CreateObject: Web サービスオブジェクト

説明

この関数で、web サービスオブジェクトを作成できます。

戻り値

web サービスオブジェクト

関数のシンタックス

CreateObject(type, urltowsdl[, portname, wsdl2JavaArgs])

OR

CreateObject(type, urltowsdl, argStruct)

パラメータ

パラメーター

説明

type

作成するオブジェクトタイプです。

  • com
  • corba
  • java
  • component
  • webservice
    type のデフォルト値は component です。

urltowsdl

Web サービスの WSDL ファイルの URL を指定します。次のいずれかです。

  • Web サービスの絶対 URL
  • ColdFusion Administrator で Web サービスに割り当てられた 名前(文字列)

portname

Web サービスのポート名です。この値は、service 要素内の port 要素の name 属性に対応します。大文字と小文字が区別されます。Web サービスに複数のポートが含まれている場合、このパラメータを指定します。ポートを指定しない場合、ColdFusion は WSDL の最初に検出されたポートを使用します。

wsdl2JavaArgs

WSDL2Java ツールに渡す引数のスペース区切りリストを含む文字列です。WSDL2Java ツールは Web サービス用の Java スタブを作成するためのツールです。使用可能な引数は次のとおりです。

  • W または -noWrapped:wrapped document/literal スタイルオペレーションの特別な処理を無効にします。
  • a または -all:参照されないものも含め、WSDL 内の全要素のコードを生成します。
  • w または -wrapArrays:ラップされた XML 配列型に対してストレートな配列を作成するのではなく bean を作成します。このスイッチは Axis のマニュアルには記載されていません。
    有効な引数について詳しくは、『Apache Axis WSDL2Java Reference』を参照してください。

argStruct

Web サービスの設定引数を含む構造体です。詳細については、「使用方法」を参照してください。

NTLM 属性

authType

使用する認証タイプ。NTLM または BASIC を使用できます。

ntlmdomain

ドメインコントローラーのホスト名。注意:ユーザーがドメインに属している場合は、ntlmDomain 属性が必須です。ユーザーがドメインに属していない場合、ntlmDomain 属性はオプションです。

workstation

クライアントマシンのホスト名。

使用方法

この CreateObject 関数を使用して、Web サービスを作成できます。argStruct 構造体には、次の値を任意の組み合わせで格納できます。

名前

デフォルト

説明

password

Administrator で 設定された パスワード(存在する場合)

Web サービスにアクセスするためのパスワードです。Administrator で設定された Web サービス名が webservice 属性で指定されている場合は、Administrator のエントリで指定されたユーザー名ではなく、ここで指定されたユーザー名が使用されます。

port

 

シンタックスパラメーター表の portname を参照してください。

proxyPassword

存在する場合には、http.proxyPassword システムプロパティ

プロキシサーバー上で使用するユーザーのパスワードです。

proxyPort

存在する場合には、http.proxyPort システムプロパティ

プロキシサーバー上で使用するポートです。

proxyServer

存在する場合には、http.proxyHost システムプロパティ

webservice の URL にアクセスするために必要な プロキシサーバー です。

proxyUser

存在する場合には、http.proxyUser システムプロパティ

プロキシサーバーに送信するユーザー ID です。

refreshWSDL

no

  • yes:WSDL ファイルをリロードし、Web サービスを利用するために必要な生成結果を再生成します。
  • no

saveJava

no

  • yes:Web サービス用の Java スタブを生成する WSDL2Java コンバータによって生成された Java を保存します。このコードは、エラーのデバッグ に 役立つ可能性があります。
  • no

timeout

0(タイムアウトなし)

Web サービスの WSDL を取得するまでのタイムアウトです(単位:秒)。

username

Administrator で 設定された ユーザー名(存在する場合)

Web サービスにアクセスするためのユーザー名です。Administrator で設定された Web サービス名が webservice 属性で指定されている場合は、Administrator のエントリで指定されたユーザー名ではなく、ここで指定されたユーザー名が使用されます。

wsdl2javaArgs

 

シンタックスパラメータ表を参照してください。

<cfscript> 
ws = CreateObject("webservice", 
"http://www.xmethods.net/sd/2001/TemperatureService.wsdl"); 
xlatstring = ws.getTemp(zipcode = "55987"); 
writeoutput("The temperature at 55987 is " & xlatstring); 
</cfscript>

NTLM 属性の使用

<cfscript>
 wsobj = createObject("webservice", "http://localhost/AxisWs/services/Converter?wsdl",{refreshwsdl=true,username="user name",password="password",
      authtype="NTLM",workstation="workstation",ntlmdomain="ntlmdomain",wsversion=2});
</cfscript>
アドビのロゴ

アカウントにログイン