Adobe Acrobat および Acrobat Reader で PDF 文書を自動的にスクロールする方法について説明します。

A. 自動スクロールとは

自動スクロール機能とは、PDF 文書の表示ページを一定の速度で下方向もしくは上方向に送る機能です。

自動スクロール機能を使用すると、キーストロークやマウス操作を使用せずにページ間をスクロールできるため、長い PDF や折り返し表示された文書を簡単に読み進めることができます。

B. 自動スクロール機能を有効にする

自動スクロール機能を有効にするには、表示/ページ表示/自動スクロール を選択します。最後のページが表示されるまで自動的にスクロールされていきます。

スクロールを停止するには、同様にメニューから選択してチェックを外すか、Esc キーを押します。

C. 自動スクロールの制御

自動スクロールは、キーボード操作でコントロールすることができます。

  • 速度の変更
    数字キーか、上下の矢印キーを使用して、スクロールの速度変更を行うことができます。進行方向の矢印キーを押すとスクロールが速くなります。数字キーの場合は、9 が最も速く、0 が最も遅くなります。
  • スクロール方向
    ハイフンまたはマイナス記号キーで、スクロール方向を逆にすることができます。
  • ページ間の移動
    左右の矢印キーで、次のページや前のページにジャンプすることができます。右の矢印キーを押すと次のページに移動し、左の矢印キーを押すと、前のページに移動します。
  • スクロールの開始/停止
    自動スクロールの開始と停止は、表示/ページ表示/自動スクロール で切り替えることができます。キーボードからは、Esc キーを押すことで自動スクロールを停止することができます。ショートカットキーの Shift + Ctrl + H (Windows) / ↑ + Command + H(Macintosh) でも開始/停止を行うことができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー