説明

この関数で、web サービスオブジェクトを作成できます。

戻り値

web サービスオブジェクト

関数のシンタックス

CreateObject(type, urltowsdl[, portname, wsdl2JavaArgs])

OR

CreateObject(type, urltowsdl, argStruct)

パラメータ

パラメーター

説明

type

作成するオブジェクトタイプです。

  • com
  • corba
  • java
  • component
  • webservice
    type のデフォルト値はcomponentです。

urltowsdl

Web サービスの WSDL ファイルの URL を指定します。次のいずれかです。

  • Web サービスの絶対 URL
  • ColdFusion Administrator でWeb サービスに割り当てられた名前(文字列)

portname

Web サービスのポート名です。この値は、service 要素内の port 要素の name 属性に対応します。大文字と小文字が区別されます。Web サービスに複数のポートが含まれている場合、このパラメータを指定します。ポートを指定しない場合、ColdFusion は WSDL の最初に検出されたポートを使用します。

wsdl2JavaArgs

WSDL2Java ツールに渡す引数のスペース区切りリストを含む文字列です。WSDL2Java ツールは Web サービス用の Java スタブを作成するためのツールです。使用可能な引数は次のとおりです。

  • W または -noWrapped:wrapped document/literal スタイルオペレーションの特別な処理を無効にします。
  • a または-all:参照されないものも含め、WSDL 内の全要素のコードを生成します。
  • w または -wrapArrays:ラップされた XML 配列型に対してストレートな配列を作成するのではなく bean を作成します。このスイッチは Axis のマニュアルには記載されていません。
    有効な引数について詳しくは、『Apache Axis WSDL2Java Reference』を参照してください。

argStruct

Web サービスの設定引数を含む構造体です。詳細については、「使用方法」を参照してください。

NTLM 属性

authType

使用する認証タイプ。NTLM または BASIC を使用できます。

ntlmdomain

ドメインコントローラーのホスト名。注意:ユーザーがドメインに属している場合は、ntlmDomain 属性が必須です。ユーザーがドメインに属していない場合、ntlmDomain 属性はオプションです。

workstation

クライアントマシンのホスト名。

使用方法

この CreateObject 関数を使用して、Web サービスを作成できます。argStruct 構造体には、次の値を任意の組み合わせで格納できます。

名前

デフォルト

説明

password

Administrator で設定されたパスワード(存在する場合)

Web サービスにアクセスするためのパスワードです。Administrator で設定された Web サービス名がwebservice属性で指定されている場合は、Administrator のエントリで指定されたユーザー名ではなく、ここで指定されたユーザー名が使用されます。

port

 

シンタックスパラメーター表のportnameを参照してください。

proxyPassword

存在する場合には、http.proxyPassword システムプロパティ

プロキシサーバー上で使用するユーザーのパスワードです。

proxyPort

存在する場合には、http.proxyPort システムプロパティ

プロキシサーバー上で使用するポートです。

proxyServer

存在する場合には、http.proxyHost システムプロパティ

webservice の URL にアクセスするために必要なプロキシサーバーです。

proxyUser

存在する場合には、http.proxyUser システムプロパティ

プロキシサーバーに送信するユーザー ID です。

refreshWSDL

no

  • yes:WSDL ファイルをリロードし、Web サービスを利用するために必要な生成結果を再生成します。
  • no

saveJava

no

  • yes:Web サービス用の Java スタブを生成する WSDL2Java コンバータによって生成された Java を保存します。このコードは、エラーのデバッグ役立つ可能性があります。
  • no

timeout

0(タイムアウトなし)

Web サービスの WSDL を取得するまでのタイムアウトです(単位:秒)。

username

Administrator で設定されたユーザー名(存在する場合)

Web サービスにアクセスするためのユーザー名です。Administrator で設定された Web サービス名がwebservice属性で指定されている場合は、Administrator のエントリで指定されたユーザー名ではなく、ここで指定されたユーザー名が使用されます。

wsdl2javaArgs

 

シンタックスパラメータ表を参照してください。

<cfscript> 
ws = CreateObject("webservice", 
"http://www.xmethods.net/sd/2001/TemperatureService.wsdl"); 
xlatstring = ws.getTemp(zipcode = "55987"); 
writeoutput("The temperature at 55987 is " & xlatstring); 
</cfscript>

NTLM 属性の使用

<cfscript>
	wsobj = createObject("webservice", "http://localhost/AxisWs/services/Converter?wsdl",{refreshwsdl=true,username="user name",password="password",
						authtype="NTLM",workstation="workstation",ntlmdomain="ntlmdomain",wsversion=2});
</cfscript>

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー