説明

構造体のすべてのエントリを反復処理し、クロージャを呼び出して構造体のキー値のペアを処理します。この関数は、構造体を単一の値に減らし、その値を返します。

戻り値

any

シンタックス

StructReduce(struct, function(result, key, value [,struct]), initialVal)

履歴

ColdFusion 11: この関数が追加されました。

属性

属性

必須 / オプション

デフォルト

説明

struct 必須   入力構造体。
function 必須  

反復処理ごとに呼び出されるクロージャまたは関数の参照。コールバックに渡される引数は次のとおりです。

  • result:前の反復処理後の減らす操作の結果
  • key:現在の反復処理のキー
  • value:現在の反復処理の値
  • struct:元の構造体の参照
initialVal オプション   減らす操作に使用される初期値。型は any です。

<cfscript>


person = {fname="John", lname="Doe"};


ucaseStruct = structMap(person, function(key, value)
{
return ucase(value);
});


writeDump(ucaseStruct);

concatValues = structReduce(person, function(result, key, value)
{
result = result?:"";
result&= value & " ";
return result;
});


writeDump(concatValues);

</cfscript>

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー