PDF 文書内のオブジェクトなどを測定する方法 (Acrobat)

この文書では Adobe Acrobat で、ものさしツールを使用してフォームや CAD 図面などにあるオブジェクトの 2 点間の長さ、複数点間の合計の長さ、面積を調べる方法について説明します。

ものさしツール使った測定方法

ものさしツールには、距離ツール、周辺ツール、面積ツールが用意されており、PDF 文書内にあるオブジェクトの間隔や、面積を測定したい場合に役立ちます。各ツールで測定したい箇所をクリックして線分を作成すると、測定値が表示されます。

  1. 測定したいオブジェクトが含まれている PDF を Acrobat で開きます。

  2. 「ツール」から「ものさし」をクリックします。

  3. PDF 文書上に、ものさしツールバーと、各ツールの情報ウィンドウが表示されます。

  4. ものさしツールの「測定タイプ」から用途に合ったツールを選択し、ツールに応じた以下の操作で測定します。

    • 距離ツール
      2 点間の距離を測定します。第 1 の点をクリックし、ポインターを第 2 の点まで移動してもう一度クリックします。
    • 周辺ツール
      複数の点を指定して、それらの距離の合計を測定します。測定したい各点をクリックし、最後の点をダブルクリックします。
    • 面積ツール
      指定した線分に囲まれた領域の面積を測定します。2 つ以上の点を指定してから、最初の点にポインターを重ね、もう一度クリックすると、面積の測定が完了します。
  5. オブジェクトの測定中に、次の操作を行うことができます。

    • ものさしを線端にスナップするには、パスにスナップ を選択します。
    • ものさしを線の終点にスナップするには、終点にスナップ を選択します。
    • ものさしを線の中間点にスナップするには、中間点にスナップ を選択します。
    • ものさしを複数の線の交点にスナップするには、交点にスナップ を選択します。
    • ものさし線を 45 度ずつの角度で移動するには、Shift キーを押したままにします。
    • 測定を中止するには、右クリックし「測定をキャンセル」を選択します。
    • 注釈を削除するには、ものさしツールで注釈をクリックして Delete キーを押します。
  6. 測定が完了すると、測定値が表示されます。

ものさしツールオプション

右クリックしたときに表示されるメニューで、ものさしツールのオプションを設定します。

  • 測定比率を変更
    描画領域の測定比率(3:2 など)と測定単位を変更します。
  • 注釈ラベルを変更
    測定の付随テキストを追加または変更します。
  • ものさし注釈を無効にする / 有効にする
    有効にすると、描画したものさし線が PDF に追加されます。無効にすると、別のオブジェクトを測定するか別のツールを選択したときに、ものさし線が消えます。
  • 直交モードをオンにする / オフにする
    オンにすると、ものさし線は平行投影線のみになります。
  • 定規を表示 / 隠す
    ページにある垂直と水平の定規の表示と非表示を切り替えます(表示/表示切り替え/定規とグリッド/定規を選択したときと同じ効果です)
  • ページコンテンツにスナップ / ページコンテンツにスナップしない
    すべてのスナップ設定のオン / オフを切り替えます。
  • ものさし注釈を Excel に書き出し
    PDF のすべての測定情報を CSV ファイルに保存します。
  • 環境設定
    ものさし(2D)の環境設定ダイアログボックスを開きます。 
アドビのロゴ

アカウントにログイン