注意:このタグの属性は attributeCollection 属性で指定でき、その値は構造体になります。attributeCollection 属性で構造体の名前を指定し、タグの属性名を構造体のキーとして使用します。

説明

ページ内で使用できるバイナリオブジェクトのパラメータに、サーバー上の実行可能ファイルやイメージファイルなどのバイナリファイルを読み込みます。このファイルを HTTP や SMTP などの Web プロトコルを介して送信するか、データベースに保管するには、ToBase64 関数を使用してファイルをまず Base64 に変換してください。

注意:このアクションによって、ファイルがローカル Variables スコープ内の変数に読み込まれます。サーバーがダウンするおそれがあるため、ログなどの大きなファイルには使用しないでください。

シンタックス

<cffile
action = "readBinary"
file = "full pathname"
variable = "variable name">

関連項目

cfdirectory

属性

属性

必須/オプション

デフォルト

説明

action

必須

 

このタグが実行するファイル操作のタイプです。

file

必須

 

読み取るバイナリファイルのパス名です。絶対パス(ドライブ文字とコロン、あるいはスラッシュまたは円記号から始まるパス)を指定しない場合は、GetTempDirectory 関数から返される ColdFusion テンポラリディレクトリを基準とする相対パスを指定します。

variable

必須

 

バイナリファイルの内容が入る変数の名前です。

使用方法

バイナリファイルを Base64 に変換して、それを別のサイトに転送します。ColdFusion では、イメージファイルをバイナリとして読み込み、その結果を cfimage に渡すことができます。例:

<!--- Convert a JPG image to a binary object. --->
<cffile action="readBinary" file="maxwell05.jpg" variable="binaryObject">
<!--- Create a cfimage from the binary object variable. --->
<cfset myImage=ImageNew(binaryObject)>

次の例では、バイナリファイル somewhere.jpg を読み込み、それを somewhereB.jpg として別のフォルダに書き込み、次にその新規ファイルを表示します。

<cffile action = "readBinary" file = "C:\inetpub\wwwroot\cfdocs\getting_started\photos\somewhere.jpg" variable = "aBinaryObj">

<!--- Output binary object to JPEG format for viewing. --->
<cffile action="write" file = "c:\files\updates\somewhereB.jpg"
output = "#toBinary(aBinaryObj)#">

<!--- HTML to view image. --->
<img src="C:\files\updates\somewhereB.jpg">

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー