説明

スプレッドシートに自動フィルターを追加する関数です。

戻り値

なし

カテゴリ

Microsoft Office の統合

関数のシンタックス

SpreadSheetAddAutofilter(Spreadsheetobj, autofilter )

履歴

ColdFusion 11:この関数が追加されました。

パラメータ

パラメータ

説明

spreadsheetObj

列の追加先となる Excel スプレッドシートオブジェクトです。

autofilter

シートに適用する必要がある Excel フィルターです。値にスペースまたは無効な文字を含めることはできません。

<cfset colList = "col1,col2,col3,col4,col5,col6,col7,col8,co9,col0">
<cfset rowCount = 100>
<cfset qryObj = QueryNew("#colList#")>
<cfset QueryAddRow(qryObj, #rowCount#)>

<cfloop from="1" to="#rowCount#" index="r">
<cfloop from="1" to="#ListLen(colList)#" index="c">
<cfset QuerySetCell(qryObj, #ListGetAt(colList,c)#, "some random text r#r#c#c#", r)>
</cfloop>
</cfloop>


<cfset xlObj =spreadsheetNew("testsheet", true)>

<cfset spreadsheetAddRows(xlObj, "#qryObj#")>

<cfset SpreadSheetAddAutofilter(xlObj, "E5:J50")>

<cfset spreadsheetwrite(xlObj, "#Expandpath("./")#test_autofilter.xlsx", true)>

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー