK」をクリックします。

    cainstall_5
  7. 証明書のインポートウィザードで、「次へ」ボタンをクリックします。

    cainstall_6
  8. セキュリティ警告が表示されたら、内容を確認し「はい」ボタンをクリックします。

    cainstall_7
  9. 証明書のインポートウィザードが表示され、「正しくインポートされました」と表示されたら「OK」をクリックします。

    cainstall_8

D. パケットの取得

  1. Charles を起動します。

    注意:

    「Windows セキュリティの重要な警告」ダイアログが表示された場合は、お客様の環境に合わせて通信の許可をチェックし、「アクセスを許可する」ボタンをクリックします。

    8
  2. Charls を起動すると、自動的にレコードが始まります。

  3. 訪問したサイト/ホストが左側にツリー構造で表示され、データの送信を確認できます。

    9

E. パケット情報の保存

E-1. ファイルの保存方法

  1. Charles を起動します。

  2. File/Export Session--- を選択します。

    export
  3. 「保存」セクションで保存先を設定し、「ファイルのタイプ」セクションでファイルの保存形式を選択します。最後に「保存」ボタンをクリックします。

    save

E-2. ファイルの保存形式

以下のファイル形式で Charles のセッションデータを保存できます。

  • Charles Session File (.chls)
  • Comma Seoarated File (.csv)
    CSV のエクスポートファイルは時間調整(timing)、リクエストサイズ(size of the request)、およびレスポンス(response)の大まかなデータを含んでいます。
  • HTTP Trace File (.trace)
    Charles に特化したプレーンテキストファイルです。シンプルに読み書きができる利点があります。非常にシンプルな構成なので、特にダンプリクエスト(dump request)での使用を想定して設計されています。
  • XML Summary File (.xml)
  • XML Session File (.xml)
    XML ファイルはセッション記録をサードパーティ製のソフトウェアで交換できるように設計されています。XML 形式の DTD はこちらで利用できます。
    http://www.charlesproxy.com/dtd/charles-session-1_0.dtd
  • HTTP Archive (.har)

F. パケット情報の送付方法

以下の方法でパケット情報を送信してください。

  • ファイルサイズが 5MB 以下の場合は、メールに添付してください。
  • ファイルサイズが 5MB 以上の場合は、クラウドストレージ(CC ファイルなど)で共有してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー