説明

ColdFusion スプレッドシートオブジェクトから新しい XLS ファイルに 1 つのシートを書き込みます。

カテゴリ

Microsoft Office の統合

関数のシンタックス

SpreadSheetWrite(SpreadsheetObj, fileName)
SpreadSheetWrite(SpreadsheetObj, fileName [,overwrite])
SpreadSheetWrite(SpreadsheetObj, fileName [, password])
SpreadSheetWrite(SpreadsheetObj, fileName [, password,overwrite])
SpreadSheetWrite(SpreadsheetObj, fileName [, password,overwrite,autosize])

関連項目

SpreadsheetReadSpreadsheetAddRowSpreadsheetAddRowsSpreadsheetDeleteRowSpreadsheetDeleteRows

SpreadsheetFormatRowSpreadsheetFormatRowsSpreadsheetShiftColumns

履歴

ColdFusion 11:autosize 属性が追加されました。

ColdFusion 9:この関数が追加されました。

パラメータ

パラメータ

説明

spreadSheetObj

書き込み対象の Excel スプレッドシートオブジェクトです。

fileName

書き込まれるファイルのパス名です。

overwrite

既存のファイルを上書きするかどうかを指定する boolean 値です。上書きする場合は yes を指定します。

password

アクティブシートを保護するためのパスワードです。パスワードは Excel 97 ~ 2003 のファイル形式のみに適用されます。XML ファイル形式 (Excel 2007) の場合は無視されます。

autosize 必要に応じて列のサイズを自動調整します。拡大する列を表す整数の boolean 値または配列を指定できます。配列を指定する場合は、サイズを調整する必要がある列の番号を含める必要があります。

使用方法

この関数は次のような目的に使用できます。

  • 複数のシートを 1 つのファイルに書き込む。
  • 既存のファイルを更新し、ファイル内のすべてのシートを読み取り、1 つまたは複数のシートを変更し、ファイル全体を再度書き込む。

<cfscript>
spreadsheet = SpreadSheetRead("C:\Files\Report.xls","Annual Report");
SpreadSheetWrite(spreadsheet,"C:\Files\Report.xls","P@ssword","yes");
</cfscript>

例 2

<cfscript>
spObj = spreadsheetread("#dirname#SingleSheet.xls","Sheet2");
spreadsheetCreateSheet(spObj,"A");
spreadsheetaddrow(spObj,"x,x,x,x,x",3,1);
spreadsheetsetActiveSheet(spObj,"A");
spreadsheetaddrow(spObj,"z,z,z,z,z",3,1);
spreadsheetsetActiveSheetNumber(spObj,1);
spreadsheetaddrow(spObj,"a,b,c,d,e",3,1);
SpreadsheetWrite(spObj,"#dirname#SingleSheet1.xls","yes");
</cfscript>

例 3

<!--- Using the autosize param.
SpreadSheetWrite method

usage:
SpreadSheetWrite(SpreadsheetObj, filename, password, overwrite, autosize)
--->

<cfset colList ="col1,col2,col3,col4,col5,col6,col7,col8,co9,col0">
<cfset rowCount = 100>
<cfset qryObj = QueryNew("#colList#")>
<cfset QueryAddRow(qryObj, #rowCount#)>
<cfloop from="1" to="#rowCount#" index="r">
<cfloop from="1" to="#ListLen(colList)#" index="c">
<cfset QuerySetCell(qryObj, #ListGetAt(colList,c)#, "some random text r#r# c#c#", r)>
</cfloop>
</cfloop>

<cfset xlObj = spreadsheetNew("testsheet", true)>

<cfset spreadsheetAddRows(xlObj, "#qryObj#")>

<cfset spreadsheetwrite(xlObj, "#Expandpath("./")#test_autosize_ss_method.xlsx", "", true, false)>

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー