Adobe Premiere Pro および Adobe Premiere Elements で自動カラー補正を行う方法について説明します。

A. Premiere Pro の自動カラー補正

Premiere Pro の自動カラー補正では、ミッドトーンを無効にして白黒ピクセルをクリッピングすることで、コントラストと色を調整します。

※ Premiere Pro のカラー補正には、3 ウェイカラー補正、RGB カラー補正、RGB カーブ、クイックカラー補正、チャンネルミキサー、ルミナンス補正、ルミナンスカーブ などといったエフェクトが用意されています。

01
  1. Premiere Pro を起動し、プロジェクトを開きます。
  2. エフェクトパネルが表示されていない場合は、ウィンドウ/エフェクト を選択します。
    03
  3. エフェクトパネルを開き、ビデオエフェクト/色調補正/自動カラー補正 を選択し、タイムラインパネルのクリップにドラッグして適用します。

    02
  4. 自動カラー補正エフェクトの調整は、エフェクトコントロールパネルで行います。調整可能なオプションは以下の通りです。

    ※ エフェクトコントロールパネルが表示されていない場合は、ウィンドウ/エフェクトコントロール を選択します。

    • 時間軸方向のスムージング
      指定されたスムージングの値にしたがって適用する補正量を決定します。例えば、時間軸方向のスムージングを 1 秒に設定すると、表示されているフレームの 1 秒前のフレームを分析して補正量を決定します。時間軸方向のスムージングを設定することによって、時間の経過に対してスムーズに表示されるように補正が行われます。
    • シーン検出 : 
      時間軸方向のスムージングが適用されている場合、シーンの変更を無視する設定を適用します。
    • シャドウのクリップ/ハイライトのクリップ :
      画像のシャドウやハイライトを、暗さの極値 (レベル 0) や明るさの極値 (レベル 255) にクリップする値を指定します。指定された値が大きいほど、画像のコントラストが高くなります。
    • ミッドトーンのスナップ :
      画像内の中間色を識別することにより、ガンマ値を調整して色合いを中間色に近づけます。
    • 元の画像とブレンド :
      適用されるエフェクトの量をパーセント値で指定します。
    04

B. Premiere Elements の自動カラー補正

Premiere Elements の自動カラー補正では、ミッドトーンを無効にして白黒ピクセルの範囲を制限することで、クリップのコントラストとカラーを調整します。

  1. Premiere Elements を起動し、プロジェクトを開きます。
  2. タイムラインでカラー補正を適用するクリップを選択します。

    05
  3. 画面右上の「調整」をクリックして調整パネルを表示します。

    06
  4. 調整パネルの中から「カラー」を選択します。

    07
  5. 「自動カラー補正」ボタンをクリックします。

    08
  6. カラーの調整を行うには、「その他」をクリックし、各値を調整します。

    09
  7. 自動カラー補正が適用されます。

    10

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー