SDK を用いて開発したアプリケーションを配布する際のライセンス契約や費用について

弊社の SDK を用いて開発されたカスタムアプリケーションを配布する (実行環境に必要なファイルの再配布も含みます) 場合、弊社に帰属するライセンスは発生いたしません。また、そのカスタムアプリケーションのエンドユーザが、弊社の SDK の使用料を支払う必要はありません。

ただし、以下の点にご注意ください。

・配布可能なのは、SDK を利用して開発されたアプリケーションプログラムです。弊社の SDK そのもの(ヘッダファイル、技術文書、サンプルプロジェクトなどの一式)を再配布することはできません。

・通常、SDK には製品そのものの機能は含まれません。例えば、Acrobat SDK は、製品版 Acrobat (Acrobat 本体、Acrobat Distiller) の機能を含むものではありません。よって、SDK を用いて開発したアプリケーションを実行するためには、エンドユーザの実行環境に、対応する製品 (Acrobat, InDesign, Photoshop など) をインストールする必要があります。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン